妊娠中は特に口腔ケアを。歯周病は早産や低出生体重児のリスクが高まる可能性! – みやび鍼灸院 妊娠中は特に口腔ケアを。歯周病は早産や低出生体重児のリスクが高まる可能性! – みやび鍼灸院

Blog

ブログ

妊娠中は特に口腔ケアを。歯周病は早産や低出生体重児のリスクが高まる可能性!

妊娠中は特に口腔ケアを。歯周病は早産や低出生体重児のリスクが高まる可能性!

妊活前検査3

口腔ケア

虫歯になって歯が痛まないと歯医者さんに行く事って少ないですよね。どうしても虫歯を治療する時の痛いイメージがあって出来れば行きたくないですよね。妊娠すると虫歯の治療が出来ないと思っている方は多いと思いますが安定期に入れば治療は出来るようです。その時麻酔やレントゲンの影響が気になると思いますが虫歯の治療の為の麻酔は量も微量な為、影響を与える事はないそうです。

レントゲンも歯は子宮から離れている為、防御エプロンを着用すれば大丈夫だそうです。歯科医さんに妊娠の旨お伝えしましょう。

それでも気になる方は歯科医に通い経過観察しながら出産後治療をするのも1つの方法となります。

妊婦さんにとって大切なのは歯周病を防ぐということなのです。

妊娠している女性が歯周病にかかると早産及び、低出生体重児のリスクが高くなると言われています。早産兆候があった妊婦の約半数に羊水から細菌が検出され、その30%が歯周病菌だったそうです。

歯周病が早産とどのような因果関係があるのかまだ解明はされていないようですが細菌による慢性炎症によりサイトカインや白血球が活性化し,プロスタグランジン等の炎症物質が多く放出されることにより陣痛が促進されるのが原因ではないがといわれているそうです。

妊娠前に虫歯が無かった方もつわり中は歯を磨くと気持ちが悪くなったり、嘔吐により口の中が酸性になったり、まとまった食事がとれずちょこちょこ食べになったりして口腔衛生が乱れがちです。

安定期に入ったら1度口腔検診を受けられる事をお勧めします。

一般の方も一昔前は半年に1度は歯石をとった方がいいと言われておりましたが現在は3ヶ月に1度の歯石のケアが推奨されています。

妊活中からしっかり口腔ケアをすることはとても大切です。

産後歯がボロボロになったという話を聞いた事がある方もいると思いますが妊娠時のカルシウム不足の為に歯からカルシウムを吸収する事はないそうですので妊娠時の口腔ケア不足による歯周病が原因であると言われています。

歯周病ケアをしっかりして80歳になっても自分の歯でご飯を食べられるように頑張りましょう!

厚生労働省からのお知らせ

口腔ケア みやび鍼灸院

妊活前検査1・風疹

妊活前検査2・麻疹

妊活前検査3・口腔ケア

妊活前検査4・がん検診

Contact お問い合わせ

facebook Instagram Line Twitter

※施術中は電話を受け取ることができないことがありますので、電話がつながらないときは
留守番電話にお名前とメッセージをお願いいたします。折り返しご連絡いたします。

みやび鍼灸院では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を徹底しております。

  • *予防

    • 当院のスタッフはワクチン3回接種済みです。
    • スタッフの体調管理も毎朝行っています。
    • 患者さんには来院の際に検温を行なっております。
    • 個室のため、密にならないようになっております。
  • *清潔

    • シーツ・鍼・灸は使い捨てです。
  • *消毒

    • 来院の際に患者さんに手洗いと消毒のお願いをしております。
    • 受付や、施術ルームにも消毒液が完備してあります。
    • 良く触れるところには除菌スプレーにて除菌・消毒しています。
    • 施術器具も使い捨ての物以外は消毒を徹底しております。
  • *換気

    • 当院は保健所に認可されている鍼灸院です。
    • 認可をうける際換気の項目もあり、 換気扇も2か所ある通気の良い鍼灸院です。