不妊鍼灸施術、産後のケア、更年期障害なら女性専門 みやび鍼灸院|東京都新宿区

【女性専門】【完全予約制】の鍼灸施術院です。当日予約もOK!新宿駅西口から徒歩8分と駅近で、お気軽に通っていただけます。

ホームみやび鍼灸院ブログ ≫ 東洋医学の五臓六腑 ≫

東洋医学の五臓六腑

五臓六腑

五臓は肝、心、脾、肺、腎、の5個。
六腑は胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦の6個。

ストレスを一番に受け止め、血液を貯えます。
肝は疏泄を主るといわれます。
疏泄は体の中の動きや流れの事で臓器をスムーズに動かしたり、血液の流れなど、ホルモン分泌、排卵、月経を起こすなど様々な動きが肝に依存しています。
ストレスにより生理が止まったり、緊張や怒りで震えたり、手足が冷えたりすること肝が傷つき疏泄作用が鈍くなっているのです。
外部からストレスを受けた事で肝の気を巡らせる動きが失調しているという事です。

肝が弱まるとイライラしたり短期になったり溜息ばかりで気持ちが憂鬱になりやすくなります。
妊活中は辛い検査や不安などでストレスを多く抱えます。そのため環状のコントロールが難しくなることもありますが、感情の乱れは肝の働きをより低下させてしまいます。
それによりもともと妊娠できる身体なのに乱れてしまい、妊娠が遠のいてしまします。

肝の疏泄作用が乱れることによって婦人科系疾患が起こりやすくなります。
チョコレート嚢胞や生理痛など婦人科系のトラブルで相談に来る女性の多くは肝や胆の項目にチェックがたくさん付く事がおおくみられます。

肝に付属する臓腑は胆です。
胆は決断を司る臓器です。
決断が出来ないと働きが低下する、なかなか物事が決められまい、緊張しすぎて眠れないなど胆を治療する事で緊張を緩和し妊娠に結びつく事もあります。
胆の経絡は脇を通るので、よく伸ばして流れを良くするなど家でも出来ることがありますよ。

腎は成長、発育、生殖に関連深い臓器です。
腎にエネルギー、元気があるかどうかが妊娠力に大きく影響してきます。
その為、卵胞を育てることやホルモンを出すこと、子宮内膜を厚くするなどに関係します。

腎に付属する臓器は膀胱です。
尿が出ずらい、トイレに行かない、逆にトイレが近い、浮腫む、などは腎の低下が関係します。

脾(胃)

脾、胃は消化はもちろん、臓器を持ち上げる力、栄養を吸収する力があり、赤ちゃんが下へ落ちてしまわないように支える力があります。
脾の働きが衰えると内臓下垂、下痢、不正出血、流産に関連します。
胃腸が弱いと妊娠に必要なエネルギーを貯蔵している腎の働きを低下させストレスを受けると肝から胃腸へ影響はおよびます。

メンヘラで食べ物が喉を通らない、喉が詰まる様な感じがする、吐き気がするなどの胃腸症状をたどってみるとストレスが関わっていることが多くあります。

肺(大腸)

呼吸を通じて気の流れを整え、水分代謝を行っています。
肺が弱いと、腎に影響が及びますので、呼吸器の弱い方は要注意です。
肺は秋に傷つきやすいです。アレルギーも肺の弱い人の特徴です。
腸が免疫機能に関係しているのは西洋医学でも最近分かってきましたね。

心(小腸)

心は血脈を主り、神志を主ります。
心臓の動きや血液の循環だけでなく、精神面も管理しています。
心は腎と助け合うことでバランスをとっていますので、心が傷つくと不眠になりやすくなったり、精神不安やパニック症状を起こしたりすることがあります。

妊活と五臓六腑

五臓はお互いに相互関係にあり、助け合いながら体のバランスを保っています。どこかが欠けていても、どこかが強くてもスムーズに動かないものです。

妊娠中、およそ9ヶ月の期間を赤ちゃんはお母さんの体の中で育ちます。
その為、母体から赤ちゃんは多くのエネルギーをもらっって成長していきます。
体が弱く、ご飯を食べられない、体が疲れやすい、毎日の生活だけでしんどい、仕事が忙しくて疲れが取れない、なかなか眠れない、良い睡眠が取れない、排卵のたびに体が辛い、生理がきたら悲しくなって泣いてしまう、生理痛がひどいなどの症状は体のバランスが整っていないし、エネルギー不足なので妊娠する体の準備が整っていない状態と捉えます。

妊娠中も流産などの心配なく、出産もスムーズにでき、なおかつ育児でも元気に過ごせるような体を東洋医学で作ることを目指していきましょう!

2021年09月24日 13:10

女性専門 みやび鍼灸院

WEB予約はこちら【24時間受け付け中】

【所在地】 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-11
美笠ビル501

【電話番号】 03-6887-2522

【営業時間】 月曜~金曜 10:00~19:00
土曜・祝日 10:00~16:00

【定休日】 日曜

アクセスはこちら