不妊鍼灸施術、産後のケア、更年期障害なら女性専門 みやび鍼灸院|東京都新宿区

【女性専門】【完全予約制】の鍼灸施術院です。妊婦・マタニティーのマイナートラブルに対応しております。予定日超過もご相談ください。

ホーム ≫ みやび鍼灸院ブログ ≫

みやび鍼灸院ブログ

不妊検査の助成金

不妊検査等助成

不妊に悩んでいる夫婦は年々増えており最近では6組に1組とまで言われております・

 

しかし、不妊治療は治療内容をステップアップしていくごとに高額になり

保険適用外になってしまうため家計の負担が大きくなってしまいます。

 

不妊治療の助成金制度、「 特定不妊治療費助成事業」は2004年から厚生労働省が創設し、全国の都道府県や政令指定都市、

中核市の自治体が中心となり勧められてきました。

 

今回は不妊検査等助成についてご説明していきます。

 

助成対象内容

不妊検査 (夫)精液検査、内分泌検査、
画像検査、精子受精能検査、
染色体・遺伝子検査 等
(妻)超音波検査、内分泌検査、
感染症検査、卵管疎通性検査、
フーナーテスト、子宮鏡検査 等
一般不妊治療 待機療法(タイミング指導)、薬物療法、人工授精 等

 

対象要件

1.検査開始日から申請日までの間、夫婦いずれかが継続して都内に住民登録をしていること。

( 事実婚の場合の条件もあります!)

2.検査開始日における妻の年齢が35歳未満であること。

3.助成対象期間内に保険医療機関において夫婦ともに助成対象の検査を受けていること。

 

助成金の請求には

1.不妊検査等医療費助成申請書

2.不妊検査等助成事業受診等証明書

3.住民票

4.戸籍謄本

以上の資料が必要となります。

 

申請を受けてから約2か月後に結果が書面で届きます。

その後約1か月後に振り込まれる仕組みとなっています。

 

少し手間がかかりめんどくさい作業になってしまいますが5万円を条件として助成してくれます。

申請期限は検査開始1年以内とありますので早めの申請をお勧めいたします。

 

詳しい申請方法はこちらをご覧ください。

東京都不妊検査等助成事業

 

助成金の緩和

 

不妊治療の助成金の対象が緩和されたのをご存知ですか?

まず、不妊検査などにかかるお金を補助する助成金が

女性は35歳以下が対象でしたが40歳以下まで引き上げられました。

これにより、

男性は精液検査、内分泌検査、画像検査、精子受精能検査、染色体・遺伝子検査 等

女性は超音波検査、内分泌検査、感染症検査、卵管疎通性検査、フーナーテスト、子宮鏡検査 等

その他タイミング指導、人工授精 等が1夫婦1回に限り助成が受けられます。

 

高額になる体外授精等や顕微授精(特定不妊治療)に対しては

平成31年(2019年)4月1日より夫婦の所得の合計が

730万円以下の方が対象だったのが905万円以下までが対象となりました。

これにより、

特定不妊治療に要した費用に対して、

1回の治療につき15万円(凍結胚移植(採卵を伴わないもの)等については7.5万円)まで助成するされます。

通算助成回数は、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは6回(40歳以上であるときは通算3回)までです。

 

また、男性不妊に関して精巣内精子生検採取法(TESE)や精巣上体内精子吸引採取法(MESA)、その他精子を精巣や精巣上体から採取するための手術(保険適用外)などの治療費用の半分(上限10万円)を現行の助成制度に上乗せして支払う制度などもあります。

 

助成金があるのは知ってるけど手続きとか面倒臭そうとか、

対象になるのかなと不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

運営は各自治体に任されているので各県、各都市、によって内容が異なる場合があります。

上記は厚生労働省のガイドラインになりますので詳しくがはお住まいの役所にお尋ねください。

2018年07月06日 16:36

妊娠中は塩分・アルコール・ビタミンAには要注意!

  • 塩分

妊婦さんにとって食生活は赤ちゃんを育てる為にも、自分を妊娠中毒症と呼ばれる物から守る為にも大切なものです。

 

でも心のどこかで自分は大丈夫って思っていませんか?

やたらにしょっぱいものを食べてる訳でもないし、今まで健康診断で引っかかった事もないし、

塩分を控えるなんて生活習慣病が気になるおじさんやおばさんの問題って思っていませんか?

 

厚生労働省が推奨するの塩分の1日の摂取量は女性は7gですが実際に7gってどれくらいの量なのか?計算してみた事はありますか?

 

まず、例に沿って1日の塩分量を見てみましょう。

まずは朝食

食パン 6枚スライス1枚      0.8g

サラダ 和風ドレッシング(大さじ1) 0.9g

目玉焼き 醤油(大さじ1)      2.0g

牛乳 コップ1杯          0.2g

昼食

明太子パスタ            2.6g

サラダ サウザンドレッシング(大さじ1)0.4g

夕食

ご飯                   0g

生姜焼き               2.0g

お豆腐サラダ ポン酢(大さじ1)    1.3g

みそ汁                1.2g

 

このお食事で11.4gの塩分量になります。特に外食した訳でもないのにこの量です。

毎日7gで過ごそうと思ったらやはり工夫が必要になってきます。

 

まずは

 

・減塩食品を選ぶ

しかし塩分を抑えて味を感じさせるためには科学調味料などを使っている場合も考えられ成分を良くみる事が大切です。

 

・麺類の汁は残す

うどんや中華麺は作る時に塩も一緒に入れるので麺自体にも塩分を含みます。パスタは麺自体に含まないのでゆでる時に塩を入れてます。

パスタの方が塩分を調整しやすいと言えます。

しかしゆでた汁をそのまま使わず、湯切りしてスープに入れると塩分を抜く事が出来ると言われています。

スープは味だけ楽しんで飲まずに捨てるようにするとさらに塩分を控えられます。

 

・主食をご飯にする

ご飯には塩分はほとんどありません。食パンも1枚で以外に多いです。

7g中の0.8gです。1食を2gくらいにおさえなければならない所で約半分をパンにもっていかれるのは勿体ないと思いませんか?

 

・カリウムを多く含む食品を摂る

体の中の塩分(ナトリウム)はカリウムと一緒になってバランスをとっています。

ナトリウムを摂取した分、カリウムを摂ってバランスをとりましょう。

カリウムを多く含む食材はバナナ、タケノコ、里芋、ジャガイモ、ほうれん草、わかめ、えのき、シイタケ等があります。

 

・調味料を選ぶ

お醤油も濃い口、薄口で少しですが塩分量が変わります。(薄口の方が塩分量は多いです)

ドレッシングは和風の方が塩分量が多く、サウザンドレッシングなどの方が少ない事の方が多いです。

また、ドレッシングよりもマヨネーズの方が塩分量は少ないのでマヨネーズを使っても良いかもしれません。

 

・外食を減らす

外食すると1食で1日分に達してしまう場合があります。インスタントの食品も同じです。

 

塩分調整は思いの他大変です。なのでちょっとずつを積み重ねることが重要だと思います。

一気に塩分を摂りすぎないようにして少し量を減らす意識を持つところから始めましょう。

 

妊娠中のアルコール

妊活してると体に良いものを という意識も働きお酒は避けなければならないように思うかもしれません。

 

でも、何故いけないのか?考えた事はありますか?

適度な飲酒は血管を広げ血流を良くし身体を温めますがそれは一時的なものなのです。

飲み過ぎは体内の水分量を低下させ、血液の粘性が増し、血流を悪くする原因になります。

 

日本人はアルコール分解酵素が少ないと言われています。

口から入ったアルコールは胃で約20%吸収され残りの大部分は小腸で吸収され血液に溶け込み肝臓に送られます。

アルコールはこの酵素を使って肝臓でアセトアルデヒドという有害物質に分解されたあと今度はこの有害物質を分解する酵素を使って

無害な酢酸へと分解されていきます。このアセトアルデヒドという物質がお酒を飲んで顔が赤くなったり、動悸がしたり、

吐き気や頭痛の原因となってしまう物質です。

肝臓で分解しきれなかったアルコールは肝静脈を通って心臓に送られ全身に送られ再び肝臓に戻ってきて分解されます。

肝臓で出来た酢酸は血液を通って全身を巡るうちに水と炭酸ガスに分解され最終的には体の外に排出されます。

また処理しきれなかったアルコールも尿や汗、呼気となって体の外に排出されます。

 

500㎖のビール1本分のアルコール(含有量20g)を分解するのに3~4時間かかると言われています。

体質的にお酒に弱い人や女性はさらに時間がかかると言われています。

 

妊娠中にお酒を飲むと胎盤を通じて赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になります。

その結果知的障害、発育障害、顔貌異常などの症状が現われる胎児性アルコール・スペクトラム障害になる危険性が出てきます。

アルコールに対する耐性は個人差があり、いつならどのくらいなら飲んでも大丈夫というガイドラインは作ることが出来ないそうです。

 

お酒自体が身体にもたらす変化以外にもアルコールを飲む時はつまみに塩辛いものや脂っこいものが食べたくなったり、

寝る時間が遅くなったり、朝起きられなかったりという事が考えられます。

 

またお酒を飲むという機会は人とのコミュニケーションツールであったり、ストレス発散になったあり良い面もあります。

 

妊活って制限が多くなってしまいがちだと思います。

何故そうするのか、そうした方が良いのか考えてみる事で納得がいったり、自分自身にどうあてはまるのか考えてみる事で

ストレスを減らす事が出来るかもしれません。

 

妊娠中のビタミンAには注意

 

日本には「土用の丑の日」と呼ばれる日がありますね。

 

なぜ、「うなぎ」を食べるようになったかというと諸説あるらしいのですが、

夏にうなぎが売れずに困ったうなぎ屋が平賀源内に相談した説が有力らしいです。

「本日丑の日」という張り紙を店頭に張り出したことで大繁盛に。

江戸時代には、「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があったそうです。

 

栄養素の話をすると

うなぎは、ビタミンA、B1、B2、D、EやDHAEPA

ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など身体に大切な栄養素が大変豊富な事でも有名です。

うなぎは夏バテ解消の疲労回復の効果以外にも、視力の低下や皮膚などを健康に維持する美容効果、

脳卒中の予防、口内炎、丈夫な骨の維持、高血圧の予防などさまざまな効果があります。

ただし、妊婦さんは要注意です!

うなぎは、ビタミンA(レチノール)がとても豊富です。

成人が1日に必要な量の3倍含有しているため、摂りすぎると蓄積されて不調を来します。

妊婦さんの場合、過剰摂取しすぎるとおなかの赤ちゃんの先天性奇形リスクが上がる。

と言われているのでうなぎは食べないように言われることが多いようです。

1日に3000μg以上のビタミンAを摂取すると胎児の奇形リスクが上がるため、

妊娠中は1日あたりのビタミンA摂取量2700μg以下に抑えることが望ましいとされています。

うなぎの蒲焼き100gに含まれるビタミンAは約1500μg。蒲焼き1食分はだいたい200g前後なので、

うな重1食で3000μgとなり、1日分のビタミンAに達してしまいます。

というわけで、妊婦さんは過剰摂取には注意です。

2018年06月18日 16:40

不妊治療と漢方

腎虚と不妊

漢方に限らず、東洋医学からみた不妊治療で大切なことは気をたかめることです。

気は、生まれながらにもつ先天の気・すなわち腎と、後天の気・食べ物や胃腸の力を指します。

気は先天の気と後天の気の二つに分けられます。

先天の気

先天の気とはもって生まれた気のことです。生命力の源で、腎気といいます。

腎は腎臓のことだけでなく、内腎・副腎・外腎のことを指します。

内腎・副腎は今日でいう、腎臓・副腎のことをいいます。

外腎は泌尿生殖器をさします。つまり、膀胱のほか、女性では子宮・卵巣、男性では睾丸などを指します。

「腎は生殖をつかさどる」といわれ、「腎の陰陽の充実は妊娠の基礎である」ともいわれます。

この、腎の機能が低下することを腎虚(じんきょ)といいます。

つあり、腎虚は不妊でいうならば、性機能が弱っている状態で、女性手は卵巣機能不全や、黄体機能不全、着床障害をもたらし、男性では精子減少症や精力減退などを意味します。

後天の気

後天の気は胃腸から吸収される栄養をもとに動くエネルギーです。

腎と胃の力が元気の源になります。

胃腸が弱い人は栄養を吸収することができず、卵巣や子宮に栄養が回りません。

 

漢方と不妊

漢方薬 といえば、副作用がなくて安全なイメージがあり、妊活中や不妊でお悩みの方も取りいれている方も多くいらっしゃると思います。

しかし、取り入れ方を間違えてしまえば逆効果になることもあります。

一部ですが、妊活によく使われる漢方について書き留めてみます。

 

いきなりですが、問題です。

Q、妊活中、タイミング後から服用を中止しなければならない漢方薬はどれでしょう??

 

1、 温経湯( うんけいとう)

2、八味地黄丸(はちみじおうがん)

3、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

4、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

 

 

 

 

 

A、3 桂枝茯苓丸

歯茎の色が暗紫色など、瘀血症状の強い方にお勧めな漢方です。

冷えやのぼせ・月経異常・下腹部の抵抗や圧痛などの症状に処方される桂枝茯苓丸。

瘀血(血液の滞り)をよくし、ホルモンバランスを整え、子宮本来の活動を促します。

桂枝茯苓丸は駆瘀血剤の代表的な漢方であり、血行をよくし降剤の作用があります。

妊活中には適しているのですが妊娠を望んでいる場合排卵後(高温期)は服用を中止することが望ましいです。

 

また、選択肢の中には入っていませんが、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)も駆瘀血剤です。排卵後の使用はやめましょう。

今現在漢方を使用している方、これから取り入れてみようかなと検討されている方はドクターや薬剤師さんに相談し、自分にあったものをとりいれてみてください。

いまは保険適応の病院も多くありますので、薬局で買うよりも安く処方してもらうと続けやすいのではないかと思います。

1、温経湯( うんけいとう)

経絡(けいらく)を温めるという意味で名付けられられた漢方薬です。

<症状>

お腹の力が弱い、月経不順、更年期、冷え症で手足のほてり、皮膚症状

<補足>

血の量が不足した状態をあらわす「血虚(けっきょ)」 血がたりていないと、月経への影響や肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

<妊活との関係>

冷えやのぼせ、乾燥が強い方に処方されます。

 

 

2、八味地黄丸(はちみじおうがん)

<症状>

老化による諸症状(体力がなく疲れやすい、しびれ、腰痛、頻尿、)四肢の冷え、性機能障害

<補足>

生命のエネルギー不足をあらわす「 腎虚(じんきょ) 」顔色が悪く元気がない、疲れきっている、飲みすぎや冷え症に処方されることが多いです。新陳代謝の低下改善、加齢、不摂生、生殖器の異常などにも効果的です。

<妊活との関係>

卵子の加齢対策に用いられます。

 

4、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

<症状>

月経異常、更年期障害、産前産後の不調、頭痛、貧血

<補足>

気・血・津液(しんえき)のバランスの崩れをあらわす「 脾虚(ひきょ)」気・血・津液のバランスが悪いと、むくみや冷え、胃腸の疲れやお腹の張りなどの症状がでてきます。

顔色がすぐれず、やせ型の方。細身で素敵ですが、体力のない身体では妊娠し、子供と育てることはできません。

当帰芍薬散は貧血傾向にある体の調子を整え、妊娠を促します。

子宮・卵巣に力をつける働きがあり、婦人科ではよくつかわれる薬です。

<妊活との関係>

むくみが残ってしまうと排卵にも支障をきたしてしまいます。むくみがある人に効果的です。

 

 

他にも・・・

足腰が冷え、腹部が痛むタイプは

当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)

疲れやすく、夏場のクーラーで冷え切ってしまう方。

冷えた時にや夫婦生活の後にお腹が痛みやすい方はお腹が冷えて突っ張っているせいです。

当帰四逆湯は全身の冷えを解消して体調を回復させることで母体を元気にし、赤ちゃんにエネルギーを分け与えられる体にしていきます。

 

胃腸が弱いタイプは

小建中湯、六君子湯など

食欲がなく、食事をしていても眠くなるというほどの体力のない方、普段から水分を取りすぎる傾向にある方。

水分を取りすぎて胃腸の働きを悪くしてしまい、子宮へ必要な栄養が遅れなくなっています。

このタイプはまず胃を健康にし、子宮が子供を育てられる栄養状態になることが大切です。

 

ガス腹タイプは

折衝飲(せっしょういん)

生理の時にどす黒い血の塊が出てくる方、これは瘀血という、体内で停滞してしまった血です。

また、なんとなくお腹に額が溜まっていてすっきりしない方。

折衝飲はガスを解消し、瘀血を取り去る働きがあり気血がとど凝らないバランスのより母体を作ります。

 

余分な水分が多いタイプは

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

色が白く水太りタイプの方。疲れやすく汗が多いタイプです。

これは体内に水分が多すぎることが原因です。

余分な水分は受精卵が子宮へ着床するのを妨げる傾向にあります。

防已黄耆湯は余分な水分を取り除き、体全体の水分バランスをととのえ、受胎しやすい身体つくりをします。

 

ほかにも体質によって漢方を取り入れてみてください。

薬やホルモン剤の飲み合わせなどの問題で漢方薬を一緒に服用しないでという病院もありますので、婦人科に通われている方はドクターと相談の上ご使用ください。

また、体質が変わるまで時間がかかるといいますが、漢方は自分に合っている場合はまずいと感じないといいます。

まずくて苦いのを飲み続けるのは良薬口苦しといえども、つらい場合は処方を変えてもらうか、飲みやすいくしてもらうこともできると思いますよ。

2018年06月15日 16:42

月経・無月経でわかること。

月経(生理)でわかること

自分の生理を知ることで体調や体の変化などにいち早く気付くことができるようになります。

どのくらい理解しているのかチェックしてみてください。

1、生理周期

成熟した女性の生理周期は通常28~30日と言われています。ただし、ストレスや生活習慣によって左右されやすいので毎回同じ周期とは限りません。

6日程度のズレは問題ないと言われています。

ここで注意したいのは、39日以上経っても生理が来ない「稀発月経」と、24日以内の「頻発月経」です。

稀発月経が起こる原因としては、

・排卵が起こっていない・閉経する前ぶり・妊娠 などのが考えられます。

頻発月経にも、排卵しているもの・排卵していないものがあります。

主な原因としては、

・黄体機能不全・無排卵性周期症などが考えられます。

 

生理のリズムは女性ホルモンが作りだすもの。そのホルモンバランスを崩してしまうと女性の身体にはさまざまな問題が起こってきます。

言いかえると生理周期を正しくキープできていれば心身ともに健康であり妊娠しやすい身体になってきます。

 

2、生理痛の変化

生理痛は鎮痛剤を服用しないと生活できない人や痛みが全くない人など個人差があるものです。

特に鎮痛剤を服用しないと生活できない人には何か問題が隠れている場合があります。

主な原因としては子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう種や性感染症による炎症などが考えられます。

最近婦人科では痛みのレベルを「VAS」というスケールを用いて判断します。

生理痛がひどいだけで病院って…。痛みの具合は伝わりにくい…なんて思わずすぐに婦人科を受診してみてください。

 

3、経血の変化

医学的には、生理以外の出血は全て「不正出血」と呼びます。不正出血にはホルモンの変動によるものと、子宮の病気によるものに分けられます。

いずれにしても重大な病気が隠れている可能性がありますので放っておくのは心配です。

不正出血の原因で多いのは「子宮頸がんポリープ」「子宮筋腫」「子宮内膜症」「膣炎」です。

はっきりとした診断は検査してみないとわかりません。「おかしいなぁ」と思ったら婦人科を受診しましょう。

 

また、年齢によっては経血の状態も変化します。

30代半ばぐらいから血液が固まりやすくなってきます。赤かった経穴が少しずつ黒くなったり、塊が多くなったりしている場合は経過を観察します。

しかし、感じかたはそれぞれですから何か気になることがある場合や変化があった場合は検査を受けてみると安心です。

 

4、生理期間

通常の生理は4~7日ですが、8日以上続く場合は「過長月経」、1~2日で終わてしまう場合は「過短月経」と言います。どちらの場合も病気が隠れている可能性があります。

「過長月経」は出血量に関係なくダラダラと続く生理です。この場合「子宮筋腫」や「子宮がん」が疑われます。また、過長月経には過多月経を伴うことが多いのも特徴です。早めに検査を受け原因をみつけましょう。

「過短月経」の場合は、生理の日数が少ないので出血量が少ない「過少月経」でもあることがほとんどです。

原因は子宮が充分に発達していない「子宮発育不全」や子宮内膜が癒着を起こしてしまう「アッシャーマン症候群」などが考えられます。

その他「子宮筋腫」や「子宮内膜症」「チョコレート嚢腫」などの可能性も考えられます。

 

5、生理が止まった経験

 

生理を起こすには卵巣からでる女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの両方のバランスがとれていることが必要です。

生理が止まる原因は、性機能が未発達、多嚢胞性卵胞、急激なダイエット、過度なストレス、プロラクチンや甲状腺などが考えられます。

どの原因でも生理が止まっている事、遅れている事を放置してしまうと子宮や卵巣ともに萎縮して機能が低下している可能性が高く治療が難航してしまいます。

「生理がこなくてラッキー」と放置せず治療をおこないましょう。

 

無月経

” 無月経 ”とは、3カ月以上月経のない状態 のことを表し、大きくわけて【生理的無月経】【病的無月経】があります。

 

【生理的無月経】とは、初めての月経が来る前、閉経後、妊娠や産褥期・授乳期のことがあげられます。

からだのつくりやホルモンバランスから無月経になってしまい、特に治療などは行わず経過をみていきます。

 

【病的無月経】とは、性成熟期における異常な月経停止のことをいい、そのなかでも原発性と続発性にわけられ判断していきます。

 

病的な状態の無月経の原因の一つが脳から女性ホルモンの分泌を促す指令が出なくなる視床下部性無月経です。

 

これは極端なダイエットや精神的ストレスなどで脳から出る司令が機能不全になって起こります。

アスリートの無月経の原因はほとんどは運動で使うエネルギーに対して食事から摂取するエネルギー量が圧倒的にたりないことから起こります。

一般の女性の無月経も原因が様々ですが、極端なダイエットや食事制限による「体重減少症無月経」は日常生活に必要なエネルギー量が不足している状態です。

エネルギー不足で無月経になるのは脳から分泌される排卵を促すホルモンあ経て排卵が起こらなくなります。

母体のエネルギーが不足の場合次の世代をつなぐ排卵よりも母体をまず守ろうとします。

 

アスリートの世界ではエネルギー不足の状態が続くと無月経だけでなく、免疫や代謝、メンタルなど全身に悪影響を与え結果的に試合のパフォーマンス低下をもたらすとしてエネルギー摂取の重要性への認識が高まっています。

 

これは一般女性にも言えることでエネルギー不足だと、疲れやすく集中力も低下し仕事の生産性も下がってしまいます。

骨密度の低下により女性ホルモンの分泌が減り、新しい骨が形成されにくくなり、骨粗しょう症のリスクがたかまってしまう。

 

血管へも影響します。

無月経の人と正常月経の人の血管壁の機能を調べっと頃、無月経のひとは血管壁の機能が落ちていました。

エストロゲンは血管を柔らかくする作用があるため、無月経と血管がかたくなりがちです。

閉経した人は動脈硬化、高血圧、心血管疾患のリスクが高まりますが、若い方でも無月経の場合は同様のリスクが高まる可能性があります。

 

エストロゲンは気分を明るくするセロトニンなど脳内で働く神経伝達物質の働きと共に抱えあってくるのでメンタルにも影響します。

また、お肌のしわやたるみが起きやすくなるのも、エストロゲンの減少によります。

このように、骨がスカスカになり、血管が固くなり、うつ傾向になったり、お肌に影響したりとする無月経ですが、卵巣機能は休止しているので、排卵が起こっていない。

その状態で妊活を始めてもすぐに月経が再開するとは限りません。

体重減少性無月経の場合は月経を再開させるためにはエネルギー不足を改善し体重を戻す事が大切です。

長期間無月経だった人は月経が戻らないケースも指摘されているが、体重が回復して月経がきちんと再開するケースもがほとんどです。

キレイと健康を保ち、老化を進ませないために痩せすぎを見直して止まった月経は一日も早く回復させましょう。

 

無月経について質問・回答

 

先日、無月経に悩んでいる方から問い合わせのメールがありました。

同じ状況の方や無月経に悩んでいる方の参考になればと思います

 

「  わたしは2◯歳女性です。

2年前に糖質制限をして生理が止まってしまってから今日まで、

ソフィアという生理を来させる薬を毎月服用し、生理をこさせています。
ですが今月、レディースクリニックの先生から「薬なしでくるか試してみようか」と言われ

服用しませんでした。そしたらやはり生理がこず、内視鏡検査をしたら、

やはり子宮がお休みしているとのことでした。

 

先生からは、
「 バランスよく食事をして、もうすこし体をふっくらさせたほうがいいよ、

脂肪をもう少しつけたほうが女性としては妊娠しやすくなります。

このままだと妊娠となったときにできにくい可能性があるから、

食べたいものを食べたいときに食べて、あまりストイックに食事管理をしないほうがいいねっ」

と言われました。

 

実はわたしは、週に4回ジムに通い、筋トレをしていて食事も日々管理しています。

おかしなどは週に1回くらいしかたべないように、油は魚やナッツ類から50g1日で摂取し、

ご飯は1日で5杯くらい食べるようにして、体重を増やすようにしています。

 

バランスよく食べているつもりだったのでしょうか...
先生のおっしゃる通りに、好きな物を好きなときに毎日のように食べていたら

ただ太ってしまうだけではないかと不安になりました。

筋トレは健康のためにやっているのですが、食事をどう改善していけばいいのか、

筋トレのやりすぎなのか、どう改善していけば無月経が治るかアドバイスをいただきたく、

メッセージを送らせていただきました。」

 

– 追記 –

7:00 朝食

12:00 昼食

14:00ジムで1時間ほどトレーニング
トレーニング内容は、下半身・背中・胸 の日に分けています。
下半身の場合...バーベルスクワット、レッグプレス、レッグエクステンション、

レッグカール 各種目4セットずつ みたいな感じです。

15:00 トレーニング後の軽食

18:00 夕食

タンパク質 100g
脂質 50g
炭水化物 250~300g

を目安に1日・・・・kcalを摂取しています。

 

<回答>

 

~省略~

まず、糖質制限を行い生理が止まってしまったことを【視床下部】が原因で起こる

無月経ではないかと考えられます。

過度の食事制限などを行なったことで著しく痩せ、女性ホルモンを調整している視床下部が

うまく働くことができなくなってしまうのです。
ホルモンを調整している視床下部が働かないと生理不順のほかにも低血糖や低血圧、

不眠や気分の不安定などの症状が現れてきます。

話を聞く限りでは食事や運動、体脂肪率などで気になる部分はありませんよ。

しいていうのであれば、ご飯は1日5杯!ナッツ類や魚は50g!体重を増やさないと!と

自分を追い込んでしまうとこれもまた視床下部を刺激しなかなか改善しない状態が続いてしまいます。

食事や筋トレをストイックに行うのではなく楽しく取り組んでみたら良いのではないでしょうか^^

 

 

 

この方は低血圧、低血糖、などが当てはまりました。

生理不順だけでなく他の部分にも影響がありましたね。

【視床下部】が原因である無月経は不安に思っている事を解消させる、

ストレスを溜めない生活が一番です。

またお灸の原料となっているもぐさの匂いにはリラックスを促す効果もあります。

無月経に効果の期待できるツボにお灸を行うことでより解消されるのではないでしょうか

 

無月経が解消される事を祈っております。

2018年05月25日 16:45

東洋医学と西洋医学の違い

木を見る西洋医学と森を見る東洋医学と呼ばれる医学の違いについて

西洋医学

”体がだるく熱もあるな…。喉も痛いしインフルエンザかな!?”

と感じた時、皆さんはどのような行動をとりますか?

 

”内科に行って処置してもらおう”

ほとんどの方がこのように考えているかと思います。

このように病院でお医者さんに検査をしてもらい病名をつけ原因を解明・投薬や手術をおこない改善をはかることが西洋医学の考えでありアプローチの仕方でもあります。

科学的根拠に基づいて一つ一つの臓器に注目してこれを治していくのが西洋医学です。

生物学や化学など科学を駆使して各臓器の組織から細胞へ、細胞から遺伝子へと徹底的に調べ 病巣を取り除き、くすりや点滴で臓器の弱った部分を補います。

 

また、東洋医学との治療の違いを見るときに、西洋医学では心の症状に対して、脳細胞に注目します。

不安やおちこみ、イライラなどの症状は精神科の対象になります。

ストレスや社会的な要因による心の問題が体の不調を引き起こした場合は診療内科で扱います。

主に薬物療法やカウンセリングなどを受けることで回復を目指します。

 

東洋医学

東洋医学は漢方や鍼灸を思い浮かべるとおもいますが、具体的にどんなものかよくわからないひとがおおいのではないでしょうか?苦そう、まずそう、痛そう、熱そうとあまりいいイメージの方は少ないかもしれません。

東洋医学は患者さんの自覚症状や症候を重視して、治療を行います。

”体がだるく熱もある” = 体の代謝はどうかな?湿(しつ)が溜まっているのかな?

”喉も痛い…” = 瘀血’(おけつ)ではないかな?ストレスなど生活習慣はどうかな?

西洋医学ではあまり見聞きされない生活習慣や冷え、瘀血などを考えアプローチし病態を取り除くことで症状の改善に至ります。

逆にいうと、手術を要する疾患や肺炎などの細菌感染症など病気の疑いがある場合は治療できず、西洋医学のアプローチが必要です。

 

東洋医学と、西洋医学は考えかたや治療法に違いがあります。

病変が生じた一つ一つの臓器を治していくのが西洋医学だとすれば東洋医学は臓器と臓器の間の関連性を扱う医学です。ツボに関しても、食養生にしても体を整える方法の一つです、病院に行かなくてもできることが東洋医学のメリットでもあります。

 

西洋医学との違いでは、東洋医学はこころを整える方法として食養生・ツボ療法・呼吸法・気功などを取り入れて整えていきます。

 

トリガーポイント

先日、テレビで首肩こりに悩む女性モデルさん4人を対象に鍼灸治療を行う場面があったのですが、

その時に出てきたのが「トリガーポイント」です。

モデルの皆さん、首肩凝りがつらいのに、なぜか先生が触るところは、上腕(二の腕)の後ろ側なんです。

しかし、そこを押すと皆さん首や指先まで痛みが走る。と言われます。

これがいわゆるトリガーポイントというもので、東洋医学では「経絡」と言われるものです。

実際、その圧痛部位に鍼をすると首肩凝りの痛みが軽減しました。

トリガー=引き金という意味で、痛みの引き金になるポイントだからトリガーポイントと言います。

西洋医学的な言い方です。

東洋医学では、経絡と言われツボの道すじです。

例えば、薬指から始まる関衝(かんしょう)というツボがあるのですが、そこから前腕を通り、肘後ろを通過し、

上腕を昇って、肩首の横を通り、耳周りを通って最後は顔の絲竹空(しちくくう)というツボに到達します。

まさに、モデルさんたちが痛みを訴えた首肩こりのラインです。

 

東洋医学と西洋医学で言い方が違うだけで経絡のツボの位置とトリガーポイントは90%一致しているそうです。

トリガーポイントという西洋医学的な言葉が生まれる前から東洋医学の経絡という言葉は、何百年も前から存在していました。

これからも科学的証明が進んでいくことで、鍼灸治療の効果や効能の理解がもっと深まり、

皆さんの生活の中に浸透していくことと思います。

 

妊活では、東洋医学と西洋医学を上手に取りいれ、

西洋医学でホルモン値や感染症、卵管や子宮関係に問題がないか検査、治療し

東洋医学で冷えや血流の悪さ、生活習慣などの改善をはかります。

妊活ででてくる不安や悩みストレスをもしっかりと解消しましょう!

 

 

2018年05月23日 16:13

妊活にも大切なたんぱく質

妊活にもたんぱく質

女性の食と栄養は卵巣機能にも関連します。

食事の内容を聞くと朝ご飯は食べないか、ヨーグルトやコーヒー程度、昼はパスタなどランチ、夜はがっつり定食のようなメニューを食べている方が多くみられます。

そのような食生活の方におおいのが、疲れやすい、肌トラブル、パニック発作、PMS、不妊などの様々な症状が出ていることです。

血液検査をした結果で共通しているのは、たんぱく質が不足している方が多いということです。

脳内ホルモン、婦人科系ホルモン、メンタル系ホルモン、肌を作っている構造蛋白などもたんぱく質が原材料です。

たんぱく質はビタミン同様、体にためておけないので毎日とらないといけません。

 

たんぱく質が足りていない人はほかの栄養素も足りていないことが多いです。

たとえば、卵を取るとその中にビタミンA~Qまで、というようにたんぱく質以外にもほかのビタミンやミネラルの微量栄養素もしっかりとれます。

35才で卵巣の機能は一割ほど低下していることがわかってきています。

卵巣機能に問題のある方で栄養指導と漢方を処方すると1年くらいかかりますが、よい結果になる方もいます。

妊活にも大事な栄養のたんぱく質について、また体に必要な理由についてお話していきたいと思います。

 

タンパク質は炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素の一つと言われ全身の約20%を構成しています。

 

主に、骨(約40%=タンパク質の一部のコラーゲン)や筋肉(約90%)、皮膚、髪の毛や爪、臓器、血液、ホルモン、

代謝に必要な酵素に至るまでからだの大部分で使われています。

タンパク質は体の組織や臓器の材料です。

また、血液のめぐりと遠に栄養素を運んだり、体内の化学反応を触媒の役割をする代謝酵素の材料にもなるなど、幅広い役割りをになっています。

注目すべきはタンパク質は脳ににおいてもとても沢山の機能を担っています。

 

たんぱく質はいろんな種類のアミノ酸によって構成されています。

アミノ酸は神経伝達物質に重要な役割をしています。

神経伝達物質とは、漢字の意味のままで、脳内で神経の情報を伝える時に必要な物質です。

自分の体内で作られず、食事から摂取しなくてはならないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸は体内で合成できないため、外から取り入れないといけません。

この必須アミノ酸は記憶や情動、気分などに関係するノルアドレナリン、セロトニンという神経伝達物質のもとになります。

情動を担い、自律神経を刺激するノルアドレナリン、快楽をもたらし意欲を起こさせるドーパミンはチロシンという、必須アミノ酸から作られます。

精神を安定させたり、睡眠を良くするセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られます。

また睡眠を促すメラトニンも元を辿ればタンパク質から作られます。

体の中のたんぱくしつは日々分解と合成を繰り返し、新しい細胞が古い細胞と入れ替わっています。

1日に200〜300gのタンパク質が体内で分解していて、50〜60gは1日のうちに必要な量です。

実際に日本人で普通に食べている人の多くはタンパク質不足であると考えられます。

このように各部分の健康に機能させるにはたんぱく質を過不足なくそして、毎食とることが大切です。

 

たんぱく質が不足してくると

1、筋肉が減る

2、骨が弱くなる

3、肌がたるみ、髪や爪がボロボロになる

4、疲れやすくなる

などの症状がでてきます。

 

【  タンパク質が体に必要な理由 】

( 1 )タンパク質は体をつくり働かせる!

体内で最も割合が高い成分は水分で約6割。

その次に多いのが2割をしめるタンパク質です。

筋肉はほぼタンパク質で構成されています。

 

( 2 )再構成にはタンパク質が必要!

体を動かし支える筋肉は日々少しずつ作り替えられています。

この筋肉の再構成には、タンパク質の構成成分、アミノ酸が欠かせません。

筋肉のほかにも、肌を支えるコラーゲンも、爪や髪のもとになるケラチンもアミノ酸が原料で日々つくりかえられています。

 

( 3 )ダメージを修復し疲れにくくする!

疲労は、体の酷使された部分で酸化が進み、炎症状態に陥って

体の修復がうまく進まない状態で起こります。

特に肝臓の機能に負担がかかっていることもわかってきています。

この状態が続くと肉体的にも精神的にも慢性的に疲れが溜まる状態に…。

修復に関わるたんぱく質をしっかりととることでより疲労回復を促す効果が期待できるといわれています。

 

タンパク質をとると消化によってアミノ酸に分解されて体内に吸収され、血液で全身に運ばれると体の各部位で働くタンパク質の入れ替えに使われます。

 

【  タンパク質の上手なとり方 】

たんぱく質を取っているつもりの女性が食べていると答えるのは、お豆腐です。

患者さんに聞くと、豆腐と納豆を食べているからたんぱく質を取っていると思いがちです。

しかし、木綿豆腐100gのたんぱく質量は7gほどです。

お豆腐はアミノ酸が少ないため、たんぱく源としては十分ではありません。

 

たんぱく質は大豆製品のような食物性蛋白質だけでなく、卵、魚、肉などの動物性たんぱく質が必要です。

できれば、毎食植物性と動物性たんぱく質を必ず組み合わせて片方の手のひら一杯分を目安にとりましょう。重さでいうと、100gくらいです。

そして朝ごはんにたんぱく質をとったグループと取っていないグループを比較した研究で、摂ったほうのグループはイライラしなかったのに対し、取っていないグループは切れやすかったという研究があります。

またしっかり朝ごはんを食べると満腹ホルモンのレプチンがでるというデータもあるので、朝食にきちんとたんぱく質をとることでおやつなどの無駄悔いが妨げる可能性が考えられます。

 

◎1日3回にわけてとる!ダイエットにも朝食は大事!

◎運動したら早めにとる!

◎肉・魚・大豆など複数の食材からとる!

 

 

【  食べたタンパク質をムダなく使うには】

☆野菜は必ず一緒にとる!

アミノ酸をたんぱく質に再合成する際に、ビタミンB群は欠かせません。

また、肌を支えるコラーゲンにはビタミンC、骨にはカルシウム

ビタミンDといった補酵素がなければタンパク質として活かすことができません。

ビタミンやミネラルを含む野菜をとる事が大切です。

 

☆運動することで筋肉がつきやすい!

加齢によって筋肉の合成を促す効果も衰えますが、

普段から運動をする人としない人では、ある人のほうでが同じタンパク質を摂取した際の筋たんぱくの合成が高いといわれます。

筋肉維持のためにはタンパク質と運動習慣が欠かせません。

 

☆タンパク質だけに偏らずカロリー不足にならないように食べる!

体にとって最も大切なのは生きるためのエネルギー作り。

実は、空腹を感じた段階で、エネルギー産生のため、筋肉の分解は始まっています。

糖質や脂質オフのダイエットをしている人や野菜ばかり多く食べている人は要注意!!

 

妊活中の方はもちろんのこと、現代の女性はタンパク質が不足がちです。

皮膚や髪、爪から骨や血管、内臓などに至るまで、体のすべての材料となるタンパク質は新しい生命のためにも重要な栄養素となります。

このごろ、忘れっぽかったり、イライラしたり、気分が沈むという方はたんぱく質をとるように食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

2018年05月07日 16:10

貧血

貧血

若いころから貧血の方や、症状はないけど貧血という方など、日本では貧血女子がたくさんいます。

どのくらいいるかというと、ちょっと古いデータですが、2015年の厚生労働省の調査によれば日本人女性の10人に1人は貧血です!
なかでも月経のある女性に絞ると5人に1人が貧血といわれています。

貧血というのは、ふらっとするという症状のことではなく、赤血球の量と質が低下している状態をいいます。
血液検査では赤血球の量だけでなく、ヘモグロビン、ヘマトクリットをしらべます。

また、隠れ貧血という、貧血もあるのをご存知ですか?
潜在性鉄欠乏のことを指し、貧血の予備軍ともいわれています。
貧血はヘモグロビンの値でみますが、この潜在性鉄欠乏は、貯蔵鉄と言って鉄がどれだけ貯蓄されているかをみます。
検査では、フェリチンという項目です。

鉄は全身に酸素を運ぶ大事なミネラルです。
妊娠したら母体だけでなく、胎児にも栄養と酸素を運ぶ為、鉄が必要になります。

ある研究によると妊娠初期から中期にかけて貧血でだった妊婦さんの赤ちゃんは低体重のリスクが1.3倍、早産のリスクは1.2倍になるといわれています。

そのため、妊娠中には貧血状態にならないようにしておかないといけないのですが、
鉄剤を飲み始めてから1~2か月くらいはかかりますし、赤血球が生まれ変わるのには120日、約4か月かかるといわれています。
そのため、妊娠が判明するころに飲み始めるのでは妊娠初期の貧血防止に間に合わなくなってしまいます。

鉄剤においては吐き気や胃の具合が悪くなる副作用があるものが多く、つわりで飲めなくなる場合があります。
先ほど隠れ貧血の時に調べてみてほしいといったフェリチンをしらべて、鉄を貯蔵しておくほうがより安心して妊活できるのではないでしょうか?

妊娠後期においても貧血だと、お産が長引いたり、産後の回復が遅くなるといわれています。

妊娠だけでなく、出産にも大事な役割をしていく鉄!
妊娠する前から鉄が不足しないように是非心がけてください。

 

貧血でなくても、鉄は日本人女性の平均的な食生活では不足気味!

自分の体だけでは問題ないですが、妊娠する、新しい命を育むとなると、鉄を蓄えておいたほうがいいです。

 

鉄は体内でさまざまな役割を担っていますが、その中で大事なのは「 酸素 」です。

 

最も代表的なのは血液中でヘモグロビンを構成して「酸素」を運ぶことに関わっている事。

そして、その酸素を使ってエネルギーをつくるのに補酵素として関わり、

その結果生じる活性酸素の消去に抗酸化酵素の補酵素として関わっていることです。

 

このように酸素運搬や呼吸を助けることから生命活動の根幹に関わるミネラルだと言えます。

 

妊娠すると鉄の必要量が跳ね上がります。まずは、妊娠すると循環血液量が増加し、

それに伴う赤血球の増加により鉄需要が増え、胎児の成長に伴う鉄貯蔵に加えて、

臍帯や胎盤中への鉄貯蔵があるからです。

そのため、厚生労働省の食事摂取基準 では、30〜40代女性の推奨量の11mgに加えて、

妊娠初期には2.5mg、中期、後期には15mgを、それぞれ上乗せしています。

鉄が足りているかどうかを調べるのはヘモグロビン量を測定するのが一般的です。

ところが、妊娠するだけの鉄量のレベルにあるかどうかはそれだけではわかりません。

予備的な鉄、すなわち、貯蔵鉄の量も測定する必要があります。体内の鉄量が低下しても、

酸素の運搬やエネルギーの産生に支障をきたすわけにはいきませんから、貯蔵鉄を切り崩し、ヘモグロビンや酵素に回すからです。

そして、妊娠時の増加分も貯蔵鉄から使われることになりなす。

そのため、健康な妊娠、出産を望む女性は貯蔵鉄に十分な鉄がある状態にしておくことが大切です。

 

一日に必要な鉄分は10mg

女性は生理もあるし、妊娠や授乳、成長期や更年期のホルモンバランスの乱れで貧血になりやすいと言われています。

 

1日に必要な鉄分は約10㎎と言われています。貧血の人は12㎎を目標にすると良いと言われています。

鉄分が不足する鉄欠乏性貧血の場合、鉄分の摂取が必要になります。

鉄分にはレバーやお肉から摂れるヘム鉄と小松菜やほうれん草などから摂れる非ヘム鉄があり、

鉄分の摂取の効率を考えるとヘム鉄は摂取した量の約30%、非ヘム鉄は約7%しか吸収されないと

言われているのでヘム鉄を摂るようにする事が大切だと言われています。

 

どちらの場合も鉄分の吸収率を上げるにはビタミンCが不可欠だといわれています。

タンパク質と一緒に摂ることも良いとされています。

 

また、タンニンは鉄分の吸収を妨げるのでご飯を食べる時に一緒にお茶やコーヒーを飲むは止めた方が良いと言われれいます。

 

鉄分はサプリなどに頼るのも有効だと言われています。

サプリの場合は赤血球の形成に必要なビタミンB12や葉酸も含んだものも良いかもしれません。

 

東洋医学の貧血

貧血は血虚、虚労、萎黄などに分類します。

顔色が悪い、唇やつめの色が薄い、めまい、動機、疲れやすい、不眠、手足の麻痺などが主な症状です。

身体の栄養分である血が不足している状態です。

 

貧血の原因は長期の慢性的な出血のほかに血を生む機能の低下が考えられます。

血や気を作るのは「脾」の働きによります。このことから脾は「気血生化の源」とも呼ばれます。

飲食の不摂生や過度の疲労などによって脾の働きが弱ると気や血が作られず、貧血になります。

穴の不足が続くと肝や腎の機能が損なわれます。

血は本来身体を冷やしたりうるおしたりする陰の作用を持っていますが、血の長期の不足は体を温めるようお働きも損ないます。

 

2018年05月02日 16:08

妊活とストレス

妊活とストレス

スマホが普及し気になることをすぐに調べられる時代になり間違った知識や余計な情報で溢れてしまようになりました。

口コミやメディアの情報でがんじがらめになっている女の人のなかには完全に視野が狭くなって、周りが見えなくなってきてしまう人もいます。

恋愛、結婚、妊娠、出産、子育て…ありとあらゆるライフステージの中で女性は視野狭窄に陥る瞬間がだれにでもあるのです。

そしてこのことがストレスを生んで結局自分の身に返ってくる。

 

ストレスが身体によくないのは皆さんご存知かと思います。

一例ですが、唾液の中に含まれるコルチゾールというホルモンはストレスホルモンと呼ばれています。

不妊治療中の人の唾液を調べたところ、このストレスホルモンが多くでている人は着床率は低いという結果だったのです。

また、妊娠中にストレスホルモンがでるとそれは胎盤を通って赤ちゃんの血液にもいくのでよろしくない、というデータもでています。

 

唾液の検査は誰でもできることではありません。

しかしストレスを受けている人は体に変化がでてきます。その中でも特に多いのは、

・お腹がカチカチで硬く板状みたくなっている

・お腹の拍動が強い

・お臍周りを押すと痛みがでる

・頭部が火照っている

・ON・OFFのスイッチが働かず疲れがとれない

・偏食になりがち

以上の所見がみられます。

 

ストレスに対する体内での反応はとても複雑で、いまだ明らかにされていないことがたくさんあります。

ストレスにより起こる特定の症状に効果のある薬はありますが、症状を全体的に改善するような薬は残念ながらまだ開発されていません。

ストレスを受けない人はいないと思いますがストレス解消方法はみつかると思います。

気付かないうちにストレスを受けている場合もありますので日頃からストレス解消に努め、ためすぎない体づくりをしていきましょう。

 

 

また鍼灸治療ではストレスホルモンを緩和させ諸症状を改善させる働きがあります。

針は痛そうと思われている方もいらっしゃると思いますがストレスを改善させる治療は針の痛みがでないよう優しい治療を心がけております。

気になる項目がありましたらお気軽にご相談ください。

 

頑張りすぎちゃう妊活中の方へ

周囲の子供はまだなの?という声。

治療にかかる莫大な金銭的負担。

治療によりいつ何時、職場を休まなければいけないか。

度重なる毎月の治療結果による精神的重圧。自分自身の努力のみではどうにもならない。

考えまいとしても溜息ばかりでてしまったり、くじけたりめげてしまいますね。

 

そんな時にすべきことは!

1.頑張りすぎな人は、息を吐くことを忘れています。
息は嫌でも吸ってますので、深~くお腹の底からすべての息を吐いてください。

2.笑って過ごしましょう。
お笑いを観たり、今流行りの落語を観たり、親しい友人とはしゃいだり。
笑うことにより良い気を呼び込みましょう。

3.歌をうたいましょう。
たまにはカラオケなどいかがですか?
歌うことにより呼気もたかまります。

4.楽しみながら運動しましょう。

義務的な運動は効果がありません。
運動することにより、疲労も回復して血行も良くなります。

5.いい加減に過ごしましょう

すべて完璧に思い通りにこなそうとせず。
まっ、いっか。とか、しょうがないときもありますよ。気張らずに行きましょう。

誰かしらいつもあなたの近くには家族だったり、友人だったり優しく見守ってくれている人がいる事を忘れずに。
楽しいこと、手に入れたい事を妄想して夢に描いて進んで行きましょう。
みやびでも頑張っている皆様を応援して支えていきたいと思います。

 

妊娠率を上げるストレス緩和法

アメリカの心理学者が開発した方法で、1日20分位、自分が思っている事や感じていることを書くことでネガティブな感情が少なくなり、前向きな感情が高まり、ストレス緩和や幸福感まで高まるという研究が報告されています。

この方法を取り入れて卵巣刺激から排卵まで、不妊治療を受ける事で感じた事や思ったこと、考えや感情を深く見つめ、掘り下げ、パートナーや両親・友人関係をはじめ過去・現在・未来を飲自分を見つめ。この先どうなりたいのかを一気に書き、妊娠率を調べたという研究があります。

この研究から何もしなかったグループ(5%)よりも、書く事で自分を見つめ他グループの方(28%)が妊娠率が高かったという結果が出ました。

 

ただ書くという事でこんなに差が出たのはすごい事ですね。

メンタルが治療成績に影響を及ぼすという事は、見たり、測ることが出来ません。

 

しかし逆に、書く事がいいとはいえ、落ち込んでいる事ばかり書くと更に落ち込んでしまう事があります。

そういう場合は、落ち込んでいることを書くのではなく、今日おこった素敵な事や周りへの感謝の気持ちを綴ってください。

それはどんなことでもいいそうです。

例えば、美味しいごはんに連れて行ってもらった友人に感謝するとかなんでもいいのですが、どうしても見つからないこともありますよね。

そんな時は天気が良いとか、街中の花や木々がきれいであるとか、ささやかな事から当たり前の事でもいいそうです。

普段からいつも一緒にいると当たり前すぎて感謝する事を忘れてしまう事もありますよね。

当たり前の事に向けると沢山の人に支えられていることに気が付きますし、普段忙しさで忘れてしまった日常の素敵な事を思い出すきっかけになると思います。

赤ちゃん待ちの間の不安やストレスでささやかな幸せや感謝を忘れてしまいがちですが、感謝をする事により、安心感が生まれたり、不安感を払しょくする作用があります。

これは思うだけでなく、書く事が大切なので、是非この機会に自分の気持ちに向かい合って書いてみて下さい。

 

ストレスに効果的なツボ

 

合谷(ごうこく)

手の甲を上にして、親指と人差し指の骨が交わるところから人差し指に向かって押していった時に凹んでいるところが合谷のツボです。

押すとズーンと響くような圧痛があります。

合谷は万能のツボと呼ばれていて目、鼻、歯の痛みや肩こりなど首から上の症状や風邪のひき始め、体内の溜まりがちな不要なものの排出を促すため便秘やむくみなど身体の様々症状に効果的です。

何か体に痛みが出た時には、まず合谷にお灸をしてみましょう!

 

百会(ひゃくえ)

百会は頭のてっぺんに位置するツボで、両耳の一番高いところと鼻の延長線が交わるところにあります。

指で押すと少しへこむ感じがあると思います。

このツボは自律神経を整えリラックスさせる効果があるのでストレスや不眠症の緩和に役に立ちます。

その他にも百会は多くの経絡(気、血、水など体に必要なものの通り道)が交わるところという名前の由来があるように、ここを刺激すると体の様々な症状が改善すると言われています。ここも万能なツボですね!!

お灸が難しい時は指での指圧でも大丈夫です!

 

神門(しんもん)

手首の横じわを小指に向かってなぞっていくと腱を越えたところに小さなへこみがあり、そこが神門になります。

このツボは心の安定とリラックスに効果があり、気持ちの切り替えをスムーズにしてくれます。

大事な会議の前、生理中のイライラ、精神的に不安になっているときには神門にお灸をしましょう!

その他にもほてりやのぼせなどホットフラッシュ、不眠、動悸、息切れにも効果的なツボです。

 

 

 

 

 

他にも、緊張やストレスに効果的なツボをご紹介していきます。

 

1、壇中(だんちゅう):左右の乳頭と体の中心線が交わるところ

ストレスからくる動悸やのどのつまりを改善するほか胸の痛みの特効ツボとしても効果的です。

 

2、中脘(ちゅうかん):身体の中心線上でおへそから指幅5本上がったところ

胃腸の働き全般に効果的です(胃痛、消化不良、膨満感、嘔吐など)

 

3、湧泉(ゆうせん):足のつま先からかかとまでの約1/3のところにできるくぼみ

生命の元となる気が湧き出て全身をめぐります。また、足ツボでは胃の働きに効果的な部分です。

 

これらのつぼにはお灸がとても効果的です。

(今回紹介しているツボはお腹の部分が多いので、火を使うお灸が慣れていない人は火を使わないタイプのお灸もおすすめです)

 

また、【爪楊枝鍼】も効果的でしょう。

爪楊枝鍼は爪楊枝を20~30本ゴムでまとめツボの部分に軽くあてていきます。

皮膚が赤くなることを確認しながら行うとより効果的です。

 

ストレス解消のために・・・

ストレスが自律神経の乱れを起こす原因の一つであり子宮の動きが悪くなることで妊活の妨げになりますが、

自分でもストレス解消にならないものか…と思いますよね。

仕事でも、家の家事でもあるものを使わず、あるものに切り替えることで心がラクになることがあります。

 

先日、私事ですがスーパーで実山椒を見つけて買い物しました。

山椒の花が咲き終わったあとにできる緑の実で今頃から店頭にならぶ旬の食材です。

佃煮にするとおいしいのでこれもまた旬のしらす干しも買ってちりめん山椒を作りました。

 

正直言うと普段の料理は義務感が強くやっつけ仕事のような感じですが、珍しく作り終わった後に達成感がありスッキリと心が晴れる感じがしました。

 

普段との違いは何!?と思った時に分かったことが考えるのではなく五感を感じながら料理していたからでした。

五感とは視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚のことで 頭で考えるのではなく五感を刺激して感じることで 悩みを減らしてストレス解消、リラックス効果につながるそうです。

 

私に起こった五感の刺激は

しらす干しに染まる色の変化で出来上がりの色を感じる→視覚

具材の煮詰まる感じで香りを感じる→嗅覚

音の変化で水分の量をを感じる(グツグツ→パチパチ)→聴覚

実山椒のつぶれ具合を指で触って確認する→触覚

実山椒の辛さを好みに合わせるために味見する→味覚

などで五感をフルに使って出来上がりを想像しながら作ったことで

スッキリした気分につながったようです。

普段の料理も集中すると気に留めないことですが、音を感じたり、匂いを感じたり、味わったりしながらで五感を使ってみる時があってもいいのではないでしょうか。

 

考えるより、感じる!

全ての行動に取り入れるのは難しいかもしれないですが

何かの判断に迷ったら感じて動くということでもいいということだと解釈します。

 

生活の中でどこかに取り入れることができるといいですよね♪

 

2018年04月25日 16:06

産後の過ごし方

産後のカラダの変化

無事に赤ちゃんが生まれて安心したのもつかの間、妊娠期間中に大きくなった子宮は収縮し急速に回復していきます。

個人差はありますが6~8週間後には妊娠前の大きさと位置に戻ると言われています。

 

子宮回復の状態は今後の妊娠や女性疾患などにも大きく影響してきます。

分娩時の状況にもよりますが、産後のセルフケアは早めに行う事で回復力をあげます。

今回はベッドの上で簡単に行えるものをいくつか紹介していきますね。

 

1、子宮底部の輪状マッサージ

恥骨とオヘソの間を円を描くようにマッサージしていきます。

子宮筋を刺激し子宮収縮を促進する効果があります。

自分のお腹に触れ子宮回復の状況を理解しながら行うとより効果的です♪

 

2、少しずつ授乳を開始する。

授乳を行うことでオキシトシンが分泌され子宮収縮が早まります。

(個人的な感想ですが、授乳を開始するとお腹がキューっと締め付けられている感覚があります!)

 

3、定期的にトイレへ行く。

会陰切開部が痛い!お腹が痛くなるからトイレに行きたくない!との話しを聞きますが我慢をしてしまうと膀胱・直腸が充満し子宮収縮の妨げになってしまいます。

水分補給をし定期的にトイレへ行きましょう!

 

4、早期離床し産褥体操に取り組む。

体操を行うことで悪露の排出され子宮収縮が促されます。

胎盤や卵膜などの胎児付属物の子宮内遺残、悪露の子宮内滞留、子宮筋腫などの疾患、子宮筋の過度の伸展による疲労

母体の疲労などが原因で子宮収縮が遅れてしまう場合もありますがどの場合でもセルフケアを怠らず続けて行ってくださいね。

 

産褥体操

産褥体操は、通常、産後24時間経ってから開始していきます。

異常分娩、出血が多かった人や貧血ぎみの人は医師に相談してから始めるようにしてください。

また帝王切開後の産褥体操もありますので次回ご紹介していきますね。

 

 

~産褥体操~

産後1日目

仰向けになり、かかとを床につけた状態で両足のつま先を伸ばしたり反らしたり伸ばしたり反らしたりする。

 

産後2日目

仰向けになり左右に広げた両腕をゆっくりと体の中央まで上げて両手をあわせる。

だんだん早くしながら5回行う。

 

産後3日目

仰向けになりお腹に手をあて、顎を胸につけるよう頭だけを持ち上げる動作を5回繰り返す。

体に負担がなければ、足首を押さえてもらって腹筋運動を5回行う。

 

産後4日目

その1

仰向けになり両膝をたてた状態から、おしりを持ち上げ、

腰から背中までがまっすぐ伸びるようにする。

そのあと、ゆっくりと元に戻す。これを3回繰り返す。

 

その2

仰向けになり両手を腰にあて腰を45度くらいにひねる。

1~2秒で元に戻す。反対側にも同様にひねる。

左右5回ずつ行う。

 

 

産後5日目

仰向けになり両手を少し開きぎみにして体を支え、片足ずつ、直角になるまで真上にあげる。

次に、両足一緒に直角になるまであげる。

会陰切開をした人は抜糸の翌日以降医師の許可のもとで行ってください。

 

日にちはあくまでも目安です。

産褥期は妊娠・分娩による影響が母体に残っている状況であり、異常やマイナートラブルが起こりやすい時期になります。

小さな変化であっても医師に相談し無理のないような生活をこころがけてください。

 

産後の過ごし方

妊娠・出産は病気ではないといわれますが女性にとっての大仕事であり心身へのダメージは計りしれません。

産前産後の養生をおろそかにしていると体のバランスが乱れたままとなってしまいます。

女性は妊娠・出産を機に輝けるチャンスが訪れます。養生の考え方とケアを知って妊娠前よりも心と体が整った状態を目指しましょう。

 

養生法1 目を使いすぎないように意識する

「養生する」とは体を休めること。当然ですが、”目”も体の一部です。目を休めることから産後の養生が始まります。

体を休めているつもりでも、テレビやパソコン、スマホで目を使っているとこれらが養生を妨げる原因となります。

出産は内臓にもかなりの負担がかかり、特にお産が大変だった時には肝臓や腎臓の負担も大きいので体も疲れやすい状態になります。

加えて目を使い過ぎると交感神経が緊張してきます。産後のケアをしているのに頭痛や肩コリが取れない、些細な事にイライラするという人は目を休ませてみてください。

簡単なセルフケアとしては蒸しタオルの温湿布を目にあて温める事。また、目の充血には市販のローズ水をコットンにつけて冷やすといいです。

 

養生法2 人に気を使わない

「周りに助けをお願いするくらいなら自分でやったほうが早い…」は勘違い!

人に頼ることにストレスを感じていては産後の肥立ちは悪くなるばかりです。

現代社会では周りにものを頼めない人が増えています。女性が自立して働く社会の中でこれまでさまざまなことを自分の力で乗り越えてきたのでしょう。

そのため産前産後も自分の力で何とかできると思っているかもしれませんがそうはいきません。

重い荷物を持ち上げるだけでも骨盤が不安定なため苦労します。また、握力も弱まり上手く握ることもできません。

この時ばかりは気兼ねなく家族や夫に援助を求めて養生に専念しましょう。

出産での女性ホルモンの変動は誰もが体験します。人によっては甲状腺ホルモンにも影響がでるようです。

そうすると忘れっぽくなったり感情のコントロールができなくなることが起こります。そばにいる人が「大丈夫だよ」と優しく包んであげて下さい。

 

養生法3 周りのサポートを感謝して受け取る

インドや韓国では「産後の女性を娘の状態に戻す」という習慣があるといいます。気兼なくくつろげる環境を作って養生させるということでしょうか。

これには周りの協力が必要なのですが、実は援助を受ける本人の気持ちの準備も必要です。

東洋医学で「心身一如(しんしんいちにょ)」という言葉があるように心と体はつながっていて体の状態は心に表れ心を正せば身体も回復します。

愚痴もたまにははかないと体に悪いですが、はきすぎてしまうと逆に体調を崩します。産後は長い人生の中でたくさんの助けをもらう時です。

一つの助けを感謝しながら受け取り、自分のためにも「ありがとう」の言葉を添えましょう。

 

養生法4 眠りたい時にできるだけ眠る

産後一カ月は母乳分泌状態を整える事、赤ちゃんの体重を順調に増やすために一定の授乳間隔は必要ですが、ぐっすり眠れたのであれば、うっかり長寝をすることがあっても、きちんと寝ることの方が大切です。

眠くなった時に眠るという事は何よりも幸せで、その時の睡眠は質がよいようです。

どんなに眠れない人でも24時間の中で「今なら眠れる」と感じる時があるはずです。そのタイミングを逃さないことがポイントです。

体は疲れているはずなのに眠れないのであれば、呼吸法やヨガをして体を緩めてみるといいでしょう。季節を問わず、首まわりをタオルなどで覆って冷えないようにしておくと眠りやすくります。

 

養生法5 消化と排泄のよいものを食べる

産後はイライラや体の緊張、赤ちゃんが泣きやまないなど睡眠不足になってしまう条件がそろっています。眠れないだけでも消化機能が低下するのにそこに疲労が重なって…。言うならば、産後は消化機能が低下した”病み上がり”状態。そのため消化のよい食事で内臓への負担をできるだけ軽くすることが大切です。

「消化のいいもの」は大きく3つあります。

1つめは温かいもの(できたてのもの)、2つめは汁物、3つめは発酵調味料です。

つまり一汁三菜は、床上げ3週間の献立にピッタリなのです。炊きたてのごはんは代謝を上げて体を温めてくれるので消化力が落ちている時こそ食べましょう。

西洋医学的に推奨する一日30品目にも及びませんが、消化力が落ちているこの時期は多くの栄養を摂取して腸に負担がかかると便秘や下痢になりかねません。

ただ、お産での出血がひどかったり体力を消耗した人には動物性の栄養素も補う必要があります。その場合はだしに鰹節やニボシなどを使いシジミやチキンなどのエキスで補うといいでしょう。

 

養生法6 冷えは大敵!体を冷やさない

妊娠前・妊娠中は温めていたけど出産後は手をぬいていました…。そうおっしゃるかたは多いのではないでしょうか。

体が冷えると内臓の機能は低下します。心にも影響してきてちょっとしたことに不満を感じることがあります。

手足が冷えている場合は足湯やストレッチを行い、温かさを感じる腹巻は季節を問わずおすすめです。

また、オイルマッサージなど心地よくなるケアをしてみて下さい。

 

養生法7 心地よいケアと運動をする

出産後にまず気になるのが傷口ですね。ケアと運動で痛みの患部を修復し心と体の心地よさを取り戻しましょう。

人は心地よさを感じた時に副交感神経が優位になって筋肉が緩み、 逆に痛みを感じると神経が過敏になり、交感神経を優位にさせて筋肉がこわばってしまいます。そのため、スムーズに体を回復させるためにも特に出産直後は会陰や帝王切開後の痛みを緩和するケアが大切です。

ほとんどの会陰の痛みは、患部の傷の乾燥を防いで傷口をオイルなどで潤わせ、座浴などを試み、血流をよくすることで和らぎます。しかし、中には傷口がふさがっているにもかかわらず痛む場合があります。その場合の痛みの原因は頭の緊張と関係しています。体と心の疲労が強く眠れていない人は特に自覚するようです。

その場合はリラックスを促す呼吸法、リンパマッサージ、首と肩の緊張を緩め頭に上って滞った気の流れをうながしてみましょう。

 

 

2018年04月17日 16:04

花粉症対策

花粉症

朝、起きた時に花粉症の症状が強く出る事をモーニングアタックと言うそうです。

 

室内に舞っている花粉やハウスダストは夜寝ている間に床に落ちます。

朝、人が動き出すと空気の流れによって床に溜まっていたハウスダストと花粉が舞い始め、朝、起き出しが辛いという事がおこるそうです。

 

モーニングアタックが辛い人はまず、家に花粉を入れないという事が大切です。

帰宅したら家に入る前にコートやカバン等についている花粉をしっかり払い落とす事が大切です。

フリース、ニット、ウール等毛足の長い花粉が吸着しやすい素材の服を避け、ナイロンや綿等表面がツルツルしている素材を選び、

洗濯の際には柔軟剤を使用しましょう。

 

また朝は寝ていて副交感神経優位の状態から、活動する交感神経へと切り替わる時でもあります。

この切り替えがうまくいっていないとアレルギー反応が出やすいと言われています。

 

切り替えを上手くするには

 

1.同じ時間に寝る(12時前には眠りにつきましょう)

2.朝日を浴びる

3.顔を洗う

 

毎日続けることが大事です。習慣付けましょう。

 

花粉症の特効穴

 

迎 香     :  小鼻の横の引っ込んでるところ、ほうれい線の始まり位のところで

押すと鼻が通る様な感じがするところをゆっくり押します。

 

清涼感のあるユーカリやミントの精油を数滴ハンカチやマスクにたらしてかいだり

お湯を入れたマグカップに1滴たらして湯気を吸入したりすると鼻の通りがよくなります

 

顖会(しんえ) :  顔を縦に半分に分ける真ん中の線が髪の生え際とぶつかるところから

1センチから2センチ髪の中に入ったところで押すと鼻が通るところ

を少し爪をたてるようにしてピンポイントで押します。

 

頚の骨は7つあるのですが、4番目の第4頸椎という部分から目や鼻などにつながる神経が

出ているので、この辺りの緊張が強いと花粉症の症状も強くでると言われています。

ですので、頚の後ろをマッサージするのも効果的です。

 

花粉症対策の食材

花粉症やアトピー、喘息などのアレルギーをお持ちの方に是非取り入れて頂きたい春の旬野菜が

~ 春キャベツ ~

キャベツの主な栄養素はビタミンC、ビタミンU、ビタミンK、カロテン、葉酸、カリウム、亜鉛などで、健康や美容に効果的です。

春キャベツはキャベツのなかでも一年で最も栄養価が高いと言われ、特に美肌に効果的なビタミンC・カロテンの含有量が非常に高いのが特徴です。

春キャベツのビタミンCは普通のキャベツの約1.3倍、カロテンは約3倍も多く含まれています。シミ、そばかす予防や、イライラを緩和する効果もあるので、仕事が忙しくて、心と身体のケアができていない人は積極的に取り入れましょう!

ビタミンKは骨を丈夫にする働きがあるため、骨粗しょう症予防にもおすすめです。妊活、妊娠中の方にも必須ですね。

キャベツはビタミンUも豊富です。アミノ酸の一種で、代謝促進効果が期待できます。”キャベツは胃腸に良い”と言われますが、このビタミンUが胃腸粘膜を保護修復し、胃酸過多を防いでくれます。さらに肝臓の働きを活性化、蓄積された余分な脂肪を減らす効果もあると言われています。さらに、キャベツには食物繊維も豊富な上、不溶製食物繊維も含まれているので、胃腸を掃除して便秘解消するだけでなく満腹感をキープしてくれます。

ボロンという女性ホルモンを活性化させるミネラルも豊富で、これはバストアップ効果も期待できるんだそうです。

イソチオシアネートは、辛み成分の一種で、ガン細胞の増殖を防ぐ効果があり、注目されています。花粉のアレルギー反応も抑制します。野菜の中でキャベツに最も多く含まれています。

グルコシノレートは、解毒作用が強く、がん予防や花粉症などのアレルギー疾患も抑えてくれます。また、性ホルモン機能に働きかける作用もあると言われていますので、男女問わず不妊治療をされている方には注目の成分です。

ルテインは、カロテノイドの一種で目の粘膜を強化する働きがあるので、花粉症の目の症状にも効果的です。

 

キャベツは、献立のバリエーションも豊富なので、毎日の食事にも取り入れやすいです。

例えば、

回鍋肉は、豚肉も使用するので、疲労回復効果のあるビタミンB1も摂れます。

キャベツとサバのトマト煮は、身体にとても良い青魚を一緒にとれます。

キャベツとあさりの蒸し物、あさりはミネラル、タウリン、亜鉛、ビタミンB2、鉄分を多く含み、疲労回復や美肌効果、更には貧血予防まで幅広い効能が期待できます。

キャベツの浅漬け、ロールキャベツ、キャベツたっぷり餃子、春キャベツと新タマネギのサラダなどなど、キャベツを使ったレシピは豊富だと思うので、献立に困ったら、花粉症対策も兼ねてキャベツ料理にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

2018年02月15日 16:02

女性専門 みやび鍼灸院

WEB予約はこちら【24時間受け付け中】

【所在地】 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-11
美笠ビル501

【電話番号】 03-6887-2522

【営業時間】 月曜~金曜 10:00~19:00
土曜・祝日 10:00~16:00

【定休日】 日曜

アクセスはこちら