不妊鍼灸施術、産後のケア、更年期障害なら女性専門 みやび鍼灸院|東京都新宿区

【女性専門】【完全予約制】の鍼灸施術院です。妊婦・マタニティーのマイナートラブルに対応しております。予定日超過もご相談ください。

ホームみやび鍼灸院ブログ ≫ 移植日の通い方 ≫

移植日の通い方

BD23F7FB-B81F-4962-BCB3-24B800560A87

保険適応はもうすぐ?

暖かい日が続き、桜の開花ももうすぐですね。
もうすぐと言えば、不妊症の保険適応がいよいよ4月から開始の予定ですね。
保険適応の詳細についてはまだ詳しい連絡がないようなので、ギリギリになってバタバタしそうな予感です。

保険適応の前に助成金を使って妊活をする方も多いようですが、保険適応と助成金どちらが得なのかはまだ分からない、というのが本音のようです。

さて、鍼灸の移植日はどのように予約をとったらいいのかという、お問い合わせが増えてきました。
今日は、加藤レディースクリニック(klc)に通う方の移植日の鍼灸予約についてお話します。

採卵、そして移植まで

採卵は卵の質が変わるまでに8カ月かかると言われていますが、早い人ですと3ヶ月ほどで変化のある方もいます。
採卵しようと思った時には是非、鍼灸もはじめてみてください。

採卵が終わりましたら、移植になります。
凍結の場合は3週間ほど病院へ行かなくなりますが、その間も移植に向けて身体作りをしていくのがいいです。
カッピングや、骨盤ストレッチ、妊活マッサージなどで体を整えて行きましょう!
 

凍結胚盤胞移植の移植日の鍼灸について

では、加藤レディースクリニック(klc)に通う方の移植日の鍼灸予約についてお話します。

まず、体外受精の移植の日は、8時から9時の間に病院へ行き血液検査をします。
その結果をみて、移植できると判断されたら、戻る時間を聞いて、2時間ほど外出する事が出来ます。
その外出時間に鍼灸にいらして、軽食して病院へ戻られる方が多いです。

体外受精の移植の日にちが決まったら、移植日の10時半に不妊鍼灸のご予約をとっていただき、朝の病院が終わりましたら、みやび鍼灸院へいらして下さい。

病院が早く終わって外出する時間が早まったり、混雑していて予約時間に間に合わない場合はお電話かLINEでご連絡下さい。変更可能な場合は時間を変更いたします。
また、みやび鍼灸院へいらしたら、病院へ戻る時間も教えて下さい。
 

移植日当日だけ受けるよりは・・・

不妊鍼灸は体外受精当日にするのが効果的と言われていますが、鍼の副作用や、「めいげん」といって、だるさ等、個人差があるため、当日に初診をとるのではなく、前もって一度いらしていただくのがよろしいかと思います。
前もって受けておく事により、ご本人の刺激量を把握し、移植当日に体調が悪くならないよう調節します。
また、妊娠・出産のためにカラダを整えておく事により流産しない、安産になりやすいなどメリットがあります。
当日のみよりは、前もって少しずつ、血流や自律神経を整えておく事をおススメします。

初診の場合は問診や鍼の説明などで、再診よりも時間がかかりますので、当日のみ鍼灸を受けられるよりも、あせらずに、はりきゅうをうけられるかと思います。
鍼灸治療のみでなく、骨盤矯正・トムソンベッドをするとなお、着床率が上がりますので、一緒にされるのをおすすめします。
トムソンベッドは所用10分程度です。骨盤を整えるだけでも希望されるという方も歓迎です!


刺さない鍼を希望される方もご相談ください。

体外受精の移植当日は時間がよめない事で心配な事もありますが、気軽にご相談ください。

当日のキャンセルはキャンセル料が2200円かかります
ご了承ください。

日曜日の移植の場合は前日か次の日にいらしてください。
*凍結胚盤胞の移植の針の通い方ですので、分割胚移植の場合はご相談ください。

移植後の鍼灸

移植の後も週一ペースで鍼灸にいらっしゃる方がいいです。
血流を良くすること、自律神経を整える事、気の流れを良くすることで流産予防になります。
つわりの予防や切迫流産の予防にもなりますので、病院と同じタイミングでも構いませんが、是非続けて通ってください。

また来れなくなってしまっても、妊娠したことや出産したことなど、ご連絡頂けると幸いです。

2022年03月15日 12:47

女性専門 みやび鍼灸院

WEB予約はこちら【24時間受け付け中】

【所在地】 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-11
美笠ビル501

【電話番号】 03-6887-2522

【営業時間】 月曜~金曜 10:00~19:00
土曜・祝日 10:00~16:00

【定休日】 日曜

アクセスはこちら