不妊鍼灸施術、産後のケア、更年期障害なら女性専門 みやび鍼灸院|東京都新宿区

【女性専門】【完全予約制】の鍼灸施術院です。当日予約もOK!新宿駅西口から徒歩8分と駅近で、お気軽に通っていただけます。

ホームみやび鍼灸院ブログ ≫ 妊活情報 ≫

みやび鍼灸院ブログ

AIH(配偶者間人工授精)とAID(非配偶者間人工授精)|みやび鍼灸院

 

不妊治療といっても様々な方法がありますね

 

不妊治療を大きくわけると、一般不妊治療と高度生殖器医療があり、

一般不妊治療とは、タイミング法、排卵誘発法、人工授精、その他薬物療法(漢方含む)を指し、

高度生殖器医療は体外受精(体外受精・顕微授精)を指します

 

今回話をすすめていくのは一般不妊治療にあたる” 人工授精 ”です

” 人工授精 ”とは、妊娠を目的に人工的に運動性の良好な調節された精子を排卵日に確実に子宮腔内に注入することをいいます。なんらかの原因で卵管膨大部の卵子への到達精子濃度が低い場合にその濃度を高めようとする方法です

 

人工授精は注入する精子により【配偶者間人工授精(AIH)】【非配偶者間人工授精(AID)】に分けられます

また精子を注入する部位によって*子宮頚管内授精(ICI) *子宮腔内授精(IUI) *腹腔内授精(DIPI) *卵胞内授精(DIFI) *子宮鏡下卵管内精子注入法(HIT) に分けることができますが、一般的に妊娠率や簡単に行えることから【子宮腔内授精(IUI)】が選択されています。

人工授精を行っていく場合は、適応や妊娠率、リスクについての説明をうけてから治療をすすめていきます。とくに非配偶者間人工授精(以下AID)に関しては日本産科学会の「非配偶者間人工授精と精子提供」に関する見解に従って行っていきます。

 

配偶者間人工授精(AIH)

 

★AIHに向いている

軽度乏精子症・軽度精子無力症・フーナーテスト不良・射精障害・性交障害・頸管粘液不良症・機能性不妊・男性の長期不在が適応となります。

また、精子に問題はなくタイミング療法を6周期以上行っても妊娠に至らず、体外受精を行うことには抵抗ある夫婦にも向いているといえます。

 

★AIHの禁忌

AIHを行う際には、夫婦ともに感染症の有無を調べ問題があった場合その部分をクリアにしておくことが大切です。

その他、女性側が事前に子宮卵管造影で子宮や卵管の状態や、基礎体温で排卵があるかどうか・排卵時期はいつなのかを把握しておくことが必要です。

男性側は精液検査で精子の状態を把握しておきます。(一回の検査で異常があった場合には精液検査を数回行ってから状態を再度確認していきます)

女性の両側の卵管が閉塞している場合、人工授精を行っても卵子と精子が出会う事ができません。病院の先生の指示に従い体外受精を視野にステップアップすることをおすすめします

 

★排卵日の特定

1)自然周期

基礎体温を目安に来院する日程を決め、子宮頚管粘液・尿中LH・超音波での卵胞の大きさをチェックしAIHを行う日を確定していきます

2)薬物療法

内服薬や注射を使用しながら排卵日を特定していきます

 

★AIHのタイミング

一般的に卵管内での精子の生存率、受精能力期間は約48~72時間と言われています

排卵後の卵子の生存期間は12~24時間であることを考え、排卵予想日またはっその直前に人工授精をおこなうと妊娠の確率が高くなるといわれています。

(これはタイミング法でも同じことがいえます)

 

★AIHの方法

まず卵胞や子宮内膜の厚さを測定し、タイミングが適切であることを確認します。

確認後、子宮頚管液を吸引し、人工授精用カテーテルで子宮内に精子を戻していきます

 

★AIHの副作用

副作用の多くは子宮頚管内からの出血や腹痛などがあります

大きな問題になることはありませんが、AIH後数日経っても出血が止まらない、

我慢できないほどの腹痛がある場合は早めに主治医に相談してください

その他、可能性は少ないですが感染予防のため抗生剤を服用することがすすめられています

 

非配偶者間人工授精(AID)

非配偶者間人工授精とは、パートナー以外の精液を使用し人工授精にて妊娠を試みます

日本で初めてAIDにより子どもが誕生したのは1984年、その後もAIDにより誕生した子どもは年間平均約120人ほどいると言われていますが、実際は1万人以上から3万人以上といわれています。

その理由はなぜでしょうか。

日本産婦人科学会での調査では「AIDの治療を施して、AID児が生まれた」とういことを病院側が学会に報告をすることでカウントされるので、報告のないAID児の数はカウントされないからです。また、AIDの治療を行った後、通院しなくなるカップルもいます。無事妊娠したらAIDを行った病院ではなく別の産婦人科で出産することがあるのです

また、【AIDは人工授精にのみ適応される】とする日本産婦人科学会のガイドラインも必ず守らなければならないという法的規則はないため、AIDを体外受精で用いる場合には、この調査外として扱われることになります。ガイドライン上認められていないシングルマザーや同性のパートナーなどのAID実施も調査外となりよって正確なAID児の数は確認が取れないようです

 

パートナー以外の精液を使用するのに抵抗がある方もいると思いますが、AIDに使用される精子の条件はとても厳しくふるいわけられています。

 

AIDに使用される精子提供者の条件

・HIVをはじめとする感染症にWindow期間*が存在し、実際に新鮮精液使用によるこの期間の感染が報告されている事を考慮し、少なくとも180日凍結保存してその後提供者の感染症検査を行って陰性であった凍結保存精液のみを使用する

(*Window期間とは…ウイルスなどの病原体に感染してから、検査で検出できるようになるまでの期間のことをさします。実際には感染しているにもかかわらず、この期間に行う血液検査では、結果が陰性(偽陰性)とでてしまいます)

・同一の精子提供者からの出生数は10人を越えないこととする

・提供者の年齢は満55歳未満の成人で精液所見が正常の精液を用いる

・遺伝性疾患を認めないことを確認する

・夫血液型と同型の精液を用いるため精子提供者の血液型を確認する

・提供された精子の保存期間は5年間とし、提供者の死亡が確認された時には精子は廃棄する

・精子提供者は同意書に著名して登録される

・営利目的による精子提供は禁止する

 

★AIDの適応

男性側要件

・精巣組織から精子が回収できない無精子症

・顕微授精を行っても受精せず妊娠不可能と考えられる症例

女性側要件

・基礎体温、子宮卵管造影、感染症などの検査で異常がない場合

夫婦要件

・法的に婚姻している夫婦である

・双方が書面でAIDの治療に同意している

 

★AIDの禁忌

両側卵管閉塞、女性側の性感染症

 

★実施に必要な手続き

・夫婦確認のための戸籍謄本提出・夫婦の血液型の確認・同意書の提出

 

★AIDの方法

精液を子宮腔内に戻すところはAIHと違いはありません

 

一度凍結した精子を使用するので、新鮮精子を用いた場合と比較すると低率であると言われています

しかし、この結果もAIDを行った後の患者の経過が不明な事もあり、はっきりとした数字ではありません

 

★インフォームドコンセント、カウンセリング

精子提供者・AID治療カップル・治療歴の記録を80年間記録、保存し下記のような問題に対応していきます

 

・子どもの出自を知る権利

提供者の開示について検討されているが、相談があった場合、公的管理運営機関が対応します

・近親婚とならないための確認

将来、結婚前に公的管理運営機関で近親婚にならないことの確認をできる

・親から子への告知

親が子供に告知する場合、小学校低学年までが望ましいとされる

 

AIDには多くの課題が残っています。

現状では提供者の開示は認められていませんが、現実的に開示を全面的に認めた場合には治療が困難になっていくと考えられるそうです

AIDで生まれた子どもが必ずしも、提供者を特定できることまでを望んでいない事実も報告されています。提供者を特定できない程度の身体の特徴・人柄・職業などを一部開示する方法で進み、今後、AIDで生まれてきた子どものフォローアップを地道に行うことで次の段階にステップアップしていくのが今後望ましいと考えられます。

 

不妊治療には技術だけでなくいろいろな課題が残っていることがわかりますね。

2019年12月02日 19:17

妊活 体質チェック

ひとくちに「栄養不足」といっても、その理由は人それぞれ。

食事はもちろん、体質、生活習慣によっても変わってきます。

ここで、あなたに必要な栄養がわかる簡単なテストをしてみましょう。

 

1 タンパク質は肉や魚ではなく豆腐や納豆でとっている

2 健康と美容のために野菜中心の食生活を心がけている

3 コレステロールが心配なので、卵を食べないようにしている

4 月経周期が短い(24日以内)

5 月経周期が長い(39日以上)

 

6 今、ダイエットをしている

7 なるべく底カロリーを心がけている

8 体重が40kg以下である

9 痩せ型である(*BMI指数が18以下)

10 太めの体型だ(*BMI指数が25以上)

*BMI 指数の計算方法【体重 kg ÷(身長 m × 身長 m)】

 

11 健康とために肉を控えている

12 月経量が多い

13 めまいや立ちくらみを感じる

14 手足がよく冷え、頭痛や肩こりがある

15 階段をのぼると息切れしたり、夕方に疲労感を覚える

 

16 仕事や日常生活の中でストレスを感じる事がよくある

17 ストレス解消のために、甘い物を食べる事が多い

18 お酒をよく飲む

19 タバコを吸っている

20 毎日30分以上運動している

 

21 忙しいので朝食はほとんど食べていない

22 ご飯やパン、めん類などで食事をすませる事が多い

23 チョコレートやスナック菓子を食事代わりに食べることがある

24 お腹がすくとイライラし、満腹になると眠くなる

25 寝る前に食べる事が多い(食事やお酒、甘い物)

 

皆さんはこの中でいくつ当てはまりましたでしょうか。

☑がいちばん多くついたものがあなたのタイプになります。

 

1~5に☑が多くついた人

生理がこない、くるけど周期が不規則な

月経不順タイプ

月経不順の原因は一つではありませんが、間違った食べ方による栄養不足が大きく関わっています。

具体的には【低コレステロール】と【低たんぱく】です。

多くの方はコレステロールが高いと健康に悪いというイメージをもっているのではないでしょうか。

確かにコレステロール値が高すぎると、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが高まりますが、意外と知られていないのはコレステロール値は低くてもいけないということです。健康診断でコレステロール値が低いからといって喜んでいるのは間違いなのです。

コレステロールは女性ホルモンの原料となり体にはなくてはならない成分です。

コレステロール値が低いと女性ホルモンの材料不足のために、排卵にも影響がでてきます。

卵巣に働きかけ排卵を促すホルモンも例外ではなくコレステロールは不足することでバランスを崩してしまいます。

これが月経不順・無排卵などの原因にもなり、不妊につながってくるのです。

 

次にタンパク質。タンパク質は生命にとってとても重要な栄養素であり人間の体をつくる土台、基本中の基本と言ってもいいものです。

これらが不足してしまうと赤ちゃんができないどころか生命の維持そのものにかかわってきます。

主に皮膚・骨・髪・爪・歯はたんぱく質からできており、血液・筋肉・内臓・ホルモンの材料もたんぱく質からなっています。

ではこれらが足りなくなってしまうとどのようになってしまうでしょうか。考えただけでも恐ろしいですね。

また、たんぱく質は体の中で栄養を運ぶ宅配便の役割を果たしています。どんなに頑張っていい栄養を取り込んでいてもタンパク質がないと上手く運ばれません。

ちなみにコレステロールはタンパク質と結合することによって血液中を移動できるようになります。

 

コレステロールは性ホルモンの材料と書きましたが妊娠体質になるにはコレステロールと同時にタンパク質もないといけません。

妊娠体質を作るには体重1kgあたり1~1.5g、50kgの体重であれば75~100gといわれています。

どの栄養にも言える事ですが、食材の量ではなくいかに体に吸収さされるかを考える必要があります。

タンパク質をとるにはなんといっても卵がおススメです。卵は加熱しても栄養素が減りません。1日2つを目安に食べてみてください。

「 卵を2つも食べたらコレステロールが気になる!!」とおっしゃる人もいるでしょう。

ですが卵を食べてもコレステロール値にはそれほど影響されないので安心して積極的に食べてみてください。

 

 

6~10に☑が多くついた人

ダイエットしすぎ、または食べすぎる

低栄養タイプ

ダイエットなどで過度な食事制限をしたり、偏った食生活、痩せすぎの人などが当てはまります。

「お菓子を控える」「運動をする」といったダイエットならオススメしますが、「食べない」「●●だけ食べる」といったようなダイエットは今すぐやめてくださいね。

無月経や生理不順になってしまうのも、栄養不足が原因であり痩せすぎのタイプの人にみられます。

 

スーパーやコンビニ、あるいは外食時にメニューを選ぶとき、カロリー表をチェックする方は多いと思います。でもカロリーを基準とした食品選びは栄養という面では危険です。

太らないためにカロリーを気にする気持ちはわかります。高カロリーのの食事を続けていれば太るのは当然です。でもだからといって栄養面を考慮せずカロリーが低いだけの食事を続けていたらどうなるでしょうか。

 

カロリー制限をしていると、体は自らの脂肪を燃焼させて対応します。

脂肪が燃焼すれば、痩せていきます。ここで問題になるのが【月経不順タイプ】でもお話しましたタンパク質です。ダイエットでカロリー制限をすると体の大切な構成成分であるタンパク質も燃焼しますので筋肉がおちます。こうして筋肉が落ちると目に見えて体重が落ちるので「痩せた!」と喜ぶことになるのですが、それが問題なのです。タンパク質は皮膚・髪だけではなく女性ホルモンや内臓にも影響を及ぼしてきます。

これでは体や美容面ではもちろん、妊娠する確率も下がっていくでしょう。

 

この文章を読んで痩せすぎの人だけ栄養を気にしたらいいとおもっていませんか。

実は太っている方も要注意。

「太り過ぎなら栄養は足りているのでは?」と思うかもしれませんが肥満も立派な栄養不足なのです。

このような方はカロリーを摂取していても必要な栄養は摂取していないために食べても栄養は足りていません。

栄養を過剰にとっているから太っているわけではないのです。

 

やせすぎ太りすぎは表裏一体。結局どちらも適切な栄養が足りていないということは同じです。

痩せすぎ・太り過ぎはBMI指標を用いて判断します。妊娠体質はBMI指標が18.5~25のあいだにするのが目安です。

 

18以下の痩せすぎの人・・・無月経や生理不順になりやすいため妊娠しにくい体になります。

30以上の女性・・・不妊症になる危険度が2.7倍になるというデータもあります。

自分に必要な栄養をしっかりと摂りましょう。

 

 

また妊娠中の栄養状態は赤ちゃんにも影響を及ぼします。これから妊娠を考えている方は必要な栄養を十分にとりながら適正体重をキープするよう心がけましょう。

 

 

 

11~15に☑が多くついた人冷え症でいつも疲れ気味な

体調不良タイプ

 

手足が冷える、頭痛、肩こり、疲れやすい…は女性に多い症状です。

「冷え性だから仕方ない」「頭痛持ちだし」「仕事をしているから疲れているだけ」と思っていませんか?誰にでもある症状のように思われがちですが、このタイプの体調不良の大きな原因は実は「鉄欠乏」にあります。

 

鉄はタンパク質と同じくらい大切な栄養の一つです。不妊治療をされている方には鉄欠乏が多いのです。

 

女性には生理があるため何もしなくても毎月鉄が失われていきます。よほど食べ物を意識しない限り、補いきれません。

 

「会社の健康診断の検査結果で、引っかかったことがないから大丈夫」

ところが、このような人でも詳しく調べてみると鉄欠乏がみつかることがあります。

 

その理由は血液検査の検査項目にあります。

ヘモグロビンとヘマトクリットという言葉を聞いた事がありませんか。ヘモグロビンは赤血球に含まれており酸素を運ぶ働きをしているタンパク質です。

また、ヘマトクリットは血液中の赤血球の割合を示します。この2つの検査項目によって貧血かどうかを調べているのです。

実は貧血や鉄欠乏を調べるための検査項目はほかにもあります。けれども、通常の健康診断の項目に入っていないため、鉄欠乏があっても見逃されている可能性があるのです。ちなみにヘモグロビンとヘマトクリットの他に使用されるのは「 フェリチン 」という検査項目を使います。不妊に悩む方の血液検査をするとこのフェリチン値が低い方が多いのです。

 

体に現れる症状としては、頭痛・肩こり・疲れやすい・といった不定愁訴の始まり、集中力や記憶力の低下やイライラなど精神状態にまで及びます。

また、女性にとって見逃せないのは美容への影響です。鉄には、肌のハリを保ったり、シミを防ぐ働きがあります。そのため、鉄欠乏が深刻になる肌も荒れ、シミも増えて広がってしまいます。

 

鉄欠乏を解消するには、食事内容を見直すことが大切です。鉄欠乏の人の普段の食生活で特徴的なのは、あまり肉類を食事に取り入れていないことです。

ベジタリアンやマクロビオティックと呼ばれる食事法は健康を考えているのですが肉類が足りず慢性的なタンパク質と鉄不足になってしまいます。ほうれん草やプレーンで摂っていると聞きますが植物性に含まれている鉄は吸収率が悪く、これに対しレバーや赤身の肉、魚などに含まれる鉄は体への吸収率はとてもいいのです。鉄を効果的にとるには、肉や魚を食生活に取り入れる事は必須です。カロリーが気になる方がいれば揚げ物や油を使うものを避け、冷しゃぶやお刺身などで食べるといいでしょう。

 

 

 

 

16~20に☑が多くついた人

イライラ続きで、お酒・たばこがやめられない

ストレスタイプ

 

ストレスというと仕事での人間関係や環境の変化などで精神的にダメージを受けることだけをイメージしがちですが私たちが日常生活を送るなかでそれと気づかず受けているストレスはたくさんあります。

暑い、寒い、風邪をひいた、満員電車、お酒、たばこ、甘い物の食べ過ぎ、飲みすぎ、過度の運動…などもすべて体にとってはストレスなのです。

 

健康にいいと思っている運動までもがストレスになるのは何故でしょうか。それには「活性酵素」が関係してくるのです。

 

体内には老化や病気を引き起こす一因といわれているフリーラジカルという不安定な電子があります。

これが体内の細胞をかけめぐることでほかの分子から電子を奪い取り酸化が起こります。

この酸化作用によって体の細胞のダメージを受けているのですが、フリーラジカルの発生源が活性酵素なのです。

フリーラジカルはそれが体内で消去できなければ何も問題ありません。しかし増えすぎてしまうと細胞や細胞膜をも傷つけられてしまうためその機能が低下してしまいます。それが老化です。

フリーラジカルの発生源である活性酵素を増やし、細胞の老化を促進させてしまうにが、お酒、たばこ、甘い物の過剰摂取や激しい運動なのです。

 

まずお酒。体内に入ったアルコールは肝臓で分解されますが、その分解過程で大量の活性酵素が発生します。

タバコも同様に、ニコチンの量とは関係なく、大量の活性酵素を発生させビタミンCをしょうひしてしまうので控えていただきたいものです。

運動をするのであれば基礎代謝を高め、筋肉量をアップさせる効果のあるウォーキング軽い有酸素運動を食後に20~30分程度することをおすすめします。

甘い物を食べすぎてしまうのもよくありません。ストレスが溜まっている時や疲れた時につい甘い物がほしくなってしまいますよね。それは一時的な衝動であり、体内の過剰な糖は活性酵素が発生しやすい状態をつくってしまうのでむしろマイナスなのです。いくら体にいい食事や栄養を取りいれていても同時にこのようなストレスを体に与えてしまったら意味がありません。ストレスによって栄養が消耗してしまうからです。

眼に見えないストレスを減らす事は大変かもしれませんが、食習慣や生活習慣のほうは改善できる余地があると思いませんか?

自分の生活を振り返ってみてストレスの要因となる事を少しでも減らす努力をしましょう。

自分の事を見直してみても改善しない、要因がわからないという方もいらっしゃると思います。

そんな時はみやび鍼灸院へご相談にいらしてください。ストレスになっている要因を一緒に見つめなおしてみましょう。

 

 

 

21~25に☑が多くついた人

ご飯やパン、甘い物が大好きな

低血糖タイプ

 

朝食ぬき、日中の食事はご飯やパン、麺類などの炭水化物ばかり。ときにはお菓子を食事代わりに食べたり、寝る前にはついお酒や甘い物を何か口に入れてしまう…。こんな生活をしている人は間違いなく「低血糖症タイプ」です。

 

「甘い物を食べているのに低血糖なの?」

「糖尿病のこと?おじさんの病気じゃないの?」

という声が聞こえてきそうです。いきなり低血糖症と言われてもピンとこないと思いますので、わかりやすくご説明します。

 

健康診断などで「血糖値」という言葉は聞いた事があるでしょう。血糖値は血液内のブドウ糖濃度のこと。血糖値は通常、ホルモンによって一定の範囲に調整され維持されています。血糖値の濃度が高くなると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値が分泌され血糖値を下げるように作用します。濃度が低くなるとアドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールといったホルモンが分泌されて血糖値を上げるように働きかけます。

血糖値が安定していれば脳に十分なブドウ糖が供給されているので精神的にも安定し、やる気や集中力が上がってきます。食事をすると誰でも血糖値は上がりますが通常はゆるやかに上がって、ゆるやかに下がり食後3~4時間で空腹と同じ値になり安定してくるのです。

甘い物や白米、食パン、麺類などは血糖値やIG値が高く、これらを食べると血糖値が急激に上がることになります。すると血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。このように体には血糖値をなるべく安定させる仕組みが備わっているのです。

チョコレートやケーキなどの甘い物や、白米や食パンといった糖質が高い物を過剰に摂取していると、やがてはこの血糖調節がうまくいかなくなってしまいます。これが「低血糖症」です。

ちなみに糖尿病はこの血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなって血糖値が高くなってしまう病気です。

 

「糖質の高い物を食べすぎて血糖値が高くなるのはわかるけど、どうして低血糖なの?」

たしかに言葉としては反対のように聞こえますね。簡単に言うと糖尿病と低血糖症は表裏一体なのです。

血糖値が急激に上がるためにインスリンが大量に分泌されるのは、前述に話した通りです。

大量のインスリンによって今度は血糖値が急激に下がる事になりますが、この状態が続くと、今度はインスリンの調節がうまくいかなくなり、少しおかしを食べただけで大量に分泌されたり、血糖値が低い状態がずっと続いたりするようになるのです。

つまり血糖値が上がるか下がるかの違いであって「血糖調節異常」という点では糖尿病も低血糖症も同じというわけです。

低血糖症は栄養不足の結果です。空腹になるとイライラしたり食後に眠くなったりするのも実は低血糖の症状で、脳に送られるはずのブドウ糖が安定しないことによってでてくる症状なのです。

 

そして妊娠を望む女性にとって怖いのが、今まで述べてきたインスリンが過剰に分泌されている状態が続くと、排卵障害の重大な原因になるということ。また同時にに子宮内膜症の発症や進展が促されることもわかっています。

いずれにしても、糖質の過剰摂取は妊娠を遠ざけてしまいます。糖分の多いお菓子やジュースを控えたり、GI値の低い物を選んで食べるといった工夫が必要になるでしょう。

2019年11月17日 14:30

着床障害|不妊で鍼灸の施術なら新宿の女性専門|みやび鍼灸院

着床障害

今回は着床障害についてお話ししていきたいと思います。

着床とは、受精卵が分割(成長)しながら卵管から子宮内に入り、子宮内膜にもぐりこむまでの過程を言います。

受精後(発生)6~7日頃から始まり、発生12日頃に完了します。

着床し胎嚢確認→心拍確認とすすみ妊娠成立となります。

 

この着床に問題があり妊娠しない場合の原因は、大きく2つに分けられます。

 

(1)器質的な問題

ひとつめは、子宮腔に着床を妨げる子宮筋腫やポリープのようなものができる器質的な問題です。

その大きさや位置によっては着床しにくくなることがあります。

 

子宮筋腫…

子宮筋層を構成する平滑筋に発生する良性腫瘍で、エストロゲンが関与するエストロゲン依存性疾患のことです。

婦人科疾患のなかで最も多いといわれ、約20%は子宮内膜症を合併しやすいとも言われています。

筋腫ができる場所は主に粘膜下・筋層内・漿膜下に分かれ、特に筋層内に最も多く多発し、

筋腫ができている位置によって着床を妨げてしまうのです。

 

検査で問題がなかった場合、そのままの状態でも妊活を継続できますが、大きくなりすぎて着床の邪魔になっている時には

筋腫をとることがすすめられます。

筋腫は骨盤内の血行不良とも考えられるので、お腹や腰・臀部を温め、子宮内の血行を良くした状態にしておきましょう。

 

ポリープ…

子宮内膜から内側に向かってキノコのように突出している腫瘍のことです。

はっきりとした原因はわかっていませんが、女性ホルモンや細菌感染の影響とも言われます。

 

これらは、超音波検査、MRI、子宮鏡などの検査で診断します。

治療としては、手術療法や薬物療法を行います。

 

また、双角子宮や重複子宮、単角子宮など生まれつき子宮の奇形がある状態であったり

子宮腔で癒着がある場合でも着床がしにくいといわれています。

 

流産や中絶を繰り返し子宮内膜が薄くなり、内膜の厚さが6ミリ以下になると妊娠することはむずかしくなります。

 

(2)ホルモンの問題

ふたつめは、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンの問題です。

 

通常、卵胞ホルモンによって子宮内膜は厚くなり、黄体ホルモン(黄体ホルモンは排卵後にできた卵巣内の黄体から分泌されます)により受精卵が着床しやすい状態になります。

 

この黄体ホルモンの分泌が十分に働いていないと、子宮内膜が厚くならず着床に適した状態になりません。

(器質的な問題のところでお話しした様に内膜の厚さが6ミリ以下になると妊娠がむずかしくなるといわれています。)

これを、黄体機能不全といいます。排卵日から次の月経までの日数が10日以下の時に黄体機能不全と考えたほうがよいでしょう。

 

黄体機能不全に対しては、黄体ホルモンの飲み薬や注射、hcg(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の注射などが行われます。

 

着床率を上げる子宮の検査 ERA・EMMA・ALICE

どれも女性をあらわしているかのような可愛らしい名前ですね。

これらは全て健康な子宮環境を目指す先進不妊治療検査です。

3種類ありますが一回の検体採取ですべての検査が可能です。

 

ERA( エラ)子宮内膜着床能検査

<どんな検査?>

子宮内膜が受精卵を受け入れる状態かどうかを調べる遺伝子検査です。

子宮内膜には着床に適した時期があるといわれていますが、この時期は人によって異なります。

着床に適した時期を特定し最適なタイミングで移植をすることで妊娠率を高めると言われています。

例えば、「移植日は適切」「移植日より▼日早すぎる・遅すぎる」とういように、

12時間のずれまで的確な指示がでるといわれています。

<このような方へ>

良質な胚を移植したにも関わらず、着床に至らなかった方

自分の着床の窓(着床に適した期間)を知りたい方

胚移植を行うタイミングを把握したい方

 

EMMA(エマ)子宮内マイクロバイオーム検査

<どんな検査?>

子宮内の細菌の種類や量を測定し、バランスを見ます。

そのなかでも子宮内の乳酸菌の割合は着床に大きく関わってきます

子宮内の環境改善し、乳酸菌を増やすことによって妊娠率を高めるという検査です。

<このような方へ>

着床しやすいように子宮内環境を整えておきたい方

今後の治療プロセスで、自分の子宮内膜の状況を調べておきたい方

乳酸菌優位ではない場合には、適切な治療を提案できます

 

ALICE(アリス)感染性慢性子宮内膜炎検査

<どんな検査>

慢性子宮内膜炎は細菌感染によって起こり、不妊症・不育症の原因の一つとなります

ALICE検査では従来の方法では特定できなかった慢性子宮内膜炎の病原菌を検出します。

慢性子宮内膜炎は細菌感染によって起こります。この慢性子宮内膜炎は不妊症患者の約30%、

習慣性流産や着床不全の患者では約66%が罹患していると言われています

<このような方へ>

体外授精をしたが、着床しない、または早期流産をご経験された方

慢性子宮内膜炎と診断されて、適切な治療をしたい方

検出された病原菌に対する治療に必要な抗生物質やプロバイオティクスを提案できます

 

これらは妊活の一般的な検査ではなく一般検査にプラスして行なっていきます。

 

検査方法は、子宮内に細い管のようなものを挿入し子宮内部の一部を採取します

麻酔は使用しないことがほとんどですが生理痛に似た痛みが多少感じられると言われています。

気になる方は鎮痛剤を処方することもできますので医師にご相談ください。

*当院では検査を行っておりません。

 

遺伝子検査とは

世の中の遺伝子検査にはDNA検査・RNA検査の二種類が存在します。

両親から受け継いだ生涯変わることのない遺伝子の情報、つまり体質を調べるのはDNA検査です。

DNAとは、私たちヒトの体を構成するすべての細胞に存在し、DNAの情報に基づいて体の細胞、器官、臓器がつくられているため

「生命の設計図」とも呼ばれています。

ヒトのDNAはどのヒトにも共通していますが0.1%程度に違いがみられ、この違いが個人の多様性を生み出しているといわれています。

このDNA検査では習慣病のリスク、薬の副作用の出やすさ、運動や代謝の能力などがわかるといわれています。

これにより将来かかる可能性のある病気を予防したり、個人の体質に合う効果的で適切な薬を選択できるようになるのです。

(DNA検査の臨床での応用としては新型出生前診断や着床前スクリーニング検査です)

 

RNAはDNAの情報をもとに体をつくったり、動かしたり、生理状態を維持するために作られ

皮膚の細胞や筋肉の細胞、神経細胞などその場で働く細胞の役割や時間によって遺伝子のRNA発現パターンが変わります。

この特異的なパターンを使って逆に体の状態を推測することもできます。

このRNAの発現パターンを応用したものがERA検査です。

ERA検査の開発当時はヒトの全遺伝子約3万個のうち238個の遺伝子が子宮内膜の着床能に関わっていることがわかったので

これらの遺伝子を用いて検査を開発したといわれています。

 

着床しない身体を鍼灸治療で改善!

着床障害ではホルモンバランスを崩さないことが大切です。

ストレスや睡眠不足、暴飲暴食、喫煙には注意してください。

また、ホルモンバランスを整えたり、病院では検査をしない冷えや、骨盤の歪みを取ることも着床しやすくします。

着床しづらい場合は、鍼灸や骨盤矯正がおすすめです!!

鍼灸では自律神経を整え、緊張をほぐし、血流をアップさせます。

自律神経が整うことで内臓の動きも活性化し、着床を促しやすくします。

効果には個人差がありますが、冷えているお腹やお尻の人にはお勧めです。

 

 

2019年11月03日 19:26

冷えって何?

冷えって何?

気温が急に下がり、朝晩の冷え込みも日毎増していく季節となりました。

手足の冷たさに「冷え」を感じる事も多くなると思います。

でも「冷え」って何なのでしょう?

 

西洋医学には「冷え」の概念はありません。

その為、体温が何度以下になったら「冷え性」という基準があるわけではありません。

それでも「冷え」を感じてる人は多いと思います。

実際に冷たい手足、お腹を触って感じて「冷え性」を感じる事が多いのではないでしょうか?

 

冬になって気温が下がったら手足が冷えるのは当たりまえ?

 

「冷え性」って体質だと思っていませんか?

体質だからしょうがないって思っていませんか?

「冷え」は症状です。

西洋医学的に言うと基礎代謝が低下する事による産熱不足の症状といえます。

 

基礎代謝とは生命を維持するために呼吸をしたり、体温を維持したりするために使われるエネルギー消費のことを言います。

生きているだけで消費されるエネルギーで、私たちが1日に消費するエネルギーのうち、約70%を占めています。

年齢を重ねていくと基礎代謝量が落ちていき、熱を作り体温を保つ力も落ちていきます。

人間の熱産生の約7割は基礎代謝によるものでその約4割を筋力が担っていると言われています。

よって基礎代謝は「筋力の低下」が原因で落ちるとされています。女性は男性よりももともと筋肉量が少ないため、より顕著に冷えを感じる事となるようです。

 

また、血流不足、血行不良、などによる循環不全も冷えの症状といえるでしょう。

 

体質とは遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質の事を言います。

「冷え」は生活や運動などによって改善が見込める症状という事になります。

 

冷える原因は 運動不足による筋力不足、ストレスによる自律神経の不調、など人それぞれになりますが、対応する事が出来る症状なのです。

体質だと諦めずに生活習慣を見直してみませんか?

 

厳しい寒さに負けない体づくり!!

≪冷えない始まりは朝食から≫

皆さん朝食は何を食べていますか?“食事を摂る”ことは体を暖める重要なエネルギーです。朝食に重点を置き、一日の始まりは体を温めスタートしましょう。豆乳や植物性のたんぱく質はとても体を温めるオススメ栄養です。

≪品数の少ない朝食は冷えるもと≫

パンとコーヒー・フルーツとヨーグルト・生野菜サラダ・食べないなんて方は要注意!!これらは、体を冷やしやすい食べ物です。       朝食の品数を増やして、体を暖める組み合わせにチェンジしましょう。

≪主食+副菜+汁≫

玄米や雑穀米 などの主食、チーズや卵 などのたんぱく質野菜の入った 味噌汁やスープ。 これは必ず朝食に摂っておきたい3品目です。フルーツを食べる場合はそのあとに豆乳を飲むと腸内環境が整うのでおすすめです。

≪手足の冷えは厳禁≫

暖房が入り始め体が温かいような気がしますが、手や足は意外と冷えています。靴下やレッグウォーマー、ブランケットをうまく活用し、冷えていないかこまめに触りましょう!また、乾燥も女性の敵です。ハンドクリームもこまめに塗りましょう。

2019年10月13日 19:30

シンバイオティクスで子宮環境を整え妊娠しやすい身体を作ろう|みやび鍼灸院

秋の気配を感じる朝、空気がひんやりして思わず、肩をすくめてしまいますよね。

体調を崩してしまっては妊活も進められなくなってしまいます。

普段から風邪をひかない為にも、妊娠してから風邪をひかないためにも、また妊娠しやすくするにも、腸内環境を整えるのが大切です。

 

腸内フローラが乱れると、

神経・脳トラブルではうつ、記憶・判断力の低下、認知症

肌とレブルでは乾燥やしわ

代謝関連トラブルでは肥満、冷え、血液ドロドロ、糖尿病、心疾患など

免疫関連トラブルではインフルエンザ、風邪、感染症、アレルギー、花粉症

消火器系トラブルでは便秘、下痢、腸炎などが起こることがあるといわれます。

 

膣内フローラが整っていないと着床に影響するともいわれています。

その為に摂りたいのがプロバイオティクス食品です。

 

ビフィズス菌と乳酸菌

この二つはどう違うのでしょうか?

ビフィズス菌はアクチノバクテリア門、乳酸菌はファミキューテリア門に属していて、いわゆる先祖が違います。

ビフィズス菌は酸素があるところでは生きていけず、酸素の届かない大腸にいますが、乳酸菌は酸素があるところでも生きていけるので小腸にいます。

ビフィズス菌

お腹の中にいるときの赤ちゃんは無菌状態です。

出産の際に産道を通ることでお母さんの菌を受け継ぎ、最初はお母さんを同じ細菌を持ちます。

その後生活習慣や食事によって菌の種類が変わってその人その人で違った腸内細菌叢を形成します。

 

お母さんが生まれる前から、腸内環境をととのえていけば、赤ちゃんの腸内環境を変えることができるかもといわれています。

基本的な腸内細菌叢は大きく変わりませんが、生活習慣や食事を変えることで便色やにおいが変わりることがありますよね。細菌を取り出して顕微鏡で見るのは大変なことですが簡単に日々の変化を感じるのは、ご自身の便の変化を観察することで、できると思います。

プロバイオティクス

プロバイオティクス食品とは、生きたまま腸に届いて腸内環境を整え、人体に有益な作用をもたらす微生物の事を言います。

乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌などを含むヨーグルト、納豆、酒かす、味噌などがこれに相当します。

 

プレバイオティクス

これに対して、プレバイオティクスはオリゴ糖類や抵抗性デンプン、食物繊維などプロバイオティクス食品に含まれる菌の餌になる食品をとることをいいます。。

中でも水溶性食物繊維を積極的にとることがおすすめです。

食物繊維のうち、不溶性食物繊維は便の量をふやして老廃物を排出するのを助けます。

腸内の善玉菌を増やしたり元気にする短鎖脂肪酸を生産するのはおもに水溶性食物繊維が行います。

食事摂取基準によると一日で食モス繊維の摂取目標量は18~69才の女性は18g以上、男性は20g以上となっています。

さらに、そのうちの3分の1くらいを水溶性食物繊維にすることが理想です。

 

水溶性の食物繊維含有量

水溶性の食物繊維含有量の多いものを調べてみました。

ライ麦 (100g中)4.7g

オートミール(100g中)3.7g

そば(一人前)1.6g

アボカド(一個)2.7g

切り干し大根(100g中)3.6g

ごぼう(100g中)2.3g

モロヘイヤ(100g中)1.3g

干しシイタケ(100g中)3g

干しいちじく(100g中)3.3g

インゲン豆(乾)(100g中)3.3g

きなこ(100g中)1.9g

 

イヌリン

中でもビフィズス菌と相性のよい、イヌリンはビフィズス菌をより多く増やすといわれています。

イヌリンはチコリの根やキクイモなどに多く含まれる水溶性食物繊維です。

身近なものでは玉ねぎやゴボウなどにも含まれています。

人の体の消化酵素で消化できないため大腸のおくにいるビフィズス菌まで届くことが可能です。

ビフィズス菌のえさとなり素早く発酵され短鎖脂肪酸になり、肝臓や交感神経節、脂肪細胞、食欲中枢、L細胞などに働きかけ血中中性脂肪が低下したり食後の血糖値の上昇を抑えます。

さらに短鎖脂肪酸が腸内のpHをアルカリ性から中性~弱酸性にすることにより、カルシウムやマグネシウムなどの吸収しやすくします。

イヌリンは粉末状のものが販売されており、お米と一緒に炊いたり、コーヒーに混ぜたり手軽にとることができます。

 

シンバイオティクス

プレバイオティクスとプロバイオティクスの両方を効率良く摂取する事をシンバイオティクスといいます。

腸内環境を善玉菌が多い良い状況に導く事が出来るというわけです。

その他に便秘の予防になる食物繊維、便秘の解消に役立つマグネシウム、体内の毒素を排出するカリウムなども一緒に摂ると役立ちます。

 

膣内フローラ

膣内フローラとはなかなか聞きなれない言葉ですね。

ずっと話大腸にある細菌がお花畑のように見えるため、フローラとよばれている細菌叢です。

大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つにわけることができます。

善玉菌が優勢の場合は共生関係が保たれていられますが、何らかの理由でバランスが崩れると、悪玉菌が優勢になり、健康状態に影響を及ぼすようになると考えられています。

腸内フローラに限らず、膣には膣内フローラと呼ばれる細菌で免疫を保っています。

性感染症などを引き起こす病原菌の侵入を阻止しながらも、精子や胎児を受け入れるという面で非常に精密ですね。

妊娠後期になると膣内フローラは乳酸を増やし、酸性化させ、ほかの菌が入りづらくなるように変化していきます。

赤ちゃんは羊水の中では無菌状態ですが、産道を通って出てくるときにこの膣内フローラにであい、環境に順応できるようにすると考えられています。

 

また、膣内の細菌叢の異常が招く細菌性膣炎症は不妊症、流産、早産のリスクを高めるといわれています。

卵管因子の不妊症の女性とそれ以外の不妊症の女性と比べると2.77倍細菌性膣炎症が多く、細菌性膣炎症があると化学流産のリスクが2.3倍増え、さらに早産のリスクが2,4倍になるという研究結果があります。

この結果を聞くと膣内フローラの異常は妊娠力を低下させる可能性があると考えられます。

 

膣炎症は年齢や月経、ホルモンバランスの乱れ、喫煙、不摂生、性行為、衛生環境、ストレス、などにより減少するとバリア機能が低くなり発症しやすくなります。

 

膣内フローラは免疫なので、免疫と考えると東洋医学では肺に関連が強く、肺経の反応をしらべて見るのもよいかと思います。

食べ物で腸内環境を整え、体を整え妊娠しやすい身体、妊娠後や産後も元気でいられる体を目指しましょう。

エクオール

大豆に含まれていえるイソフラボンという成分は体内でエクオールに変わり女性ホルモンに似た働きをするといわれています。

しかし、腸内細菌が整っていないとせっかく取ったイソフラボンもエクオールに変化しないので、沢山大豆をとったとしても効果につながらないことがあります。

 

トリクロサンとトリクロカルバン

あまり聞いた事がないかもしれませんが抗菌、薬用をうたってるハンドソープやシャンプーなどに含まれる成分になります。

話題になったのは2016年くらいなので今は違う物質を使用している製品も多くなっきておりますが、日焼け止めや歯磨きなどに使われている場合があるそうです。

確かに一時期ほど抗菌をうたう商品が減ったように思いますが何故抗菌が良くないと言われるようになってしまったのでしょうか?

殺菌しすぎると良い菌まで殺してしまい腸内フローラのバランスを崩し、耐性菌の出現を促すと言われているからです。

お腹の調子を整える事は大切ですが、細菌フローラがあるのは腸だけではありません。妊活において大切になってくるのは子宮内フローラです。

子宮内フローラは着床時ラクトバチルス菌(乳酸桿菌)が90%以上満たされる事で着床率が上がると言われています。

肌に使用するものも体が吸収してしまいます。

購入の際には成分を確かめてください。

2019年09月25日 10:02

妊活は夫婦の協力がとても大切です|みやび鍼灸院

妊活に向き合う

妊活中に落ち込んでる時、相談する相手として一番多いのは『夫』だそうです。

その次がネットやSNS、親しい友人と続くそうです。

夫が妊活に協力してくれていると感じる妻は8割を超えるそうで男性の妊活への理解の広がりが感じられます。

 

しかし、その一方で妊活中の妻を落ち込ませる一言を言うのも夫だったりするそうです。

夫に言われて落ち込んだ一言をあげてみると排卵日に「疲れてるから」「今日は無理」と断られる。

「妊活だと思うと出来ない」「決められると出来ない」と避けられる。

「すればいいんだろ」と強制したかのようにキレられる。

 

妊活に対して「焦りすぎ」「必死過ぎる」などのネガティブワードを使う

 

直接的な言葉ではなくても、タバコを止めない。

タイミングを取る日(排卵日)を聞いてくれない。

自分には不妊の原因がないと思っている。

等、妊活を自分の問題というよりは妻の問題だと思ってるのではという行動、言動に傷つく事が多いようです。

 

しかし、8割以上の夫婦が夫は協力的であると感じでいるのも事実です。

男と女の根本的な身体の違いや考え方の違いを理解して思いやりを持って言葉を選ぶようにすればより分かり合えるはずです。

 

夫婦で妊活するのは当たり前の事なのに足並みを揃えて進むのは大変です。

 

妊活は夫婦の在り方を問われる機会になるかもしれません。

話し合って向き合ってお二人にとって大切なものを見つけてください。

 

おススメしたい妊活セミナーの内容

先日、妊活セミナーに行ってきました。
妊活の為に必要な事だと思うので、ざっくり箇条書きですが、まとめてみました。
是非参考にして妊活の助けになるといいなと思います。

*埼玉妊活セミナー2016
-生殖医療専門医による講演- NPO法人 男性不妊ドクターズ

2016年2月28日 (12:00~16:00)
獨協大学天野貞祐記念館

講演
1*「知っておきたい妊活事始め」梅ヶ丘産婦人科院長 辰巳賢一先生
2*「意外と身近な男性不妊のお話」越谷病院リプロダクションセンター長 岡田弘先生
3*「栄養と運動で妊娠力をUPしましょう!」大宮レディスクリニック院長 出居貞義先生

内容の概要

講演1 知っておきたい妊活事始め

妊活する前にしておくこと

・標準体重にしておく
・タバコをやめる(卵子が早くなくなる。閉経が早まる)
・基礎体温をつける(どのくらいなのか把握するため)
・風疹の抗体があるかどうか(胎児奇形の予防のため、2か月は避妊する)
病院へ行く時は、35歳未満なら1年。35歳以上なら半年。月経不順や生理痛のある時。
女性初産は30歳を超えた→卵子は加齢の影響を大きく受ける。
*ネットの情報は悪意のある間違った情報。悪意のない思い込みや都市伝説*
段階を踏んで焦らず治療を続けていくことが大切である。

講演2意外と身近な男性不妊のお話

男性不妊の原因 ・突発性(不明)75% 原因はイーブンである。 糖尿病よりも多い。
男性側は病院外来がほぼ無く、仕事・プライド・恐怖心により弱みを見せたくない、
痛いことはイヤだという理由で受診しないケースがある。
夫の加齢は妊娠に影響する→卵活性化率の低下が著明である。

精子力高める7か条

・禁煙する
・禁欲しない
・ぴっちり下着は避ける
・サウナ、長風呂は控える
・膝上でのPC操作に注意
・自転車で股間を刺激しない
・育毛剤に気をつける
不妊症は両方の問題であり、男女とも治療すべきである。2人で受診できる病院が
あるといい。

講演3 栄養と運動で妊娠力をUPしましょう!

栄養状態は現代女性と終戦直後と同じ最悪である。
昨今のダイエット志向によるエネルギーの不足により1700kcalまで下がっている。
カロリー不足時にタンパク質を消費するため低タンパク状態である。
鉄12mg必要。男女ともに今の倍は必要である。
昔の生活の中にはスクワットの動きがあった。もっと身体を使った動作を取り入れる。

改善のためにすること

・朝ごはんをしっかり食べること
・温かい汁物と合わせて玄米や麦飯を食べる
・骨盤の体操は3ヶ月でも効果がある
・脚を骨盤より高く上げる運動をする
腸腰筋を使い、骨盤内を温め冷えを改善させる。血流を良くし子宮、卵巣を温める
運動がとても効果があるということ、寝ている時は温熱療法で身体を温め、
下垂体ホルモンの変化で卵巣機能の改善につなげることが大切である。

 

妊活の生活の見直しに少し手も役に立てれば幸いです。

また、妊活を始める際にぜひ参考にしてもらいたいです。

 

男性も参加しやすい妊活イベント

先日、渋谷で開催された「ジネコ プレコンフェスタ」に行って来ました。

不妊治療の体験談、不妊治療専門院の先生のお話、妊活のためのサプリメントやお茶の提供などありました。

最近のこういった妊活イベントに女性だけでなく、男性の参加もかなり増えてきていることに大変嬉しく思います。

今回もご夫婦やパートナーで参加されている方が本当に多かったです。ただ、積極的にメモを取るのはやはり女性が多かったです。

 

今回のイベントの中で、妊活体験談として女優の加藤貴子さんがトークされました。

加藤さんは、現在48歳ですが、44歳1ヶ月の時に第一子(男)を出産、46歳10ヶ月の時に第二子(男)をご出産されました。

もともと結婚したら自然に妊娠するものだと思っていたのですが、8年経っても妊娠せず、42歳からの妊活スタートになりました。

ただ、それまで不妊に対する知識や意識が全くなかったため、「卵子の老化」のことも妊活を始めてから知ったので、

42歳という年齢からのスタートをかなり悔やまれていました。

ご主人の精子の運動率も悪かったため、ご夫婦での生活習慣の改善に取り組みました。

 

*食事、口からバランスよく摂取

*毎日、45分のウォーキング

*ベジファーストで血糖値の上昇を緩やかにする

*飲酒したら、翌日から3日は空ける

*BMIを19〜23でキープ

*規則正しい生活

*眠りの質の改善、同じ時間に起きる

*楽しく笑って過ごす

 

こうした取り組みを1年間行い、なんと43歳で妊娠されました。残念ながら、初期の段階で流産してしまったのですが、ご夫婦の体質改善の成果が報われ、体外受精で第一子となる長男を44歳の時にご出産されました。

加藤さんがご自身の経験で、特にアドバイスされたことは「がんばらない」ということです。

妊活を続ける中で、妊娠できないという落ち込みや自己嫌悪感、妊娠している人への僻みなどネガティブ感情が沸き起こるのを抑制しすぎて、ポジティブな感情も起きなくなり感情の起伏がなくなってしまったそうです。何をするにも自分を裁くクセがついてしまいました。

そこで、がんばらないことにして、自分を褒めてあげることに切り替えたそうです。そうしたら冷え性がなくなったそうです!

また、ご夫婦で毎日45分のウォーキングをしながら不妊治療について話すようにしたこともよかったそうです。

面と向かって話すとケンカ腰になってしまう話題も歩きながら前を向いて話すことでケンカにもならず、仲間意識が強くなり2人で頑張ろう!

という風に変わったそうです。部屋に籠って深刻な話をするとより深刻になりすぎるので環境を変えて話すことも大事なようです。

 

不妊治療という問題は、徐々に社会にも認識されてきていますが、働く環境での理解度はまだまだ厳しいところが多いようです。

こういった妊活セミナーも増えてきているので、将来的には、不妊治療をしていることを応援、協力してもらえる社会環境になっていくといいですね。

2019年08月15日 11:35

眼精疲労

眼精疲労と妊活の関係

デスクワークが多い現代では1日中パソコンやスマホを見ていることが当たり前になっています。

長時間パソコンやスマホを見続けていると目も疲れてしまいますね。

 

目は本来遠くを見る時は交感神経、近くを見る時は副交感神経が働いています。

この二つの神経を交互に休ませながらバランスよく使う事で人は自律神経を保っているのです。

パソコンやスマホを使う時は、二つの神経が同時に働くため、より目の疲れを感じやすくなります。

 

自律神経を車で例えると、交感神経はアクセル。副交感神経はブレーキです。

仕事中は常に緊張しているからか交感神経が働きアクセルを踏んだままに。

しかし目はパソコンやスマホという近い距離をみているので副交感神経というブレーキも一緒に使ってしまうことになります。

この緊張は脳や背骨を通り、身体全体、そして骨盤を緊張させます。

また仕事でなくてもゲームやSNSで目を酷使してしまう機会が多くありますね。

目や頭でたくさんの情報を処理し続けるとぐったりとしてしまい、疲れ目と同時に頭が痛くなったり気分が悪くなったことはありませんか。

これも二つの神経が疲れ、自律神経が乱れている証拠です。

 

子宮の筋肉はホルモンや自律神経によって動いているので自律神経の乱れは子宮に影響してしまいます。

また、神経の疲れで緊張した骨盤は子宮を固め、血行を悪くし、下半身のむくみやだるさを招くこともあります。

 

たかが疲れ目と思っていたらいけません・・・。

 

眼精疲労に効果的なツボ

 

攅竹(さんちく)

場所:眉頭すぐ下の骨のくぼみ

頭痛、腰痛にも効果があります。

晴明(せいめい)

場所:目頭内側の骨のくぼみ

目の充血、かゆみにも効果があります。

太陽(たいよう)

場所:こめかみ少し前方

頭痛、特に側頭部の痛みが強い時は、効果的です。

 

2019年07月15日 11:37

何故流産が起こるのか!

赤ちゃんが欲しいと望み、妊娠の反応があったのに残念ながら胎嚢が見えなかったり、

心拍が止まってしまったりということは妊活中誰にでも起こりうることです。

 

この場合、なにが悪かったということはなく自然の選別なのです。

不妊治療を頑張っていたのになぜ私がこのような思いをしなければならないの…このように思うのは当然のことと思います。

 

流産は色々な形で起こります。自然と生理が始まり化学流産になることもあれば、手術が必要な流産の場合もあります。

 

このような流産の後は体のケアがとても大切です。女性は自ら新しい生命のために次なる準備をする力があります。

しかし、身体のチカラが不足すると流産の処置が終わっても全部リセットされていないからか出血が続いたり、

基礎体温が安定しないということが起こります。チカラ不足は次の妊娠を遠ざけてしまう原因ともなります。

 

鍼灸治療では、チカラ不足を補い新しい生命のための準備をお手伝いすることができます。

なかでもお灸は温熱効果で血行をよくし、ホルモンバランスが乱れている流産後の身体の自然治癒力を高めます。

 

流産と向き合う事はとても辛いことですが、早めのケアがとても大切です。

次の妊娠にむけしっかりと身体を整えていきましょう。

 

流産の原因

流産の原因は卵子の老化、染色体の異常、子宮筋腫、子宮の形の異常、不育症を含む免疫異常、自然淘汰、トキソプラズマ、ウィルスなど原因は様々です。

流産の中で手術が必要なのは、赤ちゃんや組織が一部残っていて出血が続いている場合です。

不完全流産、稽留流産、進行性流産などとも呼ばれます。

私たちの近辺には大腸菌などの一般雑菌から耐性ブドウ球菌などの完全の原因となる雑菌がたくさん存在します。

それらの雑菌が赤ちゃんや組織について感染症を起こしてしまう可能性があるので、オペを急いだほうがいい場合もあります。

 

そうは手術と吸引法

手術の方法においてはそうは手術が一般的ですが、2012年に世界保健機構(WHO)が発表した「安全な中絶ガイドライン」では、吸引法が推奨されています

掻把は、器具を使って、子宮の内容物をかき出す方法で、吸引法は、吸引力のある機械で子宮の内容物を吸い取る方法です。

時間やリスクにおいては手術する人の腕によっても差が出てくるようです。

まだまだ吸引法についてはやっている病院も少なく、認知している人も少ないので、

今後はオペを選択することが広がっていくといいなと思います。

 

流産の分類

流産には、早期流産後期流産に分けられます。

早期流産12週未満、後期流産12週以降22週未満に起こります。

流産の分類は切迫流産、進行流産、完全流産、不全流産、稽留流産、化学流産の5つに分けられます。

3回以上流産を繰り返す場合には習慣流産と言います。

 

①切迫流産

妊娠22週未満で出血痛みの症状を伴い流産になりかかっている危険な状態をいいます。

症状:出血や下腹部痛、お腹の張りなど流産の兆しを感じさせる症状が出ます。

治療一番の治療法は安静にしていることですが、医師の指導を受けましょう。

少量の性器出血、軽度の下腹部痛、腰痛がみられます。内診で子宮口が閉鎖しています。

 

②進行流産

流産が生じ進行している状態。下腹部痛や出血が強く、頸管は開大しており保存的な治療は不可能なものをいいます。

症状:下腹部の痛み、性器出血、子宮頚部の開大

治療:完全流産か不全流産かで異なります。切迫流産に比べて多量の性器出血、陣痛様の下腹部痛

 

③完全流産

流産が生じ、子宮内の胎児や胎盤がが完全に娩出された状態をいいます。

症状:下腹部痛と出血が消失or軽減

治療経過観察のみで済む場合が多いようです。

 

④不完全流産

流産が生じたが、子宮内に残存物が残っている状態をいいます。

症状下腹部の痛み、出血が続く。

治療子宮内容除去術、残存物が少ない場合は子宮収縮剤および、抗生物質を投与します。

 

 

⑤稽留流産(繋留流産)

胎児が子宮の中で死んでしまっている状態をさします。母体に自覚症状がない状態

症状:ほとんどありません。

治療子宮内の赤ちゃんや組織を取り除く手術(子宮内容除去術)が必要です。

 

⑥化学流産

受精はしたものの着床できなかった状態で、妊娠検査薬で陽性反応が出たにもかかわらず生理がきてしまう場合をいいます。

症状ほとんどありません。

治療:通常治療も特に行われません。

 

 

一般的に12週未満は、「染色体異常の流産」が多いです。

頭で理解をしていても心では追いつきませんよね。

流産後は体のケアだけでなく、楽しい事を考えたりおいしいものを食べたりと

こころのケアもおこなっていきましょう。

 

流産の理由 胞状奇胎

妊娠かどうか調べるときに、Hcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンで検査をします。

Hcgが基準よりも低いと不安や心配になりますが、高い場合はどうでしょうか?

 

hCGは絨毛の合胞体栄養幕細胞から分泌されるホルモンです。

通常は妊娠10週頃がピークでその後低下していくが、胞状奇胎では絨毛組織の異常蔵相によって正常妊娠と比較するとhCG値が高くなります。

 

胞状奇胎の発生理由について

胞状奇胎は全胞状奇胎(全奇胎)と部分胞状奇胎(部分奇胎)に分けられます。

全奇胎は核のない卵子に精子が1~2匹受精することで起こります。

部分奇胎が健常の卵子に対し2匹の精子が受精して起こります。

 

診断

超音波検査によってvesicular pattern(小嚢胞状パターン)や黄体嚢胞(ルティン嚢胞)を認めるとき胞状奇胎を疑う。

確定診断は摘出した絨毛の肉眼所見によって行う。

 

全奇胎と部分奇胎の分類について

全か部分かの違いは肉眼的な嚢胞化の度合いで分類されます。

また、胎児成分が認められないか(全)、認められるか(部分)も分類に指標になります。

さらに奇胎組織が子宮筋層内に侵入しているか、いないかによって、

非侵入全奇胎、侵入全奇胎、非侵入部分奇胎、侵入部分奇胎と分類されます。

 

 

全胞状奇胎のほうが部分胞状奇胎よりも侵入奇胎や絨毛がんへの移行率が高いです。

また、部分奇胎は全奇胎と比べると、不正出血やつわりなどの典型的な症状が出ないことが多い

そのため、臨床診断がむすかしく、稽流流産と診断され、子宮内容除去手術、あるいは病理診断時に部分奇胎と認め、確定診断となることがあります。

 

侵入奇胎のほとんどが期待走破後の一時管理中に発見されます。

侵入奇胎は絨毛がんと同様に早期より血行性転移するため、全身治療の化学療法が中心です。

 

奇胎娩出後

胞状奇胎娩出後、10~20%に侵入奇胎や絨毛がんなど奇胎後の続発症を発症する場合があるので、hCGの測定を行う。

奇胎娩出後5週間で血中hCGが1000mlU/mL以上、8週間で100mlU/mL以上の場合は経過が不良となり、

経過非順調型と判断する。

 

経過非順調型の場合

子宮内の奇胎嚢胞の遺残、侵入奇胎、転移性奇胎の3つの病態を想定して画像診断をス据えてそれぞれの治療を行います。

奇胎嚢胞の遺残は再度そうは手術を行い、完全に奇胎嚢胞が除去されれば子宮がもとにもどり治癒します。

侵入奇胎の場合は、挙児希望がない場合は、単純子宮前摘出もしくは化学療法で、化学療法のみで治癒した場合は臨床的侵入奇胎の診断になります。

転移性奇胎はほとんどの場合は配転委で化学療法を行います、臨床的転移性奇胎と診断されます。

 

不育症

不育症という言葉を知っていますか?
流産を繰り返してしまうと赤ちゃんが育つ事が出来ない「不育症」なのではと不安になってしまう方も多いと思います。
でも運悪く流産が重なる時もあるのです。ご本人にしてみればどういう原因にしろお辛い気持ちに変わりはないと思いますが原因を調べてみることは大切です。

 

不育症というには検査が必要となります。

検査ではまずは子宮自体の形が卵、胎児が育ちにくい形をしていないか確認します。

内分泌の検査で必要なホルモンが分泌されているか確認します(これには糖尿病の検査も含まれます)。

染色体の検査で異常がないか確認します。

抗リン脂質抗体検査で血栓が出来やすくないか確認することが必要となってきます。

 

検査は不安を伴いますし知る事は怖い気持ちもあると思います。

でも原因を見つけせば適正な治療法を見つけられることにも繋がります。

ネットからの情報で一人で不安になる前にきちんとお医者さんに相談してみることをお勧めします。

 

検査をしても異常が見つけられない場合は東洋医学では流産をしてしまうのは腎精の不足と捉えます。

東洋医学では腎は生殖を主り、生きる力を表すとされています。腎精が何故不足してしまったのかはひとそれぞれに違いが出てくると思います。東洋医学は体質の改善にお役に立てます。

西洋医学的な考え方と東洋医学的な考え方を両方合わせたら味方が沢山増えると思います。

一人で悩まず、まずは相談してみることをお勧めします。

2019年07月03日 11:39

妊娠出産へ大事なビタミンD!

梅雨に入り記録的な日照不足が続いていますね。

太陽にあたらないとなんだか身体もスッキリしない人が多いのではないでしょうか。

 

この日照不足は農作物への影響だけでなく我々人間の体にも影響を与えているのです。

 

*ビタミンDの不足

本来人間の体は日光を浴びることによってビタミンDを生成しています。

このビタミンDは体内のカルシウムの吸収を助けているのですが、日光が不足するとカルシウムをうまく吸収することができなくなり、骨や歯がもろくなっていきます。

ビタミンDを豊富に含む食品は魚介類、卵類、きのこ類などです。

なかでも魚介類には、塩さけ、しらす干しにたっぷり含まれています。

影響がでるまえに食べ物でしっかりとカバーしていきましょう。

 

*セロトニンの生成不足

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ人間の精神面に大きな影響を与えるホルモンです。

このセロトニンが不足してくると、気分の落ち込みや集中力の低下、怒りっぽくなる、うつ病や不眠症などにもなりやすくなります。

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸が原料になり、肉・魚・乳製品・豆類などに多く含まれます。

魚・乳製品・豆類は妊活においてもと、ても大切な栄養素になります。

バランス良く摂取し、セロトニン不足を解消していきましょう。

 

 

ビタミンD不足やセロトニン不足のかたは、ジトっとした汗で身体がだるくなっていませんか?

そんな時には、ぬるま湯に10分程度つかってみてください。

身体を温め少し汗をかくとすっと楽になってきます。

(注意※入浴前後で必ず水分補給を行ってください)

 

 

妊活・不妊に必要なビタミンD

最近、妊活にはビタミンDが必須になってきています。

ビタミンDは100年ほど前に発見されてから、生命の維持や成長に必要な有機物で、植物から摂取するものだと考えられていました。

しかし、1975年にビタミンDは体の中で合成されるホルモンだと確定されました。

ビタミンDがどのようにつくられるかというと、

皮膚にある7-デヒドロコレステロール(ピロビタミンD3とも呼ばれます)に紫外線が照射されることでつくられます。

そのため、日光浴をすることがとても大事です。

日差しの弱い時期や土地ではサプリなどの経口摂取で賄えます。

また、日光浴しすぎて皮膚がんになることもありますので、気を付けることも大事です。

 

さてこの度、スペインの研究グループが

血中や卵胞液中のビタミンD3濃度が卵丘細胞の老化の進行にかかわっていると、発表をしたそうです。

 

記事の内容は「ビタミンD3の代謝産物である24,25- dihydroxyvitamin D3(24,25(OH)2D3)の血中や卵胞液中の濃度が卵丘細胞のテロメアの長さに関連することを確かめた」ということです。

 

テロメアとは、染色体の端を指していて、細胞分裂のたびに短くなりなりテロメアの長さは老化の進行の目安になると考えられています。

ビタミンDの濃度が高い女性ほど白血球のテロメアが長いこと、ビタミンDが細胞の寿命に関連するといわれていました。

そして、ビタミンD濃度と卵丘細胞のテロメアの長さと関連を調べビタミンDが卵子の老化の進行にかかわっているかどうかを検討しました。

その結果、血液や卵胞液中のビタミンD濃度が高いほど卵丘細胞のテロメアが長いことがわかりました。

これにより、ビタミンDは卵子の老化の進行にかかわっていると発表されました。

 

 

昨今では、着床に関連するといわれ、子宮内膜の免疫反応を調節したりするビタミンDですが、

今後は卵巣機能や、卵の質・発育などにも期待できるかもしれない報告が出てきそうです。

ビタミンD濃度を上げる生活を少しずつしていきましょう!

 

 

<ビタミンDと妊娠&出産力の関係>

紫外線が気になる季節ですが、今月はビタミンDが妊娠や出産に深く関わるという話をします。

妊娠中にビタミンDが不足すると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症にかかりやすくなったり、小さな赤ちゃんが生まれやすくなること、また、ビタミンDが足りている女性は子宮筋腫になりにくいと報告されています。

ビタミンDは血液中のカルシウム(以下Ca)濃度を一定に保つビタミンです。

血中のCaが少なくなると大変なことになるので、ビタミンDが、Caが小腸から吸収しやすくしたり、尿から出ていくのを少なくしたり、骨からCaを溶かしたりして、Ca濃度を高めます。

妊娠、出産時には、お腹の中の赤ちゃんにどんどんCaを送り込まなければならないので、ビタミンDが赤ちゃんの成長に深く関わっていると想像できます。

さらに、これまでBDと生殖活動の関係については、多くの研究報告がされています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性はビタミンD濃度が低い。
・PCOSによる排卵障害の女性はビタミンD補充によって排卵率が上がる。
・卵胞液中のビタミンD濃度は高い女性ほど体外受精の妊娠率が高い。
・40歳以上ではビタミンD濃度が高い女性ほどAMHが高い。
・ビタミンD濃度が高い男性ほど精子の質が高い。

・ビタミンDは子宮筋腫を縮小する。

 

日差しが強いときは日傘や日焼け止めが大事ですが、日に当たることも大事なことですね。

 

ビタミンDが多い食品

できるだけ簡単に摂取するには食事ですよね!

魚全般はビタミンDが含まれているので摂取しやすいと思います。

そして、ビタミンDを多く含む食材に気になったのが”きくらげ”です。

ラーメンの中では目にしますが現実として普段の家庭の食事では

使われないというか使い方を知らない方が私も含め多いのではないでしょうか⁉

 

そこで、調理の仕方を調べてみると八宝菜やあんかけ焼きそばなど中華料理で多くあるようでしたが

*卵ときくらげの炒め物

*サンラータンスープ

などは味付けは中華でなくてもできるようでした。

主張がない食材なので酢の物で和えたりサラダに入れても使えるようです。

 

きくらげは乾燥の場合、水で30分程もどさないといけない点が時間が少しかかりますが

味はクセがなく、食感がコリコリしておもしろく、黒い食材なので見た目も引き締まり彩りも良いと思います。

 

私も今回、自分で炒め物やスープに使ってみましたが

馴染みがない食材というだけでかなり多様に使えることが分かりました。

 

栄養素を取るには1つの食品から集中して取るのは偏って良くないとも言われますが

ビタミンDも魚以外でも摂取できることが分かったら幅も広がりハードルが下がった感じがしますよね。

良かったら取り入れてみてくださいね♪

 

ほかにも、魚類やキノコ類、干しシイタケ、薩摩あげ、卵黄にも多いそうです。

また、ビタミンDは油に溶けや憂いので炒め物や揚げ物などにして撮ると吸収力が上がります。

2019年07月01日 12:18

妊娠体質に変わる食事!

妊活にお勧めの食材

大豆

 

「エクオール」と呼ばれる成分を耳にしたことはありますか。

エクオールとは大豆の中の”イソフラボン”という成分が腸内細菌によってエクオールに変わり

エストロゲンによく似た女性の健康のパワーとなっているのです。

 

近年、エクオールの作用やメカニズムや体内でのはたらきについてはさまざまな研究が行われています。

特に最近の研究結果では、

・更年期症状の緩和

・骨粗しょう症の予防と改善

・皮膚や血管の健康を保つなどの効果が期待されています

 

なぜこうした結果がでているのか。それはエクオールが体に与える作用にあります。

 

1、エストロゲン様作用

体内のエストロゲンが減少した時、エクオールがエストロゲンの受容体に反応し

エストロゲンに似た働きをするのです。

そのため、エストロゲンが減少した時に起こる更年期症状や骨粗しょう症に効果が期待されます。

 

2、抗酸化作用

体の酸化を防ぎ、シミの改善や美白効果があります。

 

3、抗エストロゲン作用

4、抗アンドロゲン作用

乳がん抑制にはたらくことが期待される抗エストロゲン作用や男性の病気に多く関係する抗アンドロゲン作用については

今後も研究を重ね、健康に役立つデータが待たれるところです。

 

 

閉経を迎える前後から女性は骨粗しょう症や脂質異常症、動脈硬化など老化による病気のリスクが高まりますが

エクオールを摂った人では骨密度の減少を抑え、動脈硬化や糖尿病のリスクを軽減するという結果がでています。

この結果は生活習慣病や寝たきりなどを防ぎ健康寿命をのばす事につながりますね

卵は栄養バランスの良いスーパーフードだと聞いた事はありますか?

一昔前まではコレステロールが高い人は卵を食べすぎてはいけないと言われていましたが今では研究が進み

1日2個以上食べても問題ないと言われています。

 

卵はビタミンでいうとビタミンA、B12、D、Eそれに葉酸、ミネラル分で言うとカルシウム、マグネシウム、リン、

鉄分、などを含みビタミンCと食物繊維以外の栄養素を備えいるそうです。

熱を加えるのと加えないのとでは栄養価に変化があるといわれています。

確かに熱を加えると熱に弱いビタミンB群や酵素の働きが抑えられてしまいます。

しかし、熱を加える事によって卵白に含まれるアビジンという成分がビオチンの吸収を阻害するのを防ぐことが出来ます。

ビオチンは皮膚や毛髪に良いとされる成分です。

 

また加熱により消化時間も変わってきます。しっかり加熱すると生の状態より約3倍の時間が必要になると言われています。

言うならば腹持ちが良くなったということでダイエットにおススメですね。

卵は必須アミノ酸のバランスが良くその中のメチオニンには血中コレステロールを下げ活性酸素を取り除く働きがあると言われています。

必須アミノ酸とはタンパク質を構成する20種類のアミノ酸の中で体内では生成されない9種類のアミノ酸のことです。

食事などから摂らなければならないので不可欠アミノ酸とも言われます。

 

黄身の黄色はカロチノイドといい、ビタミンAの前駆物質プロビタミンAとして皮膚、粘膜の正常化、成長の促進と生命の維持に機能し働きます。また抗酸化作用もあり、老人性白内障の原因を取り除くのに役立ちます。

 

その他コリンという神経伝達物質は学習能力をアップさせ中性脂肪を調節する働きがあり、血圧を低下させ高血圧や高コレステロール血症、脂肪肝を予防します。

 

採卵の時には「卵には卵」言われる事もあり、栄養価が高く糖質が少ない卵は妊活におススメの食材です。

 

サバ缶・さけ缶・いわし缶

 

実は、缶詰の方が生魚より栄養価 が高い!というのをご存知ですか?

 

1)さば缶

カルシウム、DHA、EPAが豊富!

カルシウムは、生6mgに対して、缶詰は260mgで約43倍もあります。

 

Qなぜ、缶詰の方がこんなにカルシウムが多いのか?

 

それは、缶詰だと骨まで軟らかい食べる事が出来るため、吸収力がアップするからです。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、生970mgに対して、缶詰は1300mgで約1,3倍です。

EPA(エイコサペンタエン酸)は、生690mgに対して、缶詰は930mgで、約1,3倍です。

DHAは、不飽和脂肪酸の1つで身体にとても良い脂です。認知症予防にも効果的です。

EPAは、肥満予防によいです。DHA,EPAともに痩せるホルモン(GLP-1)の分泌を助けます。

 

Qなぜ、生より缶詰の方が栄養価が高るくなるの?

缶詰は、密閉してから加熱するので外気に触れないため酸化しないためです。水煮の缶詰は食塩水が入っていますが、少量です。

開封した時の水気は、魚から出た水分も多く含まれるため、汁も捨てずに食べることをおススメします。

 

2)さけ缶

さけは、抗酸化作用が高いので免疫力アップに効果的です!

さけは、とくにアスタキサンチンがとても多いのです。アスタキサンチンは、強力な抗酸化物質で、ビタミンCの約3000倍!

通常、海中のオキアミを食べた魚はアスタキサンチンが皮にいくため、身は白く、皮が赤くなります。例えば、キンメダイです。

しかし、さけは、唯一アスタキサンチンが身にいくため、身が赤いのです。

さけ缶は、塩分少ないのでそのままサラダに使ったり、お味噌汁の具にするのがおススメです。

 

3)いわし缶

いわしは、EPAが豊富で、缶詰は生の1,5倍栄養価が高いです。

EPAは、血管の若返りがすごいです!血栓を出来にくくし、血管をしなやかにします。

また、イワシペプチドという特保にも挙げられるタンパク質があり、高くなりすぎる血圧を抑制する作用があります。

 

《缶詰の旬の見分け方》

缶詰も製造月によって美味しいものがあるのをご存知ですか?

例えば、さばは、冬が脂が乗って美味しくなります。

なので、11月以降の冬の月に製造されたものを選ぶと缶詰でも更に美味しいものが食べられるというわけです。

 

缶詰は簡単に手に入りやすく、調理もしやすく、食べやすいので、生魚の調理が苦手という方は、

こうゆうものを上手に使ってお食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

食べないほうがいい食事

チョコレートとは、カカオ主原料とし砂糖やココアパウダー、ミルクなどを混ぜて作られています。

 

最近では原料のコスト削減や加工性を上げる目的で植物性の油脂などを加えたり、

加工コスト削減の目的で乳化剤、風味の向上の目的で香料や甘味料などを加えるなど、

様々な添加物が配合されることも多くなってきました。

 

チョコレートは世代を問わず非常に身近にある食品であり、プレゼントにも人気の高いものになりますね。

 

特に最近では「  高カカオチョコレート  」がメディアにも紹介され色々な種類が発売され売り上げもあがっています。

しかし、一方で高カカオチョコレートは普通のチョコレートよりもカカオの含量が多く、エネルギーや脂質の割合も高くなり健康被害も報告されています。

 

 

高カカオチョコレートの落とし穴は、

(1) 脂質が多い

(2)気管支拡張、利尿、興奮作用のあるテオブロミンやカフェインが多い

ということが挙げられます。

 

カフェインは体を冷やしてしまう作用があり、

それによって体内が冷え血行が悪くなり不妊の原因となってしまいます。

また、利尿作用が働き鉄分やカルシウムを一緒にだしてしまい

カルシウム不足や鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

 

これから妊活を始めようと思っている方や、妊活中の方、妊婦さんの方もチョコレートの摂り過ぎにはご注意下さい!

2019年06月30日 12:19

女性専門 みやび鍼灸院

WEB予約はこちら【24時間受け付け中】

【所在地】 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-11
美笠ビル501

【電話番号】 03-6887-2522

【営業時間】 月曜~金曜 10:00~19:00
土曜・祝日 10:00~16:00

【定休日】 日曜

アクセスはこちら