不妊鍼灸施術、産後のケア、更年期障害なら女性専門 みやび鍼灸院|東京都新宿区

【女性専門】【完全予約制】の鍼灸施術院です。当日予約もOK!新宿駅西口から徒歩8分と駅近で、お気軽に通っていただけます。

ホームみやび鍼灸院ブログ ≫ 妊活情報 ≫

みやび鍼灸院ブログ

不妊治療と漢方

腎虚と不妊

漢方に限らず、東洋医学からみた不妊治療で大切なことは気をたかめることです。

気は、生まれながらにもつ先天の気・すなわち腎と、後天の気・食べ物や胃腸の力を指します。

気は先天の気と後天の気の二つに分けられます。

先天の気

先天の気とはもって生まれた気のことです。生命力の源で、腎気といいます。

腎は腎臓のことだけでなく、内腎・副腎・外腎のことを指します。

内腎・副腎は今日でいう、腎臓・副腎のことをいいます。

外腎は泌尿生殖器をさします。つまり、膀胱のほか、女性では子宮・卵巣、男性では睾丸などを指します。

「腎は生殖をつかさどる」といわれ、「腎の陰陽の充実は妊娠の基礎である」ともいわれます。

この、腎の機能が低下することを腎虚(じんきょ)といいます。

つあり、腎虚は不妊でいうならば、性機能が弱っている状態で、女性手は卵巣機能不全や、黄体機能不全、着床障害をもたらし、男性では精子減少症や精力減退などを意味します。

後天の気

後天の気は胃腸から吸収される栄養をもとに動くエネルギーです。

腎と胃の力が元気の源になります。

胃腸が弱い人は栄養を吸収することができず、卵巣や子宮に栄養が回りません。

 

漢方と不妊

漢方薬 といえば、副作用がなくて安全なイメージがあり、妊活中や不妊でお悩みの方も取りいれている方も多くいらっしゃると思います。

しかし、取り入れ方を間違えてしまえば逆効果になることもあります。

一部ですが、妊活によく使われる漢方について書き留めてみます。

 

いきなりですが、問題です。

Q、妊活中、タイミング後から服用を中止しなければならない漢方薬はどれでしょう??

 

1、 温経湯( うんけいとう)

2、八味地黄丸(はちみじおうがん)

3、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

4、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

 

 

 

 

 

A、3 桂枝茯苓丸

歯茎の色が暗紫色など、瘀血症状の強い方にお勧めな漢方です。

冷えやのぼせ・月経異常・下腹部の抵抗や圧痛などの症状に処方される桂枝茯苓丸。

瘀血(血液の滞り)をよくし、ホルモンバランスを整え、子宮本来の活動を促します。

桂枝茯苓丸は駆瘀血剤の代表的な漢方であり、血行をよくし降剤の作用があります。

妊活中には適しているのですが妊娠を望んでいる場合排卵後(高温期)は服用を中止することが望ましいです。

 

また、選択肢の中には入っていませんが、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)も駆瘀血剤です。排卵後の使用はやめましょう。

今現在漢方を使用している方、これから取り入れてみようかなと検討されている方はドクターや薬剤師さんに相談し、自分にあったものをとりいれてみてください。

いまは保険適応の病院も多くありますので、薬局で買うよりも安く処方してもらうと続けやすいのではないかと思います。

1、温経湯( うんけいとう)

経絡(けいらく)を温めるという意味で名付けられられた漢方薬です。

<症状>

お腹の力が弱い、月経不順、更年期、冷え症で手足のほてり、皮膚症状

<補足>

血の量が不足した状態をあらわす「血虚(けっきょ)」 血がたりていないと、月経への影響や肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

<妊活との関係>

冷えやのぼせ、乾燥が強い方に処方されます。

 

 

2、八味地黄丸(はちみじおうがん)

<症状>

老化による諸症状(体力がなく疲れやすい、しびれ、腰痛、頻尿、)四肢の冷え、性機能障害

<補足>

生命のエネルギー不足をあらわす「 腎虚(じんきょ) 」顔色が悪く元気がない、疲れきっている、飲みすぎや冷え症に処方されることが多いです。新陳代謝の低下改善、加齢、不摂生、生殖器の異常などにも効果的です。

<妊活との関係>

卵子の加齢対策に用いられます。

 

4、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

<症状>

月経異常、更年期障害、産前産後の不調、頭痛、貧血

<補足>

気・血・津液(しんえき)のバランスの崩れをあらわす「 脾虚(ひきょ)」気・血・津液のバランスが悪いと、むくみや冷え、胃腸の疲れやお腹の張りなどの症状がでてきます。

顔色がすぐれず、やせ型の方。細身で素敵ですが、体力のない身体では妊娠し、子供と育てることはできません。

当帰芍薬散は貧血傾向にある体の調子を整え、妊娠を促します。

子宮・卵巣に力をつける働きがあり、婦人科ではよくつかわれる薬です。

<妊活との関係>

むくみが残ってしまうと排卵にも支障をきたしてしまいます。むくみがある人に効果的です。

 

 

他にも・・・

足腰が冷え、腹部が痛むタイプは

当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)

疲れやすく、夏場のクーラーで冷え切ってしまう方。

冷えた時にや夫婦生活の後にお腹が痛みやすい方はお腹が冷えて突っ張っているせいです。

当帰四逆湯は全身の冷えを解消して体調を回復させることで母体を元気にし、赤ちゃんにエネルギーを分け与えられる体にしていきます。

 

胃腸が弱いタイプは

小建中湯、六君子湯など

食欲がなく、食事をしていても眠くなるというほどの体力のない方、普段から水分を取りすぎる傾向にある方。

水分を取りすぎて胃腸の働きを悪くしてしまい、子宮へ必要な栄養が遅れなくなっています。

このタイプはまず胃を健康にし、子宮が子供を育てられる栄養状態になることが大切です。

 

ガス腹タイプは

折衝飲(せっしょういん)

生理の時にどす黒い血の塊が出てくる方、これは瘀血という、体内で停滞してしまった血です。

また、なんとなくお腹に額が溜まっていてすっきりしない方。

折衝飲はガスを解消し、瘀血を取り去る働きがあり気血がとど凝らないバランスのより母体を作ります。

 

余分な水分が多いタイプは

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

色が白く水太りタイプの方。疲れやすく汗が多いタイプです。

これは体内に水分が多すぎることが原因です。

余分な水分は受精卵が子宮へ着床するのを妨げる傾向にあります。

防已黄耆湯は余分な水分を取り除き、体全体の水分バランスをととのえ、受胎しやすい身体つくりをします。

 

ほかにも体質によって漢方を取り入れてみてください。

薬やホルモン剤の飲み合わせなどの問題で漢方薬を一緒に服用しないでという病院もありますので、婦人科に通われている方はドクターと相談の上ご使用ください。

また、体質が変わるまで時間がかかるといいますが、漢方は自分に合っている場合はまずいと感じないといいます。

まずくて苦いのを飲み続けるのは良薬口苦しといえども、つらい場合は処方を変えてもらうか、飲みやすいくしてもらうこともできると思いますよ。

2018年06月15日 16:42

月経・無月経でわかること。

月経(生理)でわかること

自分の生理を知ることで体調や体の変化などにいち早く気付くことができるようになります。

どのくらい理解しているのかチェックしてみてください。

1、生理周期

成熟した女性の生理周期は通常28~30日と言われています。ただし、ストレスや生活習慣によって左右されやすいので毎回同じ周期とは限りません。

6日程度のズレは問題ないと言われています。

ここで注意したいのは、39日以上経っても生理が来ない「稀発月経」と、24日以内の「頻発月経」です。

稀発月経が起こる原因としては、

・排卵が起こっていない・閉経する前ぶり・妊娠 などのが考えられます。

頻発月経にも、排卵しているもの・排卵していないものがあります。

主な原因としては、

・黄体機能不全・無排卵性周期症などが考えられます。

 

生理のリズムは女性ホルモンが作りだすもの。そのホルモンバランスを崩してしまうと女性の身体にはさまざまな問題が起こってきます。

言いかえると生理周期を正しくキープできていれば心身ともに健康であり妊娠しやすい身体になってきます。

 

2、生理痛の変化

生理痛は鎮痛剤を服用しないと生活できない人や痛みが全くない人など個人差があるものです。

特に鎮痛剤を服用しないと生活できない人には何か問題が隠れている場合があります。

主な原因としては子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう種や性感染症による炎症などが考えられます。

最近婦人科では痛みのレベルを「VAS」というスケールを用いて判断します。

生理痛がひどいだけで病院って…。痛みの具合は伝わりにくい…なんて思わずすぐに婦人科を受診してみてください。

 

3、経血の変化

医学的には、生理以外の出血は全て「不正出血」と呼びます。不正出血にはホルモンの変動によるものと、子宮の病気によるものに分けられます。

いずれにしても重大な病気が隠れている可能性がありますので放っておくのは心配です。

不正出血の原因で多いのは「子宮頸がんポリープ」「子宮筋腫」「子宮内膜症」「膣炎」です。

はっきりとした診断は検査してみないとわかりません。「おかしいなぁ」と思ったら婦人科を受診しましょう。

 

また、年齢によっては経血の状態も変化します。

30代半ばぐらいから血液が固まりやすくなってきます。赤かった経穴が少しずつ黒くなったり、塊が多くなったりしている場合は経過を観察します。

しかし、感じかたはそれぞれですから何か気になることがある場合や変化があった場合は検査を受けてみると安心です。

 

4、生理期間

通常の生理は4~7日ですが、8日以上続く場合は「過長月経」、1~2日で終わてしまう場合は「過短月経」と言います。どちらの場合も病気が隠れている可能性があります。

「過長月経」は出血量に関係なくダラダラと続く生理です。この場合「子宮筋腫」や「子宮がん」が疑われます。また、過長月経には過多月経を伴うことが多いのも特徴です。早めに検査を受け原因をみつけましょう。

「過短月経」の場合は、生理の日数が少ないので出血量が少ない「過少月経」でもあることがほとんどです。

原因は子宮が充分に発達していない「子宮発育不全」や子宮内膜が癒着を起こしてしまう「アッシャーマン症候群」などが考えられます。

その他「子宮筋腫」や「子宮内膜症」「チョコレート嚢腫」などの可能性も考えられます。

 

5、生理が止まった経験

 

生理を起こすには卵巣からでる女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの両方のバランスがとれていることが必要です。

生理が止まる原因は、性機能が未発達、多嚢胞性卵胞、急激なダイエット、過度なストレス、プロラクチンや甲状腺などが考えられます。

どの原因でも生理が止まっている事、遅れている事を放置してしまうと子宮や卵巣ともに萎縮して機能が低下している可能性が高く治療が難航してしまいます。

「生理がこなくてラッキー」と放置せず治療をおこないましょう。

 

無月経

” 無月経 ”とは、3カ月以上月経のない状態 のことを表し、大きくわけて【生理的無月経】【病的無月経】があります。

 

【生理的無月経】とは、初めての月経が来る前、閉経後、妊娠や産褥期・授乳期のことがあげられます。

からだのつくりやホルモンバランスから無月経になってしまい、特に治療などは行わず経過をみていきます。

 

【病的無月経】とは、性成熟期における異常な月経停止のことをいい、そのなかでも原発性と続発性にわけられ判断していきます。

 

病的な状態の無月経の原因の一つが脳から女性ホルモンの分泌を促す指令が出なくなる視床下部性無月経です。

 

これは極端なダイエットや精神的ストレスなどで脳から出る司令が機能不全になって起こります。

アスリートの無月経の原因はほとんどは運動で使うエネルギーに対して食事から摂取するエネルギー量が圧倒的にたりないことから起こります。

一般の女性の無月経も原因が様々ですが、極端なダイエットや食事制限による「体重減少症無月経」は日常生活に必要なエネルギー量が不足している状態です。

エネルギー不足で無月経になるのは脳から分泌される排卵を促すホルモンあ経て排卵が起こらなくなります。

母体のエネルギーが不足の場合次の世代をつなぐ排卵よりも母体をまず守ろうとします。

 

アスリートの世界ではエネルギー不足の状態が続くと無月経だけでなく、免疫や代謝、メンタルなど全身に悪影響を与え結果的に試合のパフォーマンス低下をもたらすとしてエネルギー摂取の重要性への認識が高まっています。

 

これは一般女性にも言えることでエネルギー不足だと、疲れやすく集中力も低下し仕事の生産性も下がってしまいます。

骨密度の低下により女性ホルモンの分泌が減り、新しい骨が形成されにくくなり、骨粗しょう症のリスクがたかまってしまう。

 

血管へも影響します。

無月経の人と正常月経の人の血管壁の機能を調べっと頃、無月経のひとは血管壁の機能が落ちていました。

エストロゲンは血管を柔らかくする作用があるため、無月経と血管がかたくなりがちです。

閉経した人は動脈硬化、高血圧、心血管疾患のリスクが高まりますが、若い方でも無月経の場合は同様のリスクが高まる可能性があります。

 

エストロゲンは気分を明るくするセロトニンなど脳内で働く神経伝達物質の働きと共に抱えあってくるのでメンタルにも影響します。

また、お肌のしわやたるみが起きやすくなるのも、エストロゲンの減少によります。

このように、骨がスカスカになり、血管が固くなり、うつ傾向になったり、お肌に影響したりとする無月経ですが、卵巣機能は休止しているので、排卵が起こっていない。

その状態で妊活を始めてもすぐに月経が再開するとは限りません。

体重減少性無月経の場合は月経を再開させるためにはエネルギー不足を改善し体重を戻す事が大切です。

長期間無月経だった人は月経が戻らないケースも指摘されているが、体重が回復して月経がきちんと再開するケースもがほとんどです。

キレイと健康を保ち、老化を進ませないために痩せすぎを見直して止まった月経は一日も早く回復させましょう。

 

無月経について質問・回答

 

先日、無月経に悩んでいる方から問い合わせのメールがありました。

同じ状況の方や無月経に悩んでいる方の参考になればと思います

 

「  わたしは2◯歳女性です。

2年前に糖質制限をして生理が止まってしまってから今日まで、

ソフィアという生理を来させる薬を毎月服用し、生理をこさせています。
ですが今月、レディースクリニックの先生から「薬なしでくるか試してみようか」と言われ

服用しませんでした。そしたらやはり生理がこず、内視鏡検査をしたら、

やはり子宮がお休みしているとのことでした。

 

先生からは、
「 バランスよく食事をして、もうすこし体をふっくらさせたほうがいいよ、

脂肪をもう少しつけたほうが女性としては妊娠しやすくなります。

このままだと妊娠となったときにできにくい可能性があるから、

食べたいものを食べたいときに食べて、あまりストイックに食事管理をしないほうがいいねっ」

と言われました。

 

実はわたしは、週に4回ジムに通い、筋トレをしていて食事も日々管理しています。

おかしなどは週に1回くらいしかたべないように、油は魚やナッツ類から50g1日で摂取し、

ご飯は1日で5杯くらい食べるようにして、体重を増やすようにしています。

 

バランスよく食べているつもりだったのでしょうか...
先生のおっしゃる通りに、好きな物を好きなときに毎日のように食べていたら

ただ太ってしまうだけではないかと不安になりました。

筋トレは健康のためにやっているのですが、食事をどう改善していけばいいのか、

筋トレのやりすぎなのか、どう改善していけば無月経が治るかアドバイスをいただきたく、

メッセージを送らせていただきました。」

 

– 追記 –

7:00 朝食

12:00 昼食

14:00ジムで1時間ほどトレーニング
トレーニング内容は、下半身・背中・胸 の日に分けています。
下半身の場合...バーベルスクワット、レッグプレス、レッグエクステンション、

レッグカール 各種目4セットずつ みたいな感じです。

15:00 トレーニング後の軽食

18:00 夕食

タンパク質 100g
脂質 50g
炭水化物 250~300g

を目安に1日・・・・kcalを摂取しています。

 

<回答>

 

~省略~

まず、糖質制限を行い生理が止まってしまったことを【視床下部】が原因で起こる

無月経ではないかと考えられます。

過度の食事制限などを行なったことで著しく痩せ、女性ホルモンを調整している視床下部が

うまく働くことができなくなってしまうのです。
ホルモンを調整している視床下部が働かないと生理不順のほかにも低血糖や低血圧、

不眠や気分の不安定などの症状が現れてきます。

話を聞く限りでは食事や運動、体脂肪率などで気になる部分はありませんよ。

しいていうのであれば、ご飯は1日5杯!ナッツ類や魚は50g!体重を増やさないと!と

自分を追い込んでしまうとこれもまた視床下部を刺激しなかなか改善しない状態が続いてしまいます。

食事や筋トレをストイックに行うのではなく楽しく取り組んでみたら良いのではないでしょうか^^

 

 

 

この方は低血圧、低血糖、などが当てはまりました。

生理不順だけでなく他の部分にも影響がありましたね。

【視床下部】が原因である無月経は不安に思っている事を解消させる、

ストレスを溜めない生活が一番です。

またお灸の原料となっているもぐさの匂いにはリラックスを促す効果もあります。

無月経に効果の期待できるツボにお灸を行うことでより解消されるのではないでしょうか

 

無月経が解消される事を祈っております。

2018年05月25日 16:45

妊活にも大切なたんぱく質

妊活にもたんぱく質

女性の食と栄養は卵巣機能にも関連します。

食事の内容を聞くと朝ご飯は食べないか、ヨーグルトやコーヒー程度、昼はパスタなどランチ、夜はがっつり定食のようなメニューを食べている方が多くみられます。

そのような食生活の方におおいのが、疲れやすい、肌トラブル、パニック発作、PMS、不妊などの様々な症状が出ていることです。

血液検査をした結果で共通しているのは、たんぱく質が不足している方が多いということです。

脳内ホルモン、婦人科系ホルモン、メンタル系ホルモン、肌を作っている構造蛋白などもたんぱく質が原材料です。

たんぱく質はビタミン同様、体にためておけないので毎日とらないといけません。

 

たんぱく質が足りていない人はほかの栄養素も足りていないことが多いです。

たとえば、卵を取るとその中にビタミンA~Qまで、というようにたんぱく質以外にもほかのビタミンやミネラルの微量栄養素もしっかりとれます。

35才で卵巣の機能は一割ほど低下していることがわかってきています。

卵巣機能に問題のある方で栄養指導と漢方を処方すると1年くらいかかりますが、よい結果になる方もいます。

妊活にも大事な栄養のたんぱく質について、また体に必要な理由についてお話していきたいと思います。

 

タンパク質は炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素の一つと言われ全身の約20%を構成しています。

 

主に、骨(約40%=タンパク質の一部のコラーゲン)や筋肉(約90%)、皮膚、髪の毛や爪、臓器、血液、ホルモン、

代謝に必要な酵素に至るまでからだの大部分で使われています。

タンパク質は体の組織や臓器の材料です。

また、血液のめぐりと遠に栄養素を運んだり、体内の化学反応を触媒の役割をする代謝酵素の材料にもなるなど、幅広い役割りをになっています。

注目すべきはタンパク質は脳ににおいてもとても沢山の機能を担っています。

 

たんぱく質はいろんな種類のアミノ酸によって構成されています。

アミノ酸は神経伝達物質に重要な役割をしています。

神経伝達物質とは、漢字の意味のままで、脳内で神経の情報を伝える時に必要な物質です。

自分の体内で作られず、食事から摂取しなくてはならないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸は体内で合成できないため、外から取り入れないといけません。

この必須アミノ酸は記憶や情動、気分などに関係するノルアドレナリン、セロトニンという神経伝達物質のもとになります。

情動を担い、自律神経を刺激するノルアドレナリン、快楽をもたらし意欲を起こさせるドーパミンはチロシンという、必須アミノ酸から作られます。

精神を安定させたり、睡眠を良くするセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られます。

また睡眠を促すメラトニンも元を辿ればタンパク質から作られます。

体の中のたんぱくしつは日々分解と合成を繰り返し、新しい細胞が古い細胞と入れ替わっています。

1日に200〜300gのタンパク質が体内で分解していて、50〜60gは1日のうちに必要な量です。

実際に日本人で普通に食べている人の多くはタンパク質不足であると考えられます。

このように各部分の健康に機能させるにはたんぱく質を過不足なくそして、毎食とることが大切です。

 

たんぱく質が不足してくると

1、筋肉が減る

2、骨が弱くなる

3、肌がたるみ、髪や爪がボロボロになる

4、疲れやすくなる

などの症状がでてきます。

 

【  タンパク質が体に必要な理由 】

( 1 )タンパク質は体をつくり働かせる!

体内で最も割合が高い成分は水分で約6割。

その次に多いのが2割をしめるタンパク質です。

筋肉はほぼタンパク質で構成されています。

 

( 2 )再構成にはタンパク質が必要!

体を動かし支える筋肉は日々少しずつ作り替えられています。

この筋肉の再構成には、タンパク質の構成成分、アミノ酸が欠かせません。

筋肉のほかにも、肌を支えるコラーゲンも、爪や髪のもとになるケラチンもアミノ酸が原料で日々つくりかえられています。

 

( 3 )ダメージを修復し疲れにくくする!

疲労は、体の酷使された部分で酸化が進み、炎症状態に陥って

体の修復がうまく進まない状態で起こります。

特に肝臓の機能に負担がかかっていることもわかってきています。

この状態が続くと肉体的にも精神的にも慢性的に疲れが溜まる状態に…。

修復に関わるたんぱく質をしっかりととることでより疲労回復を促す効果が期待できるといわれています。

 

タンパク質をとると消化によってアミノ酸に分解されて体内に吸収され、血液で全身に運ばれると体の各部位で働くタンパク質の入れ替えに使われます。

 

【  タンパク質の上手なとり方 】

たんぱく質を取っているつもりの女性が食べていると答えるのは、お豆腐です。

患者さんに聞くと、豆腐と納豆を食べているからたんぱく質を取っていると思いがちです。

しかし、木綿豆腐100gのたんぱく質量は7gほどです。

お豆腐はアミノ酸が少ないため、たんぱく源としては十分ではありません。

 

たんぱく質は大豆製品のような食物性蛋白質だけでなく、卵、魚、肉などの動物性たんぱく質が必要です。

できれば、毎食植物性と動物性たんぱく質を必ず組み合わせて片方の手のひら一杯分を目安にとりましょう。重さでいうと、100gくらいです。

そして朝ごはんにたんぱく質をとったグループと取っていないグループを比較した研究で、摂ったほうのグループはイライラしなかったのに対し、取っていないグループは切れやすかったという研究があります。

またしっかり朝ごはんを食べると満腹ホルモンのレプチンがでるというデータもあるので、朝食にきちんとたんぱく質をとることでおやつなどの無駄悔いが妨げる可能性が考えられます。

 

◎1日3回にわけてとる!ダイエットにも朝食は大事!

◎運動したら早めにとる!

◎肉・魚・大豆など複数の食材からとる!

 

 

【  食べたタンパク質をムダなく使うには】

☆野菜は必ず一緒にとる!

アミノ酸をたんぱく質に再合成する際に、ビタミンB群は欠かせません。

また、肌を支えるコラーゲンにはビタミンC、骨にはカルシウム

ビタミンDといった補酵素がなければタンパク質として活かすことができません。

ビタミンやミネラルを含む野菜をとる事が大切です。

 

☆運動することで筋肉がつきやすい!

加齢によって筋肉の合成を促す効果も衰えますが、

普段から運動をする人としない人では、ある人のほうでが同じタンパク質を摂取した際の筋たんぱくの合成が高いといわれます。

筋肉維持のためにはタンパク質と運動習慣が欠かせません。

 

☆タンパク質だけに偏らずカロリー不足にならないように食べる!

体にとって最も大切なのは生きるためのエネルギー作り。

実は、空腹を感じた段階で、エネルギー産生のため、筋肉の分解は始まっています。

糖質や脂質オフのダイエットをしている人や野菜ばかり多く食べている人は要注意!!

 

妊活中の方はもちろんのこと、現代の女性はタンパク質が不足がちです。

皮膚や髪、爪から骨や血管、内臓などに至るまで、体のすべての材料となるタンパク質は新しい生命のためにも重要な栄養素となります。

このごろ、忘れっぽかったり、イライラしたり、気分が沈むという方はたんぱく質をとるように食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

2018年05月07日 16:10

妊活とストレス

妊活とストレス

スマホが普及し気になることをすぐに調べられる時代になり間違った知識や余計な情報で溢れてしまようになりました。

口コミやメディアの情報でがんじがらめになっている女の人のなかには完全に視野が狭くなって、周りが見えなくなってきてしまう人もいます。

恋愛、結婚、妊娠、出産、子育て…ありとあらゆるライフステージの中で女性は視野狭窄に陥る瞬間がだれにでもあるのです。

そしてこのことがストレスを生んで結局自分の身に返ってくる。

 

ストレスが身体によくないのは皆さんご存知かと思います。

一例ですが、唾液の中に含まれるコルチゾールというホルモンはストレスホルモンと呼ばれています。

不妊治療中の人の唾液を調べたところ、このストレスホルモンが多くでている人は着床率は低いという結果だったのです。

また、妊娠中にストレスホルモンがでるとそれは胎盤を通って赤ちゃんの血液にもいくのでよろしくない、というデータもでています。

 

唾液の検査は誰でもできることではありません。

しかしストレスを受けている人は体に変化がでてきます。その中でも特に多いのは、

・お腹がカチカチで硬く板状みたくなっている

・お腹の拍動が強い

・お臍周りを押すと痛みがでる

・頭部が火照っている

・ON・OFFのスイッチが働かず疲れがとれない

・偏食になりがち

以上の所見がみられます。

 

ストレスに対する体内での反応はとても複雑で、いまだ明らかにされていないことがたくさんあります。

ストレスにより起こる特定の症状に効果のある薬はありますが、症状を全体的に改善するような薬は残念ながらまだ開発されていません。

ストレスを受けない人はいないと思いますがストレス解消方法はみつかると思います。

気付かないうちにストレスを受けている場合もありますので日頃からストレス解消に努め、ためすぎない体づくりをしていきましょう。

 

 

また鍼灸治療ではストレスホルモンを緩和させ諸症状を改善させる働きがあります。

針は痛そうと思われている方もいらっしゃると思いますがストレスを改善させる治療は針の痛みがでないよう優しい治療を心がけております。

気になる項目がありましたらお気軽にご相談ください。

 

頑張りすぎちゃう妊活中の方へ

周囲の子供はまだなの?という声。

治療にかかる莫大な金銭的負担。

治療によりいつ何時、職場を休まなければいけないか。

度重なる毎月の治療結果による精神的重圧。自分自身の努力のみではどうにもならない。

考えまいとしても溜息ばかりでてしまったり、くじけたりめげてしまいますね。

 

そんな時にすべきことは!

1.頑張りすぎな人は、息を吐くことを忘れています。
息は嫌でも吸ってますので、深~くお腹の底からすべての息を吐いてください。

2.笑って過ごしましょう。
お笑いを観たり、今流行りの落語を観たり、親しい友人とはしゃいだり。
笑うことにより良い気を呼び込みましょう。

3.歌をうたいましょう。
たまにはカラオケなどいかがですか?
歌うことにより呼気もたかまります。

4.楽しみながら運動しましょう。

義務的な運動は効果がありません。
運動することにより、疲労も回復して血行も良くなります。

5.いい加減に過ごしましょう

すべて完璧に思い通りにこなそうとせず。
まっ、いっか。とか、しょうがないときもありますよ。気張らずに行きましょう。

誰かしらいつもあなたの近くには家族だったり、友人だったり優しく見守ってくれている人がいる事を忘れずに。
楽しいこと、手に入れたい事を妄想して夢に描いて進んで行きましょう。
みやびでも頑張っている皆様を応援して支えていきたいと思います。

 

妊娠率を上げるストレス緩和法

アメリカの心理学者が開発した方法で、1日20分位、自分が思っている事や感じていることを書くことでネガティブな感情が少なくなり、前向きな感情が高まり、ストレス緩和や幸福感まで高まるという研究が報告されています。

この方法を取り入れて卵巣刺激から排卵まで、不妊治療を受ける事で感じた事や思ったこと、考えや感情を深く見つめ、掘り下げ、パートナーや両親・友人関係をはじめ過去・現在・未来を飲自分を見つめ。この先どうなりたいのかを一気に書き、妊娠率を調べたという研究があります。

この研究から何もしなかったグループ(5%)よりも、書く事で自分を見つめ他グループの方(28%)が妊娠率が高かったという結果が出ました。

 

ただ書くという事でこんなに差が出たのはすごい事ですね。

メンタルが治療成績に影響を及ぼすという事は、見たり、測ることが出来ません。

 

しかし逆に、書く事がいいとはいえ、落ち込んでいる事ばかり書くと更に落ち込んでしまう事があります。

そういう場合は、落ち込んでいることを書くのではなく、今日おこった素敵な事や周りへの感謝の気持ちを綴ってください。

それはどんなことでもいいそうです。

例えば、美味しいごはんに連れて行ってもらった友人に感謝するとかなんでもいいのですが、どうしても見つからないこともありますよね。

そんな時は天気が良いとか、街中の花や木々がきれいであるとか、ささやかな事から当たり前の事でもいいそうです。

普段からいつも一緒にいると当たり前すぎて感謝する事を忘れてしまう事もありますよね。

当たり前の事に向けると沢山の人に支えられていることに気が付きますし、普段忙しさで忘れてしまった日常の素敵な事を思い出すきっかけになると思います。

赤ちゃん待ちの間の不安やストレスでささやかな幸せや感謝を忘れてしまいがちですが、感謝をする事により、安心感が生まれたり、不安感を払しょくする作用があります。

これは思うだけでなく、書く事が大切なので、是非この機会に自分の気持ちに向かい合って書いてみて下さい。

 

ストレスに効果的なツボ

 

合谷(ごうこく)

手の甲を上にして、親指と人差し指の骨が交わるところから人差し指に向かって押していった時に凹んでいるところが合谷のツボです。

押すとズーンと響くような圧痛があります。

合谷は万能のツボと呼ばれていて目、鼻、歯の痛みや肩こりなど首から上の症状や風邪のひき始め、体内の溜まりがちな不要なものの排出を促すため便秘やむくみなど身体の様々症状に効果的です。

何か体に痛みが出た時には、まず合谷にお灸をしてみましょう!

 

百会(ひゃくえ)

百会は頭のてっぺんに位置するツボで、両耳の一番高いところと鼻の延長線が交わるところにあります。

指で押すと少しへこむ感じがあると思います。

このツボは自律神経を整えリラックスさせる効果があるのでストレスや不眠症の緩和に役に立ちます。

その他にも百会は多くの経絡(気、血、水など体に必要なものの通り道)が交わるところという名前の由来があるように、ここを刺激すると体の様々な症状が改善すると言われています。ここも万能なツボですね!!

お灸が難しい時は指での指圧でも大丈夫です!

 

神門(しんもん)

手首の横じわを小指に向かってなぞっていくと腱を越えたところに小さなへこみがあり、そこが神門になります。

このツボは心の安定とリラックスに効果があり、気持ちの切り替えをスムーズにしてくれます。

大事な会議の前、生理中のイライラ、精神的に不安になっているときには神門にお灸をしましょう!

その他にもほてりやのぼせなどホットフラッシュ、不眠、動悸、息切れにも効果的なツボです。

 

 

 

 

 

他にも、緊張やストレスに効果的なツボをご紹介していきます。

 

1、壇中(だんちゅう):左右の乳頭と体の中心線が交わるところ

ストレスからくる動悸やのどのつまりを改善するほか胸の痛みの特効ツボとしても効果的です。

 

2、中脘(ちゅうかん):身体の中心線上でおへそから指幅5本上がったところ

胃腸の働き全般に効果的です(胃痛、消化不良、膨満感、嘔吐など)

 

3、湧泉(ゆうせん):足のつま先からかかとまでの約1/3のところにできるくぼみ

生命の元となる気が湧き出て全身をめぐります。また、足ツボでは胃の働きに効果的な部分です。

 

これらのつぼにはお灸がとても効果的です。

(今回紹介しているツボはお腹の部分が多いので、火を使うお灸が慣れていない人は火を使わないタイプのお灸もおすすめです)

 

また、【爪楊枝鍼】も効果的でしょう。

爪楊枝鍼は爪楊枝を20~30本ゴムでまとめツボの部分に軽くあてていきます。

皮膚が赤くなることを確認しながら行うとより効果的です。

 

ストレス解消のために・・・

ストレスが自律神経の乱れを起こす原因の一つであり子宮の動きが悪くなることで妊活の妨げになりますが、

自分でもストレス解消にならないものか…と思いますよね。

仕事でも、家の家事でもあるものを使わず、あるものに切り替えることで心がラクになることがあります。

 

先日、私事ですがスーパーで実山椒を見つけて買い物しました。

山椒の花が咲き終わったあとにできる緑の実で今頃から店頭にならぶ旬の食材です。

佃煮にするとおいしいのでこれもまた旬のしらす干しも買ってちりめん山椒を作りました。

 

正直言うと普段の料理は義務感が強くやっつけ仕事のような感じですが、珍しく作り終わった後に達成感がありスッキリと心が晴れる感じがしました。

 

普段との違いは何!?と思った時に分かったことが考えるのではなく五感を感じながら料理していたからでした。

五感とは視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚のことで 頭で考えるのではなく五感を刺激して感じることで 悩みを減らしてストレス解消、リラックス効果につながるそうです。

 

私に起こった五感の刺激は

しらす干しに染まる色の変化で出来上がりの色を感じる→視覚

具材の煮詰まる感じで香りを感じる→嗅覚

音の変化で水分の量をを感じる(グツグツ→パチパチ)→聴覚

実山椒のつぶれ具合を指で触って確認する→触覚

実山椒の辛さを好みに合わせるために味見する→味覚

などで五感をフルに使って出来上がりを想像しながら作ったことで

スッキリした気分につながったようです。

普段の料理も集中すると気に留めないことですが、音を感じたり、匂いを感じたり、味わったりしながらで五感を使ってみる時があってもいいのではないでしょうか。

 

考えるより、感じる!

全ての行動に取り入れるのは難しいかもしれないですが

何かの判断に迷ったら感じて動くということでもいいということだと解釈します。

 

生活の中でどこかに取り入れることができるといいですよね♪

 

2018年04月25日 16:06

卵子の質

卵子の質

人の肉体のピークは一般的には25歳と言われていて東洋医学の考えでは女性の体が最も充実しているのは28歳、男性では32歳と言われています。

いずれにしても女性の場合20代後半から老化に向かうようです。

元には戻らないけれど努力で緩やかに老化するのか、何もしないで老化を進めるのか…など個人差があり大きく低下の度合いが変わります。

 

年齢が上がるに伴い体が老化するということは生殖で新しい生命体となる卵子も老化するということになり

そのためなかなか妊娠しづらいとお悩みの方も多いです。

卵子は生まれた時から数が決まっていて新しく作ることができず減るだけでその卵子が古くなって質が低下することにより不妊、または妊娠しても初期流産する可能性が高くなります。

 

そのため必要なことはいかに今ある卵子の数で質を低下させないか!であると思います。

 

そのカギを握るのは体の細胞にある小器官のエネルギー産生の働きがあるミトコンドリアです。

ミトコンドリアは細胞の中に含まれていますが、加齢により減少して機能しなくなります。

エネルギーが減ると呼吸や体温調節などの生存機能を優先させて生殖機能を後回しにします。

卵子は単細胞であるので卵子の数が減ると当然ミトコンドリアの数も減ります。

 

ということは、ミトコンドリアの数を増やし、活性化させることが卵子の質をなるべく低下させないことが

妊娠、出産を希望する女性にとって大切ですよね!

 

 

卵子の質にいい食事

卵子の質をあげたい

ホルモンバランスを整え、卵子のアンチエイジングを図る食材を選んでいきます。また、女性ホルモンの分泌を促すには、タンパク質やイソフラボン、ビタミンE、ビタミンB6、亜鉛、良質な油などを意識したいです。

・タンパク質:サバ、イワシ、肉、チーズ、卵

・イソフラボン:納豆、豆腐、味噌

・ビタミンE:モロヘイヤ、アボカド、アーモンド、魚卵、煎茶

・ビタミンB6:カツオ、マグロ、鮭、レバー、バナナ

・亜鉛:牡蠣、しじみ、牛肉、レバー

・良質な油:オリーブオイル、ナッツ類、青魚

 

卵子は加齢とともに老化します。老化は活性酸素によって起こるといわれています。そこで、抗酸化作用の高い食べ物を紹介します。

・ポリフェノール:ブルーベリー、ココア、ぶどう、カカオ

・ビタミンE:モロヘイヤ、アボカド、アーモンド、魚卵、煎茶

・ビタミンC:赤ピーマン、いちご、レモン、ブロッコリー

・カロテン:モロヘイヤ、人参、ほうれん草

・リコピン:トマト、すいか

 

 

最近注目の 卵子の為の物質、レスべラトロール をご存知ですか??

レスベラトロールとは ポリフェノール の一種で、ブドウの果皮などに含まれる抗酸化物質です。
赤ワインやピーナッツの皮に多く含まれています。

人における試験では血圧が高めの人の血管拡張を改善し、動脈硬化を防ぐこと、脳の血流量を増やして認知症を予防する可能性が報告されています。

また、乳がんや肺がんのリスクを低減させたり、肥満のひとにはカロリー制限をしたのと同じ効果が見られます。

サーチュイン遺伝子 =長寿遺伝子、抗老化遺伝子、若返り遺伝子とよばれる運動やカロリー制限によって活性化する遺伝子が
レスベラトロールを摂取し続けると、活性化されます。

この遺伝子が活性化する事で ミトコンドリア の生成が促進され結果的に卵子の質の改善 につながるといわれています。

(先月キャンペーンだったミトコンドリア体操、みなさんおぼえていますか??
卵子の成熟や初期胚の発生にミトコンドリアが関与していると言われミトコンドリアが増える事で卵の質が改善されるという報告があります。
悲しいことに、ミトコンドリアは年齢と共に減少すると言われています。)

卵子の質の低下 には年齢・ストレス・酸化などが影響します。
酸化ストレスから身体を守るための メラトニン ・そしてわかがえり遺伝子を活性化するレスベラトロールは 妊活 に強い味方となるかもしれません。

 

卵子の質の改善にミトコンドリア

最近よく耳にする「ミトコンドリア」ですが、ご存知でしょうか?

ミトコンドリアとは動物や菌類、すべての生物に存在する細胞小器官であり、1つの細胞に数万~数十万個いるといわれています。

食事や呼吸から栄養をとりいれ酸素を合成しATPという活動エネルギーを作りだします。

そのため、細胞の動きはミトコンドリアの質や量により決まっていきます。

 

このミトコンドリアが妊活と関係しているのはご存知でしょうか。

 

とある研究結果では、

1、卵子のミトコンドリアが分裂できないと、細胞の塊を作ってしまい上手く働くことができなくなってしまう。

2、老化した卵子と若い卵子を比べると老化した卵子の方がミトコンドリアの分裂が弱くなり1と同じく細胞の塊を形成してしまう。

3、1、2のような塊を持ってしまった卵子は卵子からの分泌が弱まっており

卵子の成熟を支える周囲の環境を十分に活性化できなくなり、卵子の分裂が途中で停止、不妊となることがわかっっている。

 

これらの結果から、卵子が健康に維持され正常に発育するにはミトコンドリアが適切に働く必要があることがわかりました。

 

では、どのようなことを行えばミトコンドリアの質や量が高まるのでしょうか。

最近ではサプリやミトコンドリア注入などの治療法もでてきていますが簡単に自分で活性化する方法があります。

 

その方法とは、体を動かすミトコンドリア体操です!

ミトコンドリア体操とは、有酸素運動と無酸素運動を繰り返し体に負荷をかけミトコンドリアを活性化させます。

腹筋などの筋トレやストレッチの動きなので同時に着床しやすいお腹をつくっていくことができます。

 

 

また、褐色脂肪細胞の中にはミトコンドリアが多く存在するといわれています。

褐色脂肪細胞とはダイエットの救世主と呼ばれ、脂肪を消費し熱を発生させる働きをします。

肩甲部や胸部に多いといわれる褐色脂肪細胞を活性化させることもミトコンドリアを働かせる要因につながると思います。

ミトコンドリアはサプリで摂取することが可能ですが、ご自身の体に取り組まれていても活性化させなければ意味がありません。

摂るだけでなく、体を動かしてミトコンドリアが活性することが大事です。

 

閉経の年齢が遅くなる食材とは

女性の閉経年齢の平均は50歳前後といわれいますが今年の4月にイギリスで40歳〜60歳の女性を対象にした閉経年齢の調査の報告によりますと普段の食生活によって閉経の時期が変わるということです。

 

閉経を12ヵ月以上連続して生理がこなかった状態と定義して、48歳までに閉経した人は25%、49〜51歳が35%、52歳以上が40%を占めていたそうです。

その中で、サケやサバなどの脂質の多い魚や豆類を食べる人は閉経が遅く、食べた量との関係を統計学的にみると

脂質の多い魚を90g/日食べるごとに3.3年豆類を75g/日多く食べるごとに0.9年、閉経が遅くなったそうです。

そして、ほかにもビタミンB6亜鉛でも遅くなる傾向になるとの報告がある一方で精製されたパスタや米では210g/日多く食べるごとに1.5年閉経が早くなったとの報告です。

食事で閉経年齢を遅らせることができるということは女性ホルモンの分泌低下による更年期障害も遅らせることができて、また生殖年齢の寿命が延びることと同じことだと思われます。

 

閉経の年齢に関することの報告なのでホルモン分泌、卵子の質などについては分からないのですが多くの女性らしく過ごしたいと思う女性にとっては気になる報告です。

 

2017年07月31日 13:40

東洋医学からみる浮腫

心臓病、腎臓病、肝臓、妊娠中毒症、薬物の副作用などでむくむことはありますが、一般の食事の不摂生や生活習慣でもむくみやすいことがあります。

体内の水分の貯蓄量が多すぎて皮下にあふれ、顔や瞼、手足以外にも全身がむくむものもあります。

湿度とむくみ

日本の梅雨は湿度が高いため、ジメジメして嫌ですね。

また、冷蔵庫や自動販売機などの復旧で冷たく甘い飲料物が気軽に手に入ります

高温多湿長きにに体外への発汗、発散が低下し体内には生冷物がどんどん入れられると、体はどんどん水浸し状態になってしまいます。

こうした外気の湿気が身体に入って浮腫んだり、重だるくなったり、頭痛がしたり、湿疹が出たりと変調をきたした状態を東洋医学では「痰湿」と言います。

身体の中には多くの水分がありますが、外気の湿気(水分)も吸収してしまうため、身体の中の水分量が多くなってしまい水浸しの状態になってしまいます。

これが軽い状態を湿と言い、下肢の浮腫みなどに見られます。

重い状態になると、痰と言われ文字通りの痰(固形)として現れたりします。

 

東洋医学からみたむくみ

東洋医学の知恵でからだの巡りを良くして、むくみにサヨナラ!!

*肺(はい)脾(ひ)腎(じん)は3つのモーター
東洋医学では、水を動かすモーターは3つあると考えます。

それが、肺臓・脾臓・腎臓です。

もちろん、西洋医学でいう肺・脾臓・腎臓とはちがいます。東洋医学の言葉は「機能」に付けられた名称です。

「肺」は、皮膚表面の毛穴の開閉を行い、汗などの水分調節を行います。

「脾臓」は、食べ物を消化、吸収し全身に栄養を巡らせます。

「腎臓」は、余分な水分を尿にして排出します。

これらが、梅雨の時期になると身体の中の水分調節をうまくコントロール出来なくなり、むくみや身体のだるさ等の不調を起こしてしまうのです。

特に、脾のはたらきが悪くなると他の臓腑への影響も出てきますので、この時季の暴飲暴食や水分、冷たい物の摂り過ぎなどにはお気を付けください。

 

*体がだるい!重い!の不調にはこの食材がオススメ
梅雨時期は大気と同じようにカラダの水分は飽和状態、水分により冷えたカラダは体調不良が起きやすくなりがちです。
そんな時は水はけのよい体になるように、水分を排出させる小豆・冬瓜・トウモロコシのひげ茶や、気の巡りがよくなる大葉やミョウガなど、

香りのあるものや香辛料を食生活に活用してみましょう!
そして、この時期起こりやすい「むくみ」や「湿疹」に特にオススメしたいのが「ハトムギ」です。

ハトムギは別名ヨクイニン(薏苡仁)と言われ、漢方薬として肌トラブルなどに使われているものです。

お米売り場などで買うことができ、茹でて冷凍しておくとスープやサラダに加えて手軽に摂取できるので便利です。ハトムギ茶もいいですね

 

生理前後に起こるむくみ

むくみは脾と腎に関係が深く、それは生理前後も同じです。

生理前はさらに水質の運化をする脾の働きが悪くなって、水質が有余となり、利尿する腎の働きも悪くなって水湿があまり、皮膚にあふれてくむくみやすくなります。

 

他にはストレスがあると気が停滞し血の巡りが悪くなり、月経開始のころにさらに気のめぐりが悪くなります。

気のめぐりが悪くなることを気滞といいます。

その気滞が火を傷めて脾の水湿運化の働きを悪くさせることによって、皮膚にあふれてきてむくみにつながります。

おばあちゃんの知恵袋

日本にはむくんだ時の民間療法があります。まさにおばあちゃんの知恵袋的な奴です。

 

①小豆を煮て(なるべく砂糖を使わず塩も少量で)食べる

あずきは利水除湿の作用があり、むくみ以外にも母乳の分泌不足に効果があるといわれています。

 

②トウモロコシの毛を煎じて飲む

とうもろこしのひげ茶としても知られるとうもろこしの毛ですね。

新大久保や韓国ではよく見かけます。

 

③キササゲを煎じて飲む

キササゲとはなにか?

冬になるとささげのような豆の長いのが枝についている木なのですが、スーパーとかでなく、漢方などとして薬局で売られていることが多いようです。

 

④すぎなを煎じて飲む

すぎなは土筆が生えてくる草です。

栄養茎をスギナ、胞子茎をツクシ(土筆)と呼ぶそうです。

都内では手に入る難易度が高めかもしれません。

 

⑤スイカを食べる

スイカは熱を下げ、利尿作用がアップする作用がありますので、夏のむくみにはお勧めです

 

⑥彼岸花の根をすってごま油と小麦粉で練り、足のつち踏まずに貼る

彼岸花の根っこでなくても、脚のむくみすっきりシートなどを代用してもいいかなと思います。

 

むくみにおススメのツボ

★承山(しょうざん)

承山は、ふくらはぎの真ん中にあるツボです。場所としては、アキレス腱とふくらはぎの筋肉の境目のところに位置します。

少し足首を動かしてふくらはぎの筋肉を動かしてみると、境目がわかりやすくなります。

足首を動かした時にでるWのような形の境目の真ん中にとるツボです。

こむら返りのときや足が疲れた時に効果的なツボです。

 

★足三里(あしさんり)

足三里は、足の外側、膝の少し下にあるツボです。

詳しい場所は、膝のお皿の下にある外側のくぼみから指4本分下に触れたときにある少しへこんだ所です。

こちらは松尾芭蕉の「奥の細道」にも登場する、大変有名な「養生のツボ」です。

このツボは疲れてる時にも良いですが、日頃からのケアに使う事でこむら返りの予防になります。

 

★陽陵泉(ようりょうせん)

陽陵泉は、膝の外側のとび出した骨のすぐ下のへこんでいるところにとります。

こちらは膝の痛み、こむら返りなど筋肉の引きつりを緩和するツボです。

 

 

毎日足をマッサージするのは大変ですが、ツボを押したりお灸をしたりするのは少ない労力で行うことができます。

はじめは効果が感じにくいかもしれませんが、続ける事で効果が実感できます。

ピンポイントで効率よくケアする事で足スッキリの毎日の手助けになります。

ぜひ、使ってみてください。

 

2017年06月12日 15:38

妊活と関係深い骨盤について

足を組む人、片足重心をしてしまう人、バッグを片側だけで持っている人・・・

実はこれだけの動作でも骨盤は少しずつゆがんできてしまうのです。

もちろん、腰痛もちや足にしびれが出ている方、産後の方は骨盤が歪んだ状態になっています。

 

ここでは骨盤は何故妊活に関係してくるのか詳しくお話していきます。

体操方法なども紹介しているので当てはまる方もそうでない方も毎日行ってみて下さい。

 

骨盤の歪み

骨盤の歪みとは、骨盤に付着した筋肉や靭帯が緊張して引っ張ったり緩んだりすることで骨盤が本来の位置に戻れなくなってしまった状態です。

ちょうどゴムひもが縮んだまま元に戻らないのと似ています。

 

骨盤の歪みは、骨そのものが歪んでいるわけではなく、骨盤の動きに関わる筋の緊張が見せている結果です。

従って、過剰な筋の緊張や弛緩がなくなれば歪みも解消されるはずです。

 

「骨盤の歪み」は、なぜ起こるのでしょう?

骨盤の歪みは日常生活での動作やクセ、猫背、良くない姿勢などにより引き起こります。

バッグを片側だけで持っていたり、食べ物を片側だけで噛んだり、脚を組む、反り腰に立っているなどしていませんか?
また、女性の場合、毎月の生理周期のリズムに合わせて数センチ範囲で骨盤が緩んだり締まったりします。

 

骨盤が歪むと体液の循環も阻害します。

血流が悪くなると、酸素や栄養が届きにくくなり筋や内臓などあらゆる身体の組織の機能が低下します。

老廃物もうまく排出されず、新陳代謝が悪くなってむくみや冷え症の原因にもなります。生理痛の原因にもなります。

 

骨盤が歪む座り方

家でくつろいでる時、どんな姿勢をしていますか?

両脚を横にもってくるような横座り(お姉さん座り)でしょうか。

正座を崩し足の間にお尻をおとすようなぺしゃんこ座りでしょうか。

椅子やソファに座っている人は腰を深くかけ背中を丸めていますでしょうか。

 

実は、横座りもぺしゃんこ座りも腰を深くかける座り方も骨盤が歪んでしまう姿勢なんです!

特に妊娠中の女性の場合では赤ちゃんが下がりやすくなる原因にもなります。

 

床に座る時は、正座やあぐら、ソファや椅子に座る時は足もとに台をいれるなどをして骨盤を歪ませない座り方を意識しましょう。

 

骨盤をゆがませない座り方

正座のあぐらも長時間同じ姿勢はつらくなってきてしまいますね。

より快適に過ごす為には、

・正座中は親指を重ねないようにする

・三つ折りにしたバスタオルを一枚おしりにはさむ

このことを意識するだけで骨盤を歪ませることなく生活できます。

 

骨盤周りを調整する体操法

骨盤周りを調整する体操法は何種類もありますが今回はそのなかでも簡単に取り組みやすい方法をお伝えします。

 

1)布団や床の上で仰向けに寝て、両ヒザをを立てる。両足、ヒザは閉じておく。手のひらはに向けて床に置く。

2)鼻から息を吸って、お腹を膨らませながら、骨盤を恥骨の方向へゆっくりと傾ける。この時、首は反り、アゴも天井に向く。両ヒザは自然と胸から離れ、腰が反る。

3)口からスーッと音を立てて息を吐きながら、お腹を凹ませて骨盤をみぞおちの方向へ傾ける。アゴを引いた状態に。尾骨が床から浮き、腰は床に着く。1)~3)を3回繰り返す。

4)両腕を体の脇に置いて、手のひらは上向きに。右足を上げてカカトを天井に突き出し、ヒザの裏のストレッチを感じる。足をまっすぐ伸ばしたまま、太モモをつけ根から外側にひねる。

※ヒザを開かず腹筋に負荷をかける。

※お尻を床から浮かせない。

5)外側にひねった太モモをつけ根から内側にひねる。4)と5)をテンポよく外内外内と5回ほど繰り返した後、ヒザを曲げて、胸に寄せる。

 

お尻の状態

実は骨盤の歪みはお尻の状態も関係してきます。

触ってみて冷えていたり、座る時間が長くてお尻が硬くなっている方が多いのではないでしょうか?

そのような状態が続いてしまうと、様々な影響がでてきます。

 

1.姿勢が悪くなる

お尻の筋肉が硬くてうまく働いていないと骨盤が正しい位置にきません。

腰が丸まってしまう状態です。腰が丸まってくると背骨全体が引っ張られ背中も猫背の様な状態になってきてしまいます。

肩こり、腰痛や背中の張りに繋がってきたしまい悪循環ですね。

猫背で立った状態でお尻に力を入れてみてください。背筋が伸びて自然と胸が広がりませんか?

 

 

2.便秘になる

お尻が冷えて骨盤内の血流が悪くなることで腸の働きが悪くなります。

暖かく血行の良い状態の方が腸は動いてきますよ!

 

この2つだけではありませんが、これらが改善されると妊娠しやすい身体に繋がってきます。

座る時に体重がお尻にかかっているので、お尻の筋肉は重要な役割を果たしています。

普段何気なく座っている時立っている時の姿勢、お尻が冷えていないか気付いたら確認してみてください。

 

お尻の筋肉たちは股関節・骨盤周辺に付いていて「歩く」・「走る」・「バランスをとる」など日常生活においても大切な働きをします。

骨盤を整えるのにはお尻のケアも必要です。

 

1.ストレッチ

・仰向けで両膝を立て左右交互に倒します。

・腰からお尻にかけて筋肉が伸びるのを感じます。

★この時に肩が床から浮かないように気をつけてください。

 

・伸び感感じない方は少し負荷をかけます。

両膝を立てる→右脚を左脚にかける→左に倒す

片脚を反対脚にかけることで重さがかかり伸び感が感じやすくなるはずです!

反対も同様に行ってみましょう。

 

2.テニスボール

・床にテニスボールを置きます

・横向きになって片方のお尻のほっぺ辺りにテニスボールがくるように乗ります。

・20秒間ほど押し当てたり、ボールをコロコロ転がしてみます。

・筋肉にあたってイタ気持ちいのを感じてください。

★骨に当たらないよう注意するのと、無理はしないでくださいね!

 

3.タオルをあてる

・フェイスタオルを縦に二回折り、真ん中に結び目をつくります。きつくしばり押してもつぶれないくらいのとんがりをつくります。

・床に指圧タオルを置き、お尻の左側をのせ刺激を感じるポイントを探します。

・凝りを感じるポイントにタオルを当て、右足を組みます。足の重さを使って刺激を調整しながらマッサージ!

 

指圧タオルで5秒圧迫 × 3秒休み を 2セット

圧迫しながら30秒から1分間揺らしていきます。

 

これを行うことでお尻の筋肉をほぐし冷えや凝りを解消していきます。

次にストレッチというよりヨガのポーズをお伝えします。

「牛の面のポーズ」と呼ばれているポーズです。

 

1.座位で足を交差させ、両脚の甲を床につけるようにして座る。

(この時左右の膝が真っ直ぐ重なるようにします)

2.背筋を伸ばして、顎をしっかりと上に向けた状態で、右手を上げながら肘を曲げて、手の平を背中に付けます。

3.左手を下方から背中へ回し、右手を握ります。

後ろで手を繋げない場合はタオルなどで補助をします。

 

これが正式なやり方なのですが、かなりレベルが高いです。最初は1の姿勢をとることさえ難しいくらいです。

なので1の姿勢をとることから始めてみましょう!

ポイントとして背筋を伸ばして、骨盤を立てること。そうするとお尻の奥の方まで届いてきます。

この時呼吸は止めないように!大きな呼吸を繰り返していきましょう。

お尻が柔らかくなると妊娠しやすい身体にぐぐぐっと近づきます。ぐぐぐっです!!

 

今までお伝えしたもので、言葉では伝わらない部分があると思いますので

わからないことがあれば気軽に聞いてくださいね♪

 

妊活をしているとお腹を温めることを意識している方は多くいらしゃいますがお尻を意識して温めている方はあまりいらっしゃいません。

お尻が冷えているとお腹も冷えてしまうので全体的に温めていきましょう。

またお尻が冷えてしまうことで妊娠中の逆子や、腰痛の症状もでてきてしまいます。

 

 

2017年04月24日 19:27

妊活と肩こり

妊活と肩こり

妊活と肩こりには身体の構造上深い関係があります。

まずは簡単に肩まわりの筋肉のお話をしていきます。

 

< 僧帽筋(そうぼうきん)肩甲挙筋(けんこうきょきん) >

場所:肩が痛いと思い無意識にふれるところ、首の付け根。

肩こりからくる頭痛・猫背は、この筋肉が緊張状態にあることで痛みが出てきています。

寒くて縮こまった時や、寝違えた時の痛みの原因部分ともなります。

デスクワークで肩が上がっている状態の時もこの筋肉が影響してきます。

 

< 棘上筋(きょくじょうきん)棘下筋(きょっかきん) >

場所:肩甲骨の上についている筋肉であり、上部と下部に分かれています。

回旋筋腱板ともいわれ肩甲骨と上腕骨を結ぶところです。

主に肩を動かす動作に使われている筋肉ですが、デスクワークやスマホ依存になっていると方が内側に入りや

すくなり痛みがでてきます。腕を上げる、横に振る動作が辛い時は疲労が溜まっています。

 

< 小菱形筋(しょうりょうけいきん)大菱形筋(だいりょうけいきん) >

場所:肩甲骨同士を背骨寄せるように動かす時に使われる背骨と肩甲骨の間に存在する筋肉です。

猫背やストレートネック、姿勢のくずれが原因となり痛みがでてくる部分です。

 

このように猫背や姿勢の崩れがあると肩が内側に入り前かがみになってしまいお腹を圧迫してしまいます。

この状態が続いてしまうとお腹の血流が滞ってしまい硬くなり、子宮やお腹周りが冷えやすくなってしまいます。

寒くなり、肩をすくめて歩いていると、肩こりだけでなく、妊活にも良くありません。

肩こりを解消しお腹を温かく・柔らかく・元気にしていきましょう。

 

肩甲骨と骨盤の関係

子宮を支える仙骨という骨を中心とする女性にとって最重要ともいえる骨が骨盤ですね。

骨盤は生理周期に合わせて位置が上下し、開閉します。

 

子宮の健康には開閉がスムーズなことが重要であり、骨盤の開閉が悪かったり、

骨盤が緩むと骨盤内の血流が悪くなり生理トラブルを引き起こしてしまいます。

 

この骨盤がスムーズに動くカギの1つは連動する頭蓋骨と肩甲骨です。

骨盤が上下に動くと身体の重心が変わるので頭蓋骨と肩甲骨も一緒に動いてバランスを保とうとします。

そのため、骨盤の開閉がスムーズではないと肩こりや腰痛を引き起こしてしまうのです!

 

頭蓋骨

背骨を通じて骨盤の中心にある仙骨と後頭骨が連携しています。

骨盤がスムーズに開閉しないと頭痛を引き起こす原因となります。

 

生理の時期に肩こりや頭痛が起こることがありますよね。

これは骨盤の開閉に合わせて他の骨も一緒に開こうとするからです

 

対処法として、温めたおしぼり(ハンドタオルをレンジでチン!でできますよ)などで首を温めて血行を良くすると

頭や首が柔らかくなって上半身が楽になります。頭痛は痛みがある側の首を温めると良いです。

ただ、片側だけ痛みがあるような拍動性の片頭痛は温めるのは厳禁でその場合は拍動する部分を冷やしたほうが楽になるので痛みのタイプをしっかり区別して対処してくださいね!

生理痛を和らげるには肩甲骨や頭蓋骨を日頃から緩めておくのも1つの方法です。

 

・入浴時などリラックスしている時に両手を広げ指の腹で頭を抱えるようにマッサージする

・よく笑ってリラックスする(お笑いを観る、お友達と楽しく過ごすなど)

意外かもしれませんが、笑うことで楽しい感情を脳がキャッチして頭蓋骨が脳に合わせて動くようなので

気持ちがリラックスすることは大事なことです!

 

肩甲骨

デスクワークでは動かすことが少なくかたまりがち

動きが悪いと生理前に肩や胸が開きにくくて痛むこともあります。

 

肩甲骨ストレッチのやり方

ここで簡単にできる肩甲骨ストレッチのやり方をご紹介します。

1) 両手をグーにして肘を曲げ、親指が鎖骨の近くにくるようにする

2) そのまま背泳ぎのように左右交互に肘をグルグルと外側に回す × 10回

3) 続いて内側に回す × 10回

立った姿勢でもできるのでオススメです。

次のはタオルを1枚ご用意ください。

座って行います。足は腰幅に開いてください。

1)腕を胸の前に伸ばして肩幅にタオルを持つ

2)腕を伸ばしたまま、タオルを前からまっすぐ頭の真上にあげる

その時、タオルが頭の前方にあるのはNGです

3)頭の後ろを通るように両腕を下ろす

左右の肩甲骨同士を中央に寄せるように意識してください

4)2)、3)を10回繰り返す

 

https://www.youtube.com/embed/UgO41zpnVO4

 

 

毎日使っているアレを変えると肩こり解消の近道に・・・?

 

肩こりが何故妊活に影響するのかというと首には甲状腺があり、首を含む脊柱起立筋の緊張は自律神経に影響を与えます。

この二つの働きの低下は女性ホルモンの分泌に関わってくるからです。

肩こりは姿勢が重要です。普段から良い姿勢を意識するのは大事ですが寝ている間ずっと頭を支えている枕を見直してみるのはいかがでしょう。

 

最近は枕の売り場で高さを測ってくれるサービスなどもありますが実は売り場で測ってもマットレスの沈み方が

ご自宅のものと違うのでご自分の家に帰ると高さが変わってしまうのです。

なので本来はマットレスと一緒に枕を買うとよいらしいです。

でもマットレスはそんなに買い替えるものではないですよね。

 

なのであらかじめご自宅でバスタオルを使って高さを測っておくとよいそうです。

バスタオルは頭の方から肩口ギリギリまでしっかり下に入れて肩甲骨から頭が15~20度起き上がる角度に設定します。

肩口までというのがポイントです。肩口まで枕があることで首全体が支えられます。

また少し高いように感じられるかもしれませんが寝ている時は寝返りを打つので横向きになっても首が側屈しない姿勢を保てるのが理想です。

 

枕が要らないという方もいらっしゃるかもしれませんが枕を使わない状態で口を開けてねているようでしたら考えものです。

枕を使わないと顎が上がりやすくなり寝てる時に口が開いてしまいやすくなるのです。

喉の粘膜の乾燥を防いで風邪をひかない為にも正しく枕を使う必要があります。

また、顎が上がった姿勢では舌の位置が下にさがるので将来的に嚥下障害をきたす可能性もでてきてしまいます。

逆に枕が高すぎて首がお辞儀するように曲がってしまうような状態が続くと首周りの筋肉に伸張ストレスを生じさせストレートネックとなで肩を助長させてしまうおそれがあります。

 

枕一つでとお思いになるかもしれませんが一事が万事。小さな事を積み重ねてゆくのも大事な事なのです。

 

肩こりに効果的なツボ

肩井(けんせい)

肩を直接刺激して、筋肉のこわばりを取る特攻ツボです。

取り方は前に首を倒してでてくる骨と肩の端の骨とを結んんだ中間点です。

 

右手を左の肩に置いた時に中指が当たるらへんで

押すとツーンとした痛みや、筋肉の疲れが感じられるところです。


 

後谿(こうけい)

痛みを伴う肩こりに有効なツボです。

取り方は手の感情線の端のあたりにある骨のキワに取ります

 

くぼみから指先ぬ向けて押し上げるように押すと効果的です。

 

手三里

肘を曲げてできる線から指3本分のところにあるツボです。


 

骨の内側に潜らせるようにして、肩に向けて刺激が行くように押します。

手三里は万能ツボとしても有名で、胃腸の不快感、吹き出物、肩、首、肘、背中のこわばりなどにも効果的と言われています。

 

ツボグッズがなくても、指で押したり、この寒い時期はホットペットボトルで温めてあげてもとても気持ちいいです。

是非お試しください。

 

 

https://www.youtube.com/embed/-5CH7U4L22I

 

 

 

2017年01月16日 00:00

子宮内膜症・子宮頸がん・子宮筋腫

子宮内膜症

現代病ともいわれる「 子宮内膜症 」

妊娠・出産を前にした20代・30代の女性に急増しています。

女性のライフスタイルの変化が大きく関係していると考えられますね。

 

主な症状としては、月経痛・慢性的な骨盤内の痛み・性交痛・排便痛などがあげられます。

 

通常、子宮の内側の組織が月経周期に対応し子宮内膜の増殖、剥離(月経)を繰り返し行います。

しかし、何らかの原因で子宮内膜の組織が異所的に増殖を繰り返し炎症や癒着を引き起こしたりすることをいいます。

色々な説がありますが、詳しいことはいまだ解明されていません。

 

子宮内膜症は子宮内膜様組織がエストロゲンにより増殖することで発生し、エストロゲン依存性疾患であるといわれます。

このため、エストロゲン分泌量が多い性成熟期に好発します。

エストロゲン分泌量の増加や、腹腔内に逆流する月経の増加により子宮内膜の発生リスクは上昇します。

 

妊娠期間中はエストロゲン分泌量は増加するが黄体ホルモン分泌量も増加し子宮内膜組織の増殖を抑制するため

妊娠・分娩回数が多いほど子宮内膜症の発生リスクは低下します。

しかし、内膜症を放置してしまうと癒着が起こり不妊の原因にもなるといわれています。

 

鍼灸治療では内膜症によって起こる痛みや、血流の滞り、月経の際の不快感を改善していくお手伝いができます。

 

子宮頸ガン

皆さんは2年に1回の子宮頸がんの検診をうけていますか?

子宮頸がんは子宮がんの7割を占めており、ここ数年で患者数・死者数が増加しています。

 

以前は子宮頸がんのピークは40~50歳代でしたが最近では20~40歳代の若い女性に増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。

 

子宮頸がんの主な初期症状はありませんが、進行するにつれて異常なおりもの、不正出血、性交時の痛み、下腹部痛などが現われてきます。

 

子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV感染)との関係があることが近年明らかになり、主に性交渉で感染します。

男性・女性ともに感染するありふれたウイルスなので、生涯に女性が感染する割合も全女性のうち少なくとも80%以上と推定されています。

感染すること自体はむしろ普通のことでありますが、ほとんどが免疫の力でウイルスが自然に排出されるのですが、

このうち自然に排出されなかったウイルスが長期的にカラダに残り数年かけ子宮頸がんに進行してしまいます。

 

子宮頸がんに進行する前の段階で発見し治療をおこなうことでがんへの進展を防ぐのが【子宮頸がん検診】です。

50~70%の割合で判明しますが、がんやガンの前の状態であるときも一定の割合で検診では異常なしと判定される危険性があります。

 

では、どのようにしたら子宮頸がんを予防できるのでしょうか。

 

子宮頸がんでは検診だけでなくヒトパピローマウイルスの感染自体を予防して頚がんを発生させないようにするワクチンがあるのです。

現在使用可能なヒトパピローマウイルスワクチンは頚がんの約6~7割を予防できると考えられています。

検診とワクチンの両方による予防が最も効果的といえます。

 

しかし、以前ワクチンには重篤な副作用があったなどの報告がありました。

受ける際には必ず医療機関の説明を受けてから行ってください。

 

子宮ポリープ

粘膜にできる良性の腫瘍のことをポリープといい、粘膜がポコッと盛り上がった柔らかい腫瘍です。

よく胃にポリープが出来た。と聞く事がありますがそれに似ています。

ほとんどの場合良性ですが、稀に悪性の場合がありますので慎重な検査が必要です。

 

子宮にできるものを子宮ポリープ、子宮内膜にできるものを子宮内膜ポリープ

子宮頸管にできるものを子宮頸管ポリープと言います。

 

Q 子宮筋腫との違いは?? 

A 子宮筋腫も良性の腫瘍ですが、ポリープは粘膜の異常増殖によるものであり、

子宮筋腫は筋層の異常増殖によるものなので発生源が違います。

 

子宮頸管ポリープは感染症や炎症が発生原因となることが多いのに対し、

子宮内膜ポリープは女性ホルモンであるエストロゲンが原因と考えられています。

ポリープが破裂すると出血を起こすため、不正出血や性交時の出血、運動後の出血、痛みといった症状が出てきます。

そこで、子宮筋腫との鑑別が必要になってくるのが子宮内膜ポリープです。

子宮内膜ポリープは、発生場所によっては受精卵の着床がしづらい場合もあるので、不妊治療をされてる方は切除することが多いです。

薬物療法では治療できないと考えられているため、切除手術になります。

ただ、手術と言ってもお腹を切るわけではなく、子宮鏡などを入れてポリープの根元をはさんで引っ張る方法になります。

手術の場合、入院することもありますが、症状によっては外来処置で済む場合もあります。

 

検診などでMRI検査を行った際、偶然に見つかることもありますが、体外受精がなかなか成功しない、不妊の原因が分からないという場合は、

子宮内膜ポリープの検査を検討してみるのはいかがでしょうか?

 

 

子宮筋腫

子宮を形成する平滑筋に発生する良性の腫瘍です。

良性なので命への危険性はありませんが、生理周期が乱れたり下腹部痛や排便痛、月経困難症などの症状が現れることもあります。

増大にエストロゲンが関与するエストロゲン依存性疾患です。閉経後も増大するようであれば悪性(子宮肉腫)の可能性も考えられます。

 

子宮筋腫は、出来る場所と発育する方向によって3つに分類されます。

1)粘膜下筋腫

子宮内膜のすぐ下に発生し、約1割がこのタイプです。しかし、小さくても痛みが強く不妊症や不育症でみられることが多いです。

 

2)筋層内筋腫

子宮の筋肉の中に出来る筋腫です。6〜7割がこのタイプで、最も多くみられます。いくつも出来やすく大きく成長しやすいのが特徴です。

 

3)漿膜下筋腫

子宮壁の外側に出来る筋腫です。2〜3割です。子宮の外側に向かって成長するため、大きくなると他の臓器を圧迫し症状が出ます。

 

 

Qなぜ、子宮筋腫は発生するのでしょう?

その原因ははっきりと分かっていません。

要因として、ストレスによるホルモンバランス(エストロゲン、プロゲステロン)の乱れ、遺伝性、晩婚化による出産数の減少、

生活習慣(食事、運動不足、冷え)などが考えられるようです。

 

Q子宮筋腫でも妊娠できるの?不妊の原因になるの?

筋腫が出来てしまうと、受精卵が着床するスペースが減ったり、子宮内壁が硬くなったり、凹凸に変形したりと

着床しづらい状態が作り出されたりします。

また、卵管付近の筋腫は精子や受精卵を運ぶ機能を低下させ、卵管自体を閉塞させて受精卵の移動を妨げてしまうことがあります。

また、子宮筋腫は、子宮内膜症や子宮腺筋症との合併を起こしやすいです。

明らかな不妊の原因である場合は摘出手術などを行う場合もありますが、子宮筋腫があっても100%自然妊娠出来ないわけではなく、

大きさや筋腫の場所、症状によるため、医師と相談して治療法を選択してください。

 

子宮筋腫は、基本的には良性腫瘍なので、過剰に反応する必要はないと思いますが、

妊娠への影響、月経困難症や日常生活への影響が出ることもあるため、医師と相談しながら、自分のライフスタイルに合った付き合い方をしていきましょう!

 

2016年12月21日 00:00

睡眠の質を高める方法

睡眠中に体で起こっていること

sleep

私達は睡眠時、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返しています。深い睡眠である「ノンレム睡眠」の時に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは他のホルモンを調整する働きがあり、同じ脳下垂体前葉から分泌される卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌に影響を与えます。

睡眠ホルモンとよばれるメラトニンは体内の活性酸素を抑える作用を持っています。

活性酸素には卵子を攻撃するので睡眠不足は卵子の育成を妨げる事になります。また男性の睡眠不足は精子の数が25%も減少させるという説もあるそうです。

眠れない時には足を温めると良いと言われています。理由としては活動時には脳にはたくさんの血液や酸素が集められ熱を産生しています。

就寝時には脳が休む為にその熱を手や足などで放出して脳の温度を下げるそうです。冷え症の人はその放熱が上手く出来ないために

脳が休まりきらずなかなか寝付けないという事が起こるそうです。足を温めるという事は強制的に血流を足に運ぶ効果があります。

眠る時間も大切ですから午後10時~午前2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間にノンレム睡眠の時間を充てられるように早寝を心がけましょう。

 

質のいい眠りにつくためには

その1 電気は白熱灯の間接照明に。

同様に蛍光灯は光が強く、眠りモードを妨げやすいので注意!

ほっこりと心がなごむ白熱灯の間接照明に替え、好きな音楽を聴いて過ごすなど穏やかな時間を楽しみましょう。

緊張をゆるませる効果のある”ラベンダー”のアロマをたいてみるのもおすすめです。

 

その2 眠る1時間前にはテレビ、パソコン、スマホをオフ!

テレビやパソコンの強い光や刺激的な情報は自律神経を興奮モードにしてしまいます。
眠る1時間前になったら電源をオフにして目や頭を休ませてあげましょう。
また、目は女性ホルモンとも関わっている場所と言われています。ホットタオルなどをのせて休むのも効果的です。

 

その3 布団に入ったらゆっくり深呼吸

自律神経の働きは意識的にコントロールすることはできませんが、呼吸法が助けになることもあります。
ゆっくり深呼吸をすることでリラックスモードに切り替わりぐっすり眠れます。

また、妊娠しやすい体づくりにはお腹の柔らかさが大切です。深呼吸をすることで横隔膜が開き子宮や卵巣にたくさんの酸素や栄養を送ることができ、お腹も柔らかくなってきます。呼吸法を意識し眠りについてください。

 

その4 布団に入る前に適度な水分補給

寝ている間にはコップ1杯分もの汗をかくといわれています。ですので水分が足りていないと血液もドロッとして血のめぐりが悪くなるので白湯や水を1杯飲んで寝ましょう。

 

頑張って眠ろうとすると返って眠れなくなってしまったりします。

眠れない時は深呼吸をして、または腹式呼吸をして、呼吸を整える事に意識を集中させてみてください。脳と身体をリラックスさせてあげる事がまずは大事な事なのです。

 

よい入眠方法とは

寝る時、身体が冷えてしまってお布団に入ってもなかなか温まらず眠りにつけない方も
多いのではないでしょうか。
ただ、温め方によっては睡眠の質が悪くなる場合があるので要注意です。

その1つに、「靴下」があります。
よく足が冷えるので靴下を履いて寝る方がいると思います。
寝る前まで靴下を履いているのは冷え対策にもなるので問題ないのですが、就寝時まで履いているのはNGです。
なぜなら、眠りにつく前って体がホワーっと温かくなると思うのですが、靴下をはいたままだと足からの放熱が妨げられ、深部体温が下がりにくくなってしまい、かえって寝つきが悪くなってしまうのです。

そんな時は、「レッグウォーマー」がおススメです!

レッグウォーマーで足首を温め、全身の血流を促します。足裏から放熱も出来るのでスムーズな入眠ができると思います。

 

「電気毛布」の使用も要注意です!

電気毛布は温度が変わらないため、つけっ放しにしているとコレも深部体温を下げにくくし、深い眠りの妨げになってしまいます。

また、ずっと熱いので寝汗をかきやすくなり自律神経が休まらず疲労回復もしづらくなります。

脱水症状になる可能性もあります。

就寝前にお布団を温める目的として使いましょう。

湯たんぽは、徐々に温度が下がっていくアイテムなのでOKです(^O^)

 

自分の身体だけでは、速やかな睡眠が難しいこともあると思います。

上手な道具選びで、快適な睡眠環境を作っていきましょう!

 

早寝早起きが女性ホルモンにいい理由

地球は約24時間を1日とし1回転しますが、人の身体は大体23~25時間を1日として活動しています。

そのズレをリセットしてくれるのが朝日です。

 

まず、朝日を浴びるとセロトニンという物質が分泌され、交感神経が働き始めます。

自律神経の交感神経、副交感神経が正しく働くことが体内リズムを整える事に繋がります。

セロトニンはまたメラトニンというホルモンを作る材料にもなります。メラトニンは就寝前に分泌され、脈拍、血圧、体温に働きかけ

身体を眠りへと誘います。早起きすることが質の良い睡眠へと繋がってくるわけです。

 

セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから作られます。

トリプトファンが多く含まれるナッツ、アボカド、乳製品、キノコ類、大豆製品、

カツオやマグロを朝食で300~400mg取っておくと寝つきと寝起きが良くなると言われているそうです。

トリプトファンは必須アミノ酸でアミノ酸からなるタンパク質に多く含まれていますが、

動物性たんぱく質より植物性タンパク質の方がセロトニンの材料になりやすいと言われています。

 

セロトニンは幸せホルモンとも言われていて楽しいと感じた場合に分泌されるとも言われています。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌の低下に伴いセロトニンの分泌も低下すると言われています。

 

とはいえセロトニンの過剰な摂取は肝機能障害を引き起こすと言われています。

偏食やダイエットなどで過剰にタンパク質を避けたりしていなければ、サプリメントに頼らずとも、

バランスの良い食事を心がけることで必要量を摂取することが出来ると言われています。

 

女性ホルモンは自律神経によってコントロールされています。

妊活の質を上げる為には早寝、早起き、バランスの取れた食事、そして毎日楽しく過ごす事がとても大事な事になります。

 

寝苦しい夜の過ごし方

皆さんは寝苦しい夜をどのように過ごしていますでしょうか。

 

数年前までは夏の夜のクーラー使用は、寝る前に室温を下げ、数時間後には切れるようタイマーをセットしておくというのが基本でしたね。

今は少し違い、夜通し使用でも良いという考えになってきています。

 

寝室を快適な空間にする場合、【室温29℃以内、湿度50~60%】が基準となりますが

できれば寝る前に室温を26℃くらいに冷やしておいてから、眠る時は28℃程度に設定し睡眠をとることが勧められています。

人は体から熱を出すことで体温を下げて眠りにつきます。

しかし、周りの温度が高くなると皮膚の温度はあがり放熱できず体温が下がらないことで中途覚醒が増えてしまうそうです。

何度も何度も夜中に起きてしまうとゆっくり休めず、体力を戻す事ができなくなり自律神経の乱れを起こしてしまう原因にもなります。

 

対策方法としては、クーラーを夜通し使いつつ、扇風機を使用するなど冷たい空気を循環させてください。

妊活中や妊娠中の方は、くれぐれも、お腹や足首は冷やさないように腹巻やレッグウォーマーで対応してください

 

不眠について

不眠は西洋医学では、入眠困難・熟眠困難・早期覚醒・中途覚醒と分類します。

 

東洋医学では不眠は心身の過労や環境の変化からくる一過性のものや、身体的な苦痛からくるもので原因を除去できるものが効果がよく、脳・心・腎臓疾患・精神病によるものはあまり効果が期待できません。

 

心身の過労や神経症の場合が多いので神経過敏を鎮めるようなツボを使います。

 

●百会(ひゃくえ)

左右の耳尖を結ぶ線と正中線との交点

 

●風池

風池 頭を支えるようにして両手の親指をくぼみの縁に当てて頭の中心に向かって押し上げる。

 

《慢性の胃腸障害があり、心窩部がつかえ、便秘したり腹が張って寝れない場合のつぼ》

 

●足三里(あしさんり)

膝のお皿の下に人差し指のはしをあてて、つま先方向に指4本分。

 

 

《特効穴》

●失眠(しつみん)

足の裏、かかとの中央にとる。

お灸をするとより効果的です。

熱くなってからさらにお灸を2~3回するといいといわれています。

 

 

今回教えたツボは一般的な不眠のつぼです。

 

このほかにも不眠によく効くツボですが

自分で探すのが難しく、ご紹介できないツボもあります。

 

また、ツボの刺激量や使い方も個人差があります。

ツボの位置が分からない場合や

他のツボも気になる方はお近くの鍼灸院へいき、

ご自身にあったツボを施術してもらってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボ以外にお勧めの睡眠呼吸法

健康増進の方法は多岐にわたりますが、お金も時間もかけずに出来る一つの方法として「呼吸法」が挙げられます。
丁寧に呼吸をする事は、血圧を整えたり、感情の起伏を穏やかにしたり、はたまた記憶力に影響を与えるという研究結果も出ているほど、私達の健康において重要な役割を担っています。

呼吸法による様々な利点の中で、この機会に特に注目したいのが不眠症改善、主に入眠障害の改善です。
不眠に対する有名な呼吸法で「4-7-8呼吸法」というものがあります。
米国の内科医師がヨガを参考に発案した方法で、「マインドフルネス呼吸法」ともいわれる瞑想方法の一つです。
もちろん全ての人に当てはまるものではありませんが、世界中の多くの人が不眠症改善、ストレス軽減を実感している方法です。

 

★4-7-8呼吸法のやり方

→ずっと口は閉じた状態で、吸う時も吐く時も鼻で行います。

①口を閉じた状態で、息を完全に吐き出します。
②心の中でカウントしながら、口を閉じたままで鼻から4秒間で息を吸います。
③7秒間息を止めます。
④8秒間かけて鼻から息を吐きます。
⑤ ①~④を就寝前などに3~4セット行います。

呼吸の「呼」つまり「息を吐く」ことは副交感神経に影響を与えます。
吸う時よりも息を吐くことをゆっくりと長めに行うことで、副交感神経が優位になり、自然と眠りに入っていける状態にしてくれます。
途中で7秒間呼吸を止めるときに、セロトニンというホルモンが分泌されます。これは幸せホルモンとも呼ばれるもので、緊張を和らげて穏やかな状態にしてくれるホルモンです。
また、この方法は心の中でカウントしながら行うことで体の良いリズムが生まれるともいわれています。

 

とても簡単な方法で、人によっては初めのうちは実感が湧かないかもしれませんが、この呼吸法は継続していくことでより効果が高まるといわれています。
副作用などはありませんが、かえって呼吸が苦しくなったりつらいと感じる時は呼吸法を中止してください。

誰もが多忙といわれる現代社会では、遅くまで仕事や勉強をしていたり、寝る直前までパソコンやスマートフォンを使用していたり、活動時間が長い人が多くいます。
活動状態が長く続くと、交感神経から副交感神経への移行がスムーズに行われず、興奮状態が続いてなかなか寝付けない、という状態に陥ってしまいがちです。
呼吸法は、忙しい人にもぴったりの短時間でできる方法です。
ぜひ、おやすみ前の習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

2016年11月29日 00:00

女性専門 みやび鍼灸院

WEB予約はこちら【24時間受け付け中】

【所在地】 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-11
美笠ビル501

【電話番号】 03-6887-2522

【営業時間】 月曜~金曜 10:00~19:00
土曜・祝日 10:00~16:00

【定休日】 日曜

アクセスはこちら